« 春の山へ ⑤滑る | トップページ | シーカヤック 和歌山 湯浅 »

2012年5月 8日 (火)

春の山へ ⑥春のいろ

P5050387

















刻々と春色に染まってゆく、この美しい山を胸にきざんで帰ろう。

私は、スタンプラリーのように○名山を次々と登っていくことにはまったく興味がない。

琴線にふれる山々が日々刻々とかわっていくさまに触れるのが好きなのだ。

朝と晩でも、芽吹きの色が違う。

春の山菜をもりだくさんに用意して、あたたかく迎えてくれたピノキオの園長さんチズコさん、この大好きな山々に導いてくれたビヤさん、そして、犬ごと仲良く遊んでくれた仲間たちに心からの感謝を。

またぜひあの山のふところへご一緒しましょう。

P5050397

P5050398

P5050399

P5050400

|

« 春の山へ ⑤滑る | トップページ | シーカヤック 和歌山 湯浅 »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の山へ ⑥春のいろ:

« 春の山へ ⑤滑る | トップページ | シーカヤック 和歌山 湯浅 »