« 満月ヨーガ 7月 終了しました! | トップページ | 種は神さまから »

2014年7月13日 (日)

種を植える

_0011379




















たとえ、明日世界が終わりになるとしても、私は今日、リンゴの木を植える

こう言っていたのは、地球交響曲第三番に出てくる、ビルさんだったかな。


ご存知の方も多いだろうが、いまホームセンターなどで売られている種や苗のほとんどはF1と呼ばれるもので、不妊性の種。

今年だけしか植物が育たないように、種の遺伝子に人為的操作がなされ、種が出来ても、翌年は芽がでないように仕組まれている。

一体なんのために?

アメリカの種苗大手がもっと種を売って儲けるためだ。

ただその目の前の金銭欲のために、神さまの領域まで踏み込んで、おかげで生態系のあり方まで変わってきている。

不妊性の植物の受粉を受け持つミツバチたちも、影響を受け、次世代が生まれず、どんどん数が減る。

こんな野菜や果物を食べて、人間にも影響がないはずがない。

自然の法則に反したことをすると、絶対にしっぺ返しが来るのだ。

昨日、自然農の岡本よりたかさんが言っていた。

それでも。

きちんと事実を知り、種を選び、とにかく植え続けようと。

私も、種を植えていこう。

もともと土にいた、微生物たちが元気に増える環境を作ろう。

皆さんも、種を植えてみてください。

|

« 満月ヨーガ 7月 終了しました! | トップページ | 種は神さまから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満月ヨーガ 7月 終了しました! | トップページ | 種は神さまから »