« 県境の森 | トップページ | 明日の朝ヨーガ やります! »

2014年5月 9日 (金)

おおきな力と向き合うために

Photo



















初めてお会いする方と向き合うとき、姿かたちではなく、その方の呼吸を見守る、という癖が身についた。

呼吸が浅く、はやい人は、心も忙しそう。

一方、ゆっくりと深い呼吸の人は、とても穏やかな感じがする。

ハタヨーガでは、心を制御するなら、呼吸を制御せよ(猛獣を飼いならすように)、と言われている。

私も、岩や波と対峙するとき、恐怖感があるとたしかに、呼吸ははやく、浅かった。

呼吸をコントロール出来れば、心をコントロール出来る。
アーサナは単に、このコントロールのための準備でしかないということだ。

『目指すところが、はっきりしたのなら、そちらに向かわなくては。

アーサナにばかり固執して、途中下車ばかりしていては、ヨーガが照らす道をたどって行けませんね』と、今回ロナワラで訪れたロナワラヨーガ研究所のマンマット.ガロテ先生が。

さあ、また自然のなかで、おおきな力と向き合うために、プラーナーヤーマを。

|

« 県境の森 | トップページ | 明日の朝ヨーガ やります! »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県境の森 | トップページ | 明日の朝ヨーガ やります! »