« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

大阪府立体育館クラスのみなさんへのおしらせ

Nec_3204 大阪府立体育館では大相撲春場所の開催に伴い、正面玄関からの出入りが当分出来なくなります。

春場所終了までは、東玄関か南玄関をお使いください。

昨年は春場所が開催されず寂しい気持ちになりましたが、今年はまた大阪にお相撲がかえってきてくれて、なんば界隈でもたくさんのかっこいい力士の姿が見れて嬉しいです。

大相撲は完売していなければ当日券もあるし、3000円くらいから見られます。

生で見るお相撲はやはりとても臨場感があり、素晴らしいです。 チャンスがある方はぜひ。

Oozumo74l

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

伝統的ヨーガ理論勉強会やります

Nec_0028 写真のサドゥは関係ありません。

インドのカイヴァリヤダーマで研究されている伝統的ヨーガの理論の勉強会第二回を開催します。

これは私がタイで相方先生から教わった内容のエッセンスをまとめて、できるだけシンプルにお伝えしていくものです。

前回はヨーガの歴史的背景を中心にクリヤの技法の簡単な説明を行いました。

次回は根本教典ヨーガスートラとアシュタンガ(8則)について、そしてアーサナの定義などについて行う予定です。

日時 3月10日土曜日13時から約二時間

場所 西宮市瓦木公民館 2階和室

定員 12名(定員になり次第しめきり)

参加費 ダーナ方式(寄付方式・・・相方先生の「知識に値段をつけてはいけない」という考えを継承し、ご本人の満足度にあわせて入口のツボにダーナをお入れください。

これは、お部屋の使用代金をのぞき、6月に相方先生にお会いするときにお渡しします。

参加希望者はこちらまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

北甲子園口市民館ヨーガクラス 3月開催日

Nec_3123

北甲子園口市民館の2012年3月のクラス開催日程は下記の通りです。

開催日 2012年3月1日・15日・29日 木曜日 10時から11時

時間の10分前にまでにお部屋にお入りください。

参加費 お部屋代金の募金500円

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル

お問い合わせはこちらまで。

自律神経を調整を目的とした、呼吸が中心のおだやかなクラスです。 年代層は20代から80代まで。どなたでもご参加いただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

夙川ヨーガクラス 3月開催日

Img_5439

夙川ヨーガクラス2012年3月開催日は下記の通りです。

場所 香枦園市民館分館 阪神香枦園、JRさくら夙川から徒歩10分くらい

日時 3月7日 水曜日 10時から11時    

参加費 1回1000円(体験は500円)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル

指導 塚本真理

子供は何人お連れいただいてもけっこうですが、自己責任でケアしてください。
もちろん大人の方だけの参加も可能です。

体験してみたいお友達がいればお連れいただいて結構です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

北堀江ヨーガクラス 3月開催日

P2110162

2012年3月のクラスの開催日は下記の通りです。

日時 3月6日・13日・27日(火曜日)10時から11時半

場所 北堀江スタジオJUNX(こいずみ整骨院の隣のビルの3階)

参加費 1500円 (体験は1000円です)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル

お子さんは何人お連れいただいても結構ですが、それぞれ自己責任で他の方に迷惑をかけないようにケアしてください。
おもちゃは音の出ないものをお持ちください。

空調はありますが、床が冷たいので、マット以外にもあたたかい布をお持ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

テレマークツアー 黒姫 ②

P2130224

P2130219 斜面をのぼりつめると、平らなブナ林に出る。

ここでカップ麺とおにぎりの楽しみなお昼ご飯。

その後、広大なブナ林の木々をくぐりぬけてトゥリーランで眼下の湖を目指す。

スキーのスピードに犬も負けずについてきて、楽しそう。(その後車で二匹とも爆睡)

バックカントリーが久しぶりのヤヨイ顧問もヨシコちゃんもよく頑張りました。

また一緒に滑る日を楽しみにしています。

P2130231

P2130234

P2130235

P2130221

P2130222

P2130225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

テレマークツアー 黒姫

P2130211

P2130209 前回の雪ツアーの続き。

最終日はピノキオ園長さんの誘導のもと、アメリカから参加のヤヨイ顧問と麦星夫妻と私たち、ラブラドールと柴犬で黒姫山にテレマークツアーに。

凍った古池、種池を渡りゆっくりと黒姫を目指す。

ほどよく雪がしまり、テレマークでも歩きやすい。

池の上からは、戸隠連峰や高妻、そして美しく黒姫山が見渡せる。

この土地は神々に守られているのだなあと感じる瞬間。

P2130212

P2130218

P2130213

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

破壊活動

Nec_3191 フリースです。

Nec_3171 リビングの電気スィッチです。

うちのシヴァ神(破壊神)は今日も人が一番嫌がることをします。

Nec_3172

Nec_2993

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

山での携帯電波について

Nec_3190 昨日の氷滝トレッキングの際、ほぼ同じ時刻に七曲滝で滑落事故があった。

わたしたちが百閒滝から下山するとき、ずっとヘリがホバリングしながら遭難者を捜していた。

仲間のなかで、搬出を手伝えそうなものが現場に向かい、その後続々と有馬側からも救急のレスキュー隊員の方々が登ってきた。

七曲滝では前日も滑落があったそうである。

六甲山にはいくつか「119ばん つうほうプレート」という看板があり、この記号(例えば「き 9-6」)を目印にレスキューが出動することになる。

「今、き 9-6にいます」というように、GPSできちんと座標を言えない人は通報するのである。

ただ。

この看板の場所で、わたしのNTT docomoは電波が全く圏外で通じなかった。

かろうじてauが電波がある。

これでは非常時に通報できず電波を求めて、歩き回らなければならない。

NTTにお願いです。このプレートがある箇所だけでも電波が受信できるようにしてください。

これは個人的にNTTに提案もしますが、みなさんもぜひ声をあげてもらえませんか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

氷滝

Nec_3181 犬連れで六甲山の氷滝を見にいく。

12本爪のアイゼンしか持っていないので、冬用登山靴にアイゼンなし、ストックでアプローチ。

何箇所か道も凍っている場所があったけど、有馬側からのアプローチならアイゼンなしでも乗り切れる。

Nec_3186

Nec_3184  手前にある白石滝は凍っておらず、白竜滝は竜の背骨のようにぎざぎざに氷がついていて、美しい。

七曲滝はきれいな氷瀑になっていた。

私は初めて訪れたけれど、平日なのに結構たくさんの人に出会う。

みなさん、街に近い六甲山で滝が凍るのを楽しみにされているようである。

七曲滝へのアプローチで、トラヴァースルート(有馬からの登山道から見て右)と山側への巻き道ルート(左)があるが、トラヴァースは完全に凍っているのでかなり危ない。

これは冬季は通行止めにしてもいいのではないかと思う。

その後、百閒滝にも足を伸ばす。

巻き道を使わずにゴルジュ直登で抜けたが、岩の上が凍っているし、浅いとはいえ横は淵なので、このルートはクライミングの経験が全くない方には辛そうである。

百閒滝は夏に沢登りで訪れたが、雪や滝の氷のせいか光が反射して明るく、美しかった。

Nec_3182

Nec_3187

Nec_3189

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

部活 テーマ別

Nec_3178 だんだんみんなの動きもよくなってきたので、本日はムーブのテーマ別。

カウンターバランスと、スタンスの踏みかえの使い分けの練習。

壁に向かうとすぐに登りだしたくなるのですが、みなさんきちんと筋肉を伸ばしてストレッチし、ウォームアップとクールダウンは必ずするようにしましょう。

ボルダリングのようなハードで体に悪い遊びを長く続けるためには、登る時間と同じ時間だけコンディショニングに時間を取らなければなりません。

指の腱を酷使した日は、登り終わったらすぐにアイシングもしましょう。翌日の痛みが全然違います。

自分で自分のコンディショニングをしながら、ハッピーボルダリングを。

Nec_3176

Nec_3180

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

ブレイク

P2130215

P2130214 さて、雪記事いったんブレイク。

先日純粋な質問を受ける。

「雪遊びの記事がとても多いですが、マリ先生は仕事しているのですか?」

そうですね、仕事もしています(たまに)。

私は雪山では歩くのが遅いし、朝一番でリフトを並んで、目の前に新雪のパウダーが広がっていても、ゆっくり写真を撮っている。

友人たちは「なんのために寒いなか一番に並んだんだ」と、笑うけれど。

でも、私は写真をとっているというより、レンズを通して遠くの空をみているのだ。

これが私の浄化の時間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

豪雪スノウシューツアー ⑥

P2120191 ゲレンデしか滑らない親父チームも頑張って登る。

雪はどんどん降り続いており、こけると沈んでいって起き上がれない。

犬も水かきを全開でひらいている。

楽しみのカップ麺を食べたら、一気にくだり。

P2120192

P2120195

P2120196

P2120200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

豪雪スノウシューツアー ⑤

P2110181

P2120183

P2120185 ピノキオ宿泊のかっこいい親父チームをお誘いし、びやさんの誘導のもと豪雪の斑尾高原へ。

麦星夫妻とも合流して出発するも、あまりの豪雪にテレマーク組が苦戦。

みんなでラッセルをかわりつつ進む。

テラちゃんのEMERGENCYと書かれた古いタイプのキスリングのようなザックがカッコイイ。

P2120186

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

豪雪スノウシューツアー ④

P2110167_2

P2110166_2 懺悔すべき事件でした・・・が、久しぶりにお腹がちぎれるほど笑いました。

凍って雪が降り積もった池のまわりを歩いていると、ぼこぼこと楽しげな雪まんじゅうがあるので、そこから飛び降りるというのが楽しく、私とカオリ姫の間で流行。

かなりふわふわで楽しげな雪まんじゅうを発見したので、遠巻きに見ていたチカちゃんに「いいのがあるよ! チカちゃん、ここから飛び降りて!」と叫ぶ。

チカちゃんが思い切って、それっと飛び降りたら・・・池でした。

手足を上にあげて、しりもちをついたチカちゃんがじわじわと沈んでいき、あまりにも漫画みたいなので、手をだしてレスキューするも、笑いがとまらず。

カオリ姫 「ま、まりちゃん、悪う! 前の日に来て落とし穴掘って準備してたでしょう」

チカちゃん、ちがいます。

本当に雪まんじゅうだと思っていました。 ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

豪雪スノウシューツアー ③

P2110165

雪のあたらないところでブレイク。

びやさんがホットワインを用意してくれていたので、みんな冷えた身体をあたためる。

女王さまにはべる犬。

P2110171

P2110172

P2110177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

豪雪スノウシューツアー ②

P2110162

P2110158

P2110159 高くそびえる木々が風にゆれて雪をおとし、ざわざわと森がしゃぺっているよう。

スノウシュー初めてチームもすぐにとりまわしに慣れて、さくさくと歩く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

豪雪スノウシューツアー ①

P2110152

P2110154 仕事のあと、まだお月さまの出ている時間に出発、ロングドライブで雪の国へ。

東京組、海外組と合流して飯綱高原の森へ。

P2110157

P2110156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

「道」と名のつくもの

Nec_3126 先日ニュースで、柔道が中学の体育の必須科目に取り入れられることになったと報道されていた。

柔道の心得のない先生方はあわてて研修を受け、ケガのない指導をするために大変そうである。

さて、柔道や剣道といった「道」と名のつくもの、一朝一夕に指導していけるものだろうか。

身体の動きは運動能力の高い体育の先生方ならすぐに身につくだろうが、はたして心のあり方は。

ケガをさせないための指導方法を学ぶ研修の前に、その道を知り、修める必要はないのか?

世阿弥の「花伝書(風姿花伝)」。

そのなかで年来稽古の一節がある。 少年期から始まって老年にいたるまでの年齢の変化に応じた稽古の心構えを書いたものだ。

稽古の目的は「花」を得ることである。

演技の本質、芸が目指す理念を象徴した言葉である。

少年の芸がもつ「時分の花」。(少年特優の愛らしい美)

青年の芸がもつ「当座の花」。(一芸を会得した青年の凛とした美)

壮年以降の「誠の花」。(肉体の衰えにかかわらず散ることのない花)

芸というものは頭で観念的に理解しただけでは会得できるものではなく、身体で覚えこんでゆくもの、長年にわたるきびしい稽古の積み重ねによって体得されていくものといえる。

(身体論 湯浅泰雄氏著より抜粋)

ヨーガにももちろん言えることだが、東洋的な心身論として、筋肉のみが鍛えられて技術があがっていくことは果たしてその道を修めていることになるのだろうか。

インドに端を発する「道」や芸事など、心身ともの修行こそがその道を歩むことを意味しているのでは。

中学の柔道の授業がうすっぺらにならず、誠の花につながることを祈る。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

仏教とのつながり

41yyao7fll__sl500_aa300_

51ciwj2zdl__bo2204203200_pisitbst_2

41bu8tydil__bo2204203200_pisitbstic

仏教、そして仏教とヨーガのつながりを学ぶためになにかおすすめの本はないですかとのご質問から。

仏教のわかりやすい概論は、岩波ジュニア文庫の「仏教入門」がおすすめです。

日本へヨーガが入ってきた経路を考察するには「空海とヨガ密教」、それから仏教のなかでも密教とヨーガがどのような関連にあるのかを知るには「密教ヨーガ」を参考にされるといいかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

ヨーガ理論勉強会

Nec_3171

Nec_3172 穂高につづき、昨年タイで相方先生から学んだ伝統的ヨーガの理論と技術を復習しながら、みなさんにもお伝えしていく勉強会を試験的に実施しました。

「ヨーガの歴史的背景」をおおまかに私のノートの要点をまとめ、みなさんにお伝えしてみました。

最後にK先生に見本をやってもらって、ジャラネティのあと、数人がスートラネティのクリア技法にも挑戦。(美女お二人のお写真をつかいます、お許しください)

鼻からゴムチューブをいれ、咽喉からつまみ出し、アデノイドをマッサージして口から引き出す。

粘膜の反射反応の適正化にも、鼻腔のクリーニングにも非常に有効である。

伝統的ヨーガの理論と技術の勉強会はこれからも続けていきます。

相方先生がそうなさっているように、知識をお伝えするのに値段をきめてはいけないという考えを尊重して参加費はダーナ(寄付)制度にしています。

今回みなさんからいただいたダーナは、お部屋のレンタル代金をのぞき、全て相方先生に6月にお会いするときにダーナとしてお渡しします。

今年も6月に相方先生のワークショップが穂高の養生園で開催されます。

私は③と④に参加を予定しています。 ご興味がおありの方はぜひ。

日程が近づくとすぐに参加人数がいっぱいで締め切りになるので、早めの予約をおすすめします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

中級向け

Nec_3168 レベルに応じて今日は中級向け部活。

カチ、スローパー、タンデュ、ポケット、ギャストンなど、ホールドの形状を使い分けながらのボルダリング。

連続して登っていると、だんだん動きもこなれてきて進歩が感じられて面白いね。

Nec_3167

Nec_3169

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

耐久時間

Nec_2784 子犬にとっての、一人でお留守番のストレス耐久時間は約6時間が限度と言われているようだ。

かわいそうだけど、週になんどかはどうしても仕事上8時間くらいのお留守番になる。

そうなると・・・今まで大丈夫だったものもかなり破壊がすすむ。

ホットカーペット、ついに銅線むき出しになって使用不能に。

電源は抜いているからいいんだけど、この寒い時期に・・・。

Nec_3165

Nec_3166

Nec_3164

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

肝機能活性化には

Nec_3163 飲み会の多い年末年始に始めた「ウコン(ターメリック)パウダー療法」。

まあ療法といっても、朝お白湯に小さじ一杯のウコン粉末をぐるぐるとかき混ぜて飲むだけなんだけど。

ドリンク剤のウコンを飲んで、あっそういえばうちにもインドで大量購入したターメリックがあったなあと思い出し、シンプルにそのまま飲んでいるだけ。

でも、これが自分でもはっきりわかるほど効果があって、お酒を飲んでも二日酔いしないというか翌日残らない。

20代はどんなに飲んでも二日酔いにはほとんどならなかったんだけど、最近は翌日の残り具合から、弱くなったなあと思っていたのだ。

でも、ウコンは効くなあという実感がある。

もちろん美味しくはないんだけど、お酒を飲む機会が多い方はぜひ混ぜもののないターメリックパウダーをかばんにしのばせることをお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

犬の幸せ

Nec_3159 ラブラドールは水も雪も大好きだし、外遊びが日常の我が家にはぴったりの犬種ではある。(もう少し落ち着いてくれれば)

雪のなかでのあまりのはしゃぎ様に、「こういうところで暮らすのが犬にとっては幸せなんだろうなあ」としみじみ思う。

リードをつけずに、自分で考えさせる。

そうすると、危ないところもいったん偵察して報告するように帰ってくる。

前回は薄氷にのって、ずぶずぶと沈んでいったんだけど、それも経験の閾値を増やすことになって良い。

人間ももちろんいろいろな経験が多いほうが、閾値がひろくて楽しいし、ふんばりがきくものだ。

高価な首輪(ブランドものの目玉が飛び出そうな値段の首輪をつけたお犬さまがたくさんいる・・・犬、まったく気付かず。飼い主様の満足感のみ)をつけて、せまい室内で飼われ、人間の散髪より高価なトリミングをまめにやってもらっているお犬さまと、どろどろになって外を走りまわっている犬、どっちが幸せなんだろう。

でも、飼い主さんがたくさん話しかけて愛情を与えてあげている限り、犬にとってはどちらも幸せなのだ。

私がしつけ教室でお世話になっているペッツ・フォー・ライフ・ジャパンでは飼う人のいなくなった犬や猫の飼い主さんを捜しています。

もしご興味のある方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »