« 新月のヨーガ@大阪港のおしらせ | トップページ | 久高島 ② 島に渡る »

2013年6月 1日 (土)

久高島 ①せーふぁーうたき

_0011305

_0011307

_0011310














































インドから相方先生がおいでになり、沖縄久高島でヨーガ合宿が開催されるので、沖縄へ。

到着した日はこの地方の梅雨時期独特のスコールのような大雨。

翌日はいろいろなホテルに分散していた参加者の方々を集めて、久高島への船が出る安座真港にむかう。

船乗り場でチケットを買おうとすると、なんと乗船予定だった10時の便が、船がドッグ入りして検査中のため欠航。

「近くにある、せーふぁーうたきにお参りにいかれてはいかがですか」との張り紙があるだけ。

そこで、11時半の次の船までの間に、歩いて20分ほどのせーふぁーうたきに皆さんと行くことにする。

せーふぁーうたきは琉球王国開闢神話にもあらわれる最高の聖地とされているところで、聖地の森に一歩はいると、南の島の濃密な原生林の気配。

ちょうど月桃の花が咲き乱れ、手つかずの森は息が詰まるほど空気が濃い。

拝所までの道をゆっくりと歩く。

湧水が豊かな森をつくり、生き物の気配がとても豊かである。

森全体がざわざわと生きているのが感じられる。人間ではないなにものかに見られている感じがちくちくと肌をさすようだ。

こんなところに一人でいたら、森に取り込まれてしまいそうである。

拝所は遠く久高島を望む、おおきな石灰岩の重なった独特の場である。

この特別な場所を訪れて、ざわついていた心は静かになってきた。

神の島である久高島を訪れるにあたって、まずはこのせーふぁーうたきで身を清めてからいらっしゃいと、久高島の神さまが導いて、船を次の便にされたのかもしれないと今は思う。

_0011313

_0011317

_0011321

_0011322

|

« 新月のヨーガ@大阪港のおしらせ | トップページ | 久高島 ② 島に渡る »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新月のヨーガ@大阪港のおしらせ | トップページ | 久高島 ② 島に渡る »