« 北甲子園口市民館ヨーガクラス 2013年 1月開催日 | トップページ | 登り納め »

2012年12月28日 (金)

末法時代

Yadorigi















お釈迦さまの入滅後、教えが正しく生きている正法の時代、その後、形だけが残る像法の時代を超え、仏教のおしえが衰え、道徳の乱れた末法の時代がやってきた。

みなさんはこのニュースをご存じだろうか。

樹齢数百年を超す神社のご神木に、なにものかが次々ドリルで穴をあけ、除草剤を注入し、ご神木が枯れてゆく事件が相次いで起こっているのだ。

いったい誰がこんなことをするのか。

何百年ものあいだ、人々が祈ってきた守り神の木に。

台風で倒れたりしない限り、切り倒されることのないご神木は、希少価値があり、非常に高値で取引されるそうである。

「枯れた木はあぶないから」と、買い取る業者がいるそうだ。

そんな目先だけのことにとらわれて、ご神木を枯れさせるなんてなんと悲しくも恐ろしいことを。

そのものは因果の法則を理解していないのだろう。

一体どんな流れとなって、そのものに悪しき因果の結果がやってくるかもわからずに。

まさに、末法、世も末である。

|

« 北甲子園口市民館ヨーガクラス 2013年 1月開催日 | トップページ | 登り納め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北甲子園口市民館ヨーガクラス 2013年 1月開催日 | トップページ | 登り納め »