« 沢登り 六甲③ 夏の一日 | トップページ | 生き物としての寿命 »

2012年8月23日 (木)

あいていますね

Photo電車のなかなどで、いつも「あいてますねー」と心でつぶやいている。

なにがあいているかというと、みなさんの口。

若い人は特に、姿勢が悪く猫背だからか、ポカンと口をひらき口呼吸をしている。

背中が丸く、あごがでて、自然と口がひらいてしまうようだ。

鼻はすばらしい浄化システムで、ほこりなどは鼻毛で排除し、冷たい空気はあたため、乾燥した空気はしめらせて喉にとどけてくれるのである。

口呼吸は喉を乾燥させ、うるおいの膜で守られない喉は雑菌をとりこみやすくなる。

姿勢が悪く背中がまるくなると流れが悪くなって鼻が詰まり、口呼吸が増え、病気をひきこみやすくなるのだ。

みなさんも、お口がひらいていませんか?

|

« 沢登り 六甲③ 夏の一日 | トップページ | 生き物としての寿命 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

過去の生徒(高校生)がいつも口をポカンと開けてマヌケ面だったので、「口を閉じなさい。マヌケ面で人生損をするよ」とアドバイスしたところ、「口を閉じたら息がでいない」と言われて驚きました。「息は鼻でできるでしょ」「そんなん無理~」と言われてしまいまいました。今時の若い人はお口でしか呼吸ができないのかもしれません。

投稿: グゥちゃんの友達 | 2012年8月23日 (木) 22時00分

いつもグウがお世話になっております。

そうですよね、口は、ごはんも食べなきゃいけないしおしゃべりしなくちゃいけないし、その上呼吸までしていたら大忙しです。

呼吸の改善が身体の改善の大きなキイになるのは間違いないでしょうね。

投稿: MARI | 2012年8月24日 (金) 06時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沢登り 六甲③ 夏の一日 | トップページ | 生き物としての寿命 »