« 眼にうつるもの | トップページ | 水が豊かな国 »

2012年8月 9日 (木)

伝統的ヨーガを学ぶ勉強会 開催します

Photo















カイヴァリヤダーマ研究所付属大学のディプロマコースを卒業された田中智さんを東京からお招きして、下記の通り勉強会を開催します。

日程 

9月8日土曜日(午前・午後)  ・  9月9日日曜日午前

参加費

9月8日土曜日終日参加 5000円(午前・午後どちらかは3000円)

9月9日日曜日午前参加 3000円   

 
開催場所  

9月8日 北甲子園口市民館 会議室 西宮市松並町5-12
(JR甲子園口北出口から北へ徒歩5分くらい、松並公園の中)
 
9月9日  西宮市高木公民館 和室 西宮市高木東町15-10
(JR甲子園口、阪急西宮北口どちらも徒歩10分くらい、消防署とやまやさんという酒屋さんの間)
定員 
20名
ご希望の方やご質問のある方はこちらまでお問い合わせください。
内容は以下の田中智さんの解説をご覧ください。

「“伝統的ヨーガ”を学ぶ勉強会」

日々、ヨーガの実践を通して
その恩恵を実感する私たちですが、
その根拠や理由を、筋道を立てて理解するのは
なかなか難しいですよね。

そのとき、ヨーガの原点である古典や
ヨーガの歴史的背景にそって学ぶことは
より深く、ヨーガの本意を理解できるヒントを与えてくれます。

「原点にもとづくヨーガは、どういうものなのか?」
「それを実践していくと、何が変わるのか?」

ヨーガの豊かさを、一緒に学び、実感していきましょう。

==============

<1日目>
10:00~12:00 (2時間)
「古典にもとづくアーサナとプラーナヤーマの
運動メカニズムと原理」
ヨーガの歴史と、古典のポイントを理解しながら、
アーサナとプラーナヤーマの目的や特徴、効果などを
現代の解剖生理学でどう説明できるかを確認しましょう。
原点に即して理解すると、運動とヨーガの違いも歴然(!)

13:00~14:00 (1時間)
「古典に則した動きと、そうでないものの違い」
お昼後、ちょっと眠くなりそうな時間は、
実技の例示を出して、具体的に確認しましょう。
原点となる古典を体験的に理解すると、
ヨーガの実践はどう変化するのか?・・・微細な変化に注目です。

14:15~15:45 (1時間半)
「『ヨーガ・スートラ』の心の扱い方~問題と解決~」
もともと、ヨーガは「心理をどう扱うか」という原点から
体を使うヨーガへと発展した経緯があります。
インドの伝統的な考え方を知れば、
現代に生きる私たちに通じる“智恵”のヒントも見えてくる!

16:00~17:00 (1時間)
「伝統的ヨーガのプラクティス【実技】」
1日目の最後は、実技でしめくくりましょう。
限られた時間ですので、とくに理解不足と思われる
技法を中心に実践、確認していきます。
(リクエストがあれば、事前に受けつけます)


<2日目>
10:00~12:0 (2時間)
「なぜ体を扱うヨーガが、心理的な効果と関係するのか」
・・・ヨーガを実践していると、だれもが一度は感じるギモン。
とはいえ伝統思想をひも解き、それに即したヨーガを理解すれば
心と体をつなぐ原理も、自ずと見えてくる。
ふだんの体験をふり返りながら、一緒に考えていきましょう。


================
<プロフィール>
名前 田中 智(たなか さとし)
2010年 カイヴァリヤダーマ研究所付属大学
ディプロマコース(専門資格コース)卒業
     
1973年生まれ。
20歳のインド旅を機に、瞑想・呼吸法に興味を持ち、独学でスタート。
大学卒業後、出版社勤務をへて、フリーライター(主に教育系)
30歳を過ぎ、本格的にヨーガを実践、指導も行う。

「身体に働きかけるヨーガが、
なぜ精神にも深く影響を与えるのか?」に興味を持ち、
理論的な理解を深めようと、伝統文献に基づく学習をスタート。
瞑想は、タイ・インドで仏教の「ヴィパッサナー瞑想」を重ね、在も実践中。

|

« 眼にうつるもの | トップページ | 水が豊かな国 »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眼にうつるもの | トップページ | 水が豊かな国 »