« 残雪の山へ ④豪雪 | トップページ | 看護の日のイベント »

2013年5月 9日 (木)

残雪の山へ ⑤透明

_0010923

_0010941

_0010945

_0010967

_0010970















































真っ青な空も好きだけど、雲が流れているときは、空に表情があって吸い寄せられるな。

この空や雪や木々をわたる風のなかにいると、自分が透明になっていく。

自分のみている風景と同化していって、なんだか境目がゆらゆらになる。

今回、不思議なことに、ブナの森を歩いているときに、じっと見られている感覚があった。

誰か人間にではなくて、それは森のブナの木々に。

感情は感じないんだけれど、その気配のようなものが通り抜けるのである。

わたしが山や森や海に向かうのは、そこにいけば透明になっていくことを実感できるから。

そこにいけば、立ち返ることができることが感覚としてわかっているから。


だから、山の懐に帰りたくなるのだろう。

|

« 残雪の山へ ④豪雪 | トップページ | 看護の日のイベント »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残雪の山へ ④豪雪 | トップページ | 看護の日のイベント »