« 満月ヨーガ 無事終了しました | トップページ | おかえり »

2012年8月 4日 (土)

イーシュヴァラ プラニダーナ

Photo















ヨーガの根本経典ヨーガスートラ2章の心のつかいかたについて。

この6月の養生園で相方先生からわかりやすく解説していただいた。

いわゆる6部門の浄化のクリヤではなく、クレーシャ(無知無明・自我意識・執着・嫌悪・生存欲などの煩悩)を沈静化させ、弱めていくためのクリヤヨーガである。

①タパ … 苦行。 身体や心の閾値を広げる。

②スヴァディヤーヤ … 自らを学び、自分を客観的にながめる。

③イーシュヴァラ プラニダーナ … 自然の法則とともにあること。おおいなる力を感じながら生き、敬意をもつこと。

さて、わたしはタパについてはまあぼつぼつ実践中ではあるが、心の領域はまだまだという感じである。

そして、どんどん前に進んでいくので、自らを客観的にはあまりながめていない(ながめていこうとは思う)。

だけど、イーシュヴァラ プラニダーナはいつも 今までもずっと胸にあったことだからよく理解できる。

山や海や深い渓谷に身をおくとき、いつもおおいなる力を感じ、畏敬の念をいだいてきたから。 

雪山でいつでも私たちのような小さな生き物が、はかなくなるような厳しい環境に身をおくとき、おおいなるものの力を感じ、いま生かされているということを思うのだ。

おおいなる力を感じながら、きょうも生きる。

Photo_2

|

« 満月ヨーガ 無事終了しました | トップページ | おかえり »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満月ヨーガ 無事終了しました | トップページ | おかえり »