« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

夙川ヨーガクラス 11月開催日

Nec_0104

しばらく夏休みをいただいていた夙川ヨーガクラス復活します。開催日は下記の通りです。

場所 香枦園市民館分館 阪神香枦園、JRさくら夙川から徒歩10分くらい

日時 11月2日・16日水曜日 10時から11時    

参加費 1回1000円(体験は500円)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル

指導 塚本真理

子供は何人お連れいただいてもけっこうですが、自己責任でケアしてください。
もちろん大人の方だけの参加も可能です。

体験してみたいお友達がいればお連れいただいて結構です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

北堀江ヨーガクラス 11月開催日

Nec_0031

11月のクラスの開催日は下記の通りです。

日時 11月1日・8日・15日・22日(火曜日)10時から11時半

場所 北堀江スタジオJUNX(こいずみ整骨院の隣のビルの3階)

参加費 1500円 (体験は1000円です)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル

お子さんは何人お連れいただいても結構ですが、それぞれ自己責任で他の方に迷惑をかけないようにケアしてください。
おもちゃは音の出ないものをお持ちください。

お問い合わせはこちらまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

戸隠きのこリトリート  番外編 焙煎

Pa231936 手作りの珈琲豆焙煎機です。

ピノキオの昔からの常連で、若いのになんでも手作りしてしまうリョウヤくんが作ってくれたもの。

ピノキオで出していただいた珈琲が感動する美味しさだったので、どこの豆ですかと尋ねたところ、このリョウヤくんが作ってくれた一号機で焙煎して出してくれているとのこと。

焙煎して挽きたての珈琲というのは、もう別の飲み物のように素晴らしいおいしさなのである。

いつか私にも焙煎機を作ってくださいとリョウヤくんにお願いしていたところ・・・なんと一週間くらいで仕上げてピノキオに届けていてくれたのだ。

シンプルでとてもよくできていて、「取手側 反時計回し」と丁寧にわかりやすく描いてくれてある。

Pa231942

Pa231948 チズコ先生に教わりながら、二号機で初焙煎。

まずネットにいれて豆を洗う。

丁寧にふきんで水気をとってから、マシーンに投入。

Pa231951 お庭のテーブルでカセットコンロにマシーンをセット。

Pa231954

Pa231957 指導を受けながら、みんなで焙煎。

豆のはぜる音や煙を注意深く見守る。

リョウヤ先生によると、豆がはぜだしてからどれくらいでとめるかで浅煎り、中煎り、深煎りと変わってくるので、タイミングが大切とのこと。

Pa231968

途中で豆の様子をみる。

深煎りが好みなチズコさんと私は顔を見合わせて「もうちょっとかな・・・?」

Pa231971

表面に少し油が浮き、ぴかぴかの珈琲豆の出来上がり!

この素敵なマシーン、ぎんなんや栗も煎れそうです。

とりあえず、何度も経験をつんで焙煎になれなければ。 

焙煎が楽しみな毎日である。

リョウヤくん、どうもありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

戸隠きのこリトリート  番外編 パンジャビ

Pa211732

今回はチームパンジャビがフル揃い。

昨年インドでみんなでそろえたパンジャビスーツを持ってきてねと召集をかけておいた。

Pa211759

パンジャビスーツはとっても楽で、インドの先生はこれでヨーガも動いていらっしゃったが。

その語源通り、パジャマ参加の人もいます。彼は徹底的にパジャマでヨーガに参加(外ヨーガでは下にフリースを着て)。

Pa211755_2

スカーフの使い方を間違えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

戸隠きのこリトリート  滋養

Pa231986

Pa231982

Pa231989 飯綱で石窯のパンやさんをやっている友人の麦星さんにお願いして、最終日のランチは石窯で手作りピザを焼かせていただくことに。

みんなが思い思いのトッピングで飾ったピザを、麦星くんが石窯でかりっと焼いてくれる。

Pa231993

Pa231997 ピノキオの心のこもったお食事も、この手作りのピザも体と心の滋養になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

戸隠きのこリトリート  空のした

Pa231891

Pa231881

Pa231883

Pa231888

今回初参加のユミコちゃん。

やわらかく、あたたかい笑顔の春のひだまりのような人。

彼女に最終日の朝ヨーガをお任せすることにした。

雨上がりのピノキオの庭で、裸足で歩き回るユミコちゃんは、ずっと昔からそこにいたように森にとけこんでいる。

遠くから、空のしたで気持ちよさそうにねそべるみんなと、ユミコちゃんを眺めている私は幸せだ。 伝えたかったことがここにある・・・と、しみじみと思う。

私たちもこの星の生き物。 空のしたで、おひさまのしたで大地に足をひっつけながら、海や川に浸りながら、生かされているこの瞬間を感じてこそヨーガ。

日ごろのクラスの集大成がここにある。

この場所へみんなを連れ出すことができることが私の大きな喜び。

Pa231903

Pa231886

Pa231917

Pa231889

Pa231902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

戸隠きのこリトリート  トラタカ

Pa221877

マナミちゃんからの素敵なご提案で実現したトラタカクラス。

彼女がひとつひとつ手作りしたハスの花びらの鋳造ガラス。

ここにキャンドルをのせて、目の浄化法のトラタカセッションをぜひ、とPa221876 申し出てくれたのだ。

目のエクセサイズだけのトラタカは、何度かレッスンに取り込んだことがあるが、今回はぜひこの一人ひとりに用意された素敵なキャンドルを使って、フルセッションのトラタカクラスを行いたかった。

昨年、インドのカイヴァリヤダーマで受けた1時間のトラタカクラス。

いくつかの主な調気法とOmkarそしてマントラをつないで、ゆっくり目や全身を浄化してゆく。 一度日本でこれを再現してみたかったのだ。

まずは私自身のチューンを。

ゆっくりみんなに話しかけながら、自分の波をおだやかに静かに、中心にあわせていくような感じ。 

キャンドルの光が導いてくれるようだ。 みんなの呼吸も深くてとてもいい状態。

私は伝え手。 みんなの波を整えて、空や風や大地とのつなぎ目を指し示す役目。 ここからは一人ひとりがそこへ向かってくれればいい。

Pa221868

Pa221869

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

戸隠きのこリトリート  ぺこぺこ

Pa221843

Pa221838 1917メートルの山頂に到着したら、小雨はあがり、冷え込みもなくとても気持ちがいい。

おなかぺこぺこである。

ジェットボイル(1分でお湯が沸くというのはやっぱり本当に便利)でお湯を沸かして、お味噌汁と手作りのおにぎり!

山で食べるとなんでこんなにおいしいんだろう。

さあ、エネルギーを充填したらもうひとふんばり。 山頂からは瑪瑙経由で戸隠スキー場、神告げ温泉を目指して歩く。

Pa221850

Pa221852

Pa221855

Pa221859 有名どころの山をピークハンティングするのではなく、毎日刻々とかわる山を、五感で楽しみながら歩くのが好きだ。

何度いっても、毎回違う顔で山は迎えてくれる。

もみじの紅も、明日になればまた少し色合いを深めているのだろう。

もう少しして白い季節になれば、景観も鳥の声もかわる。

雨や雪、風の厳しい荒れた日ももちろんある。  そんな山のふところに入らせていただく、幸せなひととき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

戸隠きのこリトリート  瞬間

Pa221833

Pa221836 ずっと雲のなかを歩いていた。

みんなが空に消えていくようだと思いながら、霧のなかを歩いているとき、ごうっと風が吹いて、雲海の遠くむこうに青空と山脈が。

神様が垣間見せてくれた瞬間。

そして、一瞬の姿をまたかき消すように空はわきあがった雲につつまれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸隠きのこリトリート  山へ

Pa221781

Pa221783

私の信頼するビヤさんの誘導で飯縄山へ。

小雨模様だが、朝ヨーガで身体も調子よく、色とりどりのレインウェアを着て出発ー!

1

Pa221790

Pa221796 雨の山は木や土のとてもいい香り。

ゆっくりとしたペースで導いてもらって、みんなとても元気。

Pa221797

Pa221806

飯縄を守る仏様たちにご挨拶をしながら、一歩一歩楽しんで登る。

Pa221803

Pa221809

Pa221807

Pa221818

Pa221837 「ここから先は1500円ー!」と守り神の小さな毘沙門天が通せんぼしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

戸隠きのこリトリート  整える

Pa221771

Pa221773

Pa221772

Pa221774

Pa221776 雨音で目が覚める。

あいにくの雨模様で外では動きづらいので、夜明けとともにジャラネティで各自呼吸器を浄化してから、オリエ先生の朝ヨーガ。

私は彼女の穏やかな誘導がとても好きで、身体も心もゆっくりと整ってくるのがわかる。

うちに向かうようにゆるやかに。

心身と魂がととのったら、お弁当をもって山に出発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

戸隠きのこリトリート  ただいま

    Pa211692

Pa211702 ただいま、と私が帰る場所。

枯葉の散り敷いたピノキオ、そして静かな秋の森の中。

ここで寝転べば、言葉はいらないね。

Pa211706

森の中をゆっくり歩いて広場まで。

最後のおひさまの光をあびながら、静かなヨーガの時間。

Pa211705

Pa211710

Pa211715 あおむけになると空はぬけるように碧くて、大地のあたたかさが背中に伝わってくる。

鳥の声、秋の森のにおい。

Pa211717

Pa211719_2

大地にしっかり足をひっつけて、空に手をのばす。Pa211716

なんて気持ちのいい時間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

戸隠リトリートご参加のみなさんへ

Nec_1279

明日の戸隠リトリートご参加予定のみなさん。

今回も大阪チームは名神・中央・長野道を乗り継いでピノキオを目指します。

バイク合流の方も、東京組もどうかお気をつけていらしてください。

どうか安全運転で。

そして、必ず寒くない服装とレインウェア、歩きやすい靴、あたたかいお茶をいれるテルモスなどをお忘れなく。

晴れごいをお願いします。

それでは現地で久しぶりにみなさんにお会いできるのを心待ちにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

パーマネントコース

P9251598

P9241588_2

最終日、バスまでの時間を八ヶ岳のオリエンテーリングのパーマネント(恒久)コースを歩いてみる。

師匠に教わったとおり地図とコンパスを使って秋の日差しのなかをゆっくりと。

山の上はたくさんの人であふれていたが、ここは静か。

湖からの流れ出しの疎水も、蕎麦畑もいい。P9251600

P9251601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

唐沢鉱泉~黒百合ヒュッテ~天狗の庭

P9241585

P9241586

P9241587

P9241595

講習翌日はお天気もよく、軽い山歩き。

唐沢鉱泉から黒百合ヒュッテ(連休だからか小屋前はたくさんの人)、時間的に天狗岳には行けなかったが、小屋前から少し高度をあげて天狗の庭まで。

苔むしたしっとりした登山道だったのに、このあたりから急に岩峰になり手足をしっかり使って登るので楽しい。

確かに天狗の庭のように、美しい山上湖がきらきらと光り、パノラミックな素晴らしい眺めである。

次回は早起きして天狗岳に登ってこよう。

P9241589

P9241593

P9241592

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

オリエンテーリング講習

P9231578

P9231581P9241583 もう先月のお話になってしまうけれど・・・。

山には入っていても、オリエンテーリングはほとんどやったことがない私に大御所の師匠が自ら講習してくださって、八ヶ岳で読図のトレーニング。

地図(とても細かい地形まで書き込まれていて素晴らしい)とコンパスを駆使しながら、ポスト(オレンジと白の旗のようなものがおいてある)を探す。

見つけたらそこのホッチキスのようなパンチで自分の地図に記しをつけていく。

自分の歩幅や歩く早さも知っておかなければ、どれぐらい進んだかもわかりにくい。

地図と地形と、自分の感覚と。

師匠について、いきなり上級者コースを選んでしまっため最初から混乱気味。思ったより自分の歩幅が広いことを知る。

これはやっぱり慣れが必要。

何度山に入っていても、人についていっているのでは読図はできるようにならない。運転と同じである。

熊鈴をつけて、登山道をはずれ、藪こぎしながら目的地を探すのは面白かった。

初めての方でも、八ヶ岳自然学校にいけばオリエンテーリングの地図を購入でき、コンパスも貸してもらえます。初級コースからいろいろ。

ご興味のある方はぜひいってみられては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

バンフマウンテンフィルムフェスティバル 2011

Nec_3005 今年も楽しみにしていたバンフマウンテンフィルムフェスティバル。

アウトドアドキュメンタリーの非常にすぐれた作品のワールドツアーである。

大阪では15日の一日だけの上映。

昨年の作品のなかでは、オーストラリアからニュージーランドまでの1600キロをシーカヤックソロで漕ぐ、アンドリュー・マッコリーの「Solo」が秀逸で、機会があればなんとかもう一度見たいとずっと思っていた。

美しい空撮が入るわけでもなく、ただコックピットに積んだカメラでビデオダイアリーを写し続けている朴訥な作品で、でもまるで自分もそのカヤックにのっているようなヒシヒシと伝わる臨場感とせつなさ、リアルでせつない結末に言葉を失った。

今回目を引いたのは、「The Swiss Machine」 ウエリ・シュテックのアイガー北壁のスピードソロ。

アレックス・ホノルドとのヨセミテでのセッションも面白い。 技術もさることながら、彼らの岩との対峙やその精神や心の強さもすばらしい。

そして、マウンテンガイドのルエディ・ベグリンジャーの「A Life Ascending」もいい。

なぜ、山に入るのか?

なぜ、危険なフィールドに人をつれていくのか? 自問自答しながら彼は毎回歩く。

「どんなに準備をしていても、山では想像もできないことがおこる」と、トップクラスの熟練ガイドの彼が言う。 ガイドとしての経験をつめばつむほど、怖さが身にしみるのだと。

この作品は私には染み渡った。 

それでもやっぱり、私も山に入りたいと改めて思う。

大阪での上映は終わったけれど、バンフマウンテンフィルムフェスティバルのJapanツアー2011はまだ続きます。チャンスのある方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

復活します

Pb180402

ご迷惑をおかけしました。

まだちょっと声は枯れていますが、今日のクラスから復活予定です。

申し訳ありませんが、前のほうに集まってください。マイクを使わずに小声でやります。

今回はおとなしく医師に処方してもらった薬の服用とともに、これを試しました。

「梨ジャム」です。 声をこわしている真っ最中にちょうど梨農家の方から梨ジャムをいただいて、紅茶に混ぜたりなめたりしています。

確かに呼吸器にかかわる漢方薬には「梨」という字がつくものが多いし、水分をたっぷり含んだ梨が咽喉をうるおしてくれるので、とてもいいというのが実感です。

声をつかう仕事の方は、毎日どうやってケアするかいろいろと試行錯誤されていることと思います。

わたしは、この梨ジャムとマヌカハニーです。

以前ニュージーランドで暮らしているとき、簡単な擦り傷や風邪はマヌカハニーをぬったり舐めたりして治していました。

インフルエンザにかかったときも、「あなたの体は今熱をだして頑張って乗り越えようとしているから、これをのみなさい」と、マヌカハニーしか処方されませんでした。 まあ確かに、無理に解熱させるより、免疫を高めるほうがいいんだけど・・・蜂蜜だけって。

呼吸器が乾燥で弱る秋に旬の梨、免疫系を高めるきのこ類、冬には体をあたためる根菜など、やはりその時々の旬のものがわたしたちの体をいい状態に保ってくれるのだと思います。

どうかみなさんもセルフケアでいい季節を楽しんでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

ご心配おかけしております

Photo 励ましやお見舞いのメールをみなさんありがとうございます。

「過労ですか?」のお問い合わせについで多かったのが、「酒の飲みすぎですか?」、「しゃべりすぎですか?」など。

すべて否定はいたしません。

来年またいい季節になったら必ず満月ヨーガ企画いたします。

無音で動いているため、身振り手振りが大きくなり、言葉抜きでも意思疎通しやすくなってきました。

きぐるみのバイト、いけそうです!

もう少しで復活いたします、お待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

明日の満月ヨーガご参加予定のみなさんへお詫びとおしらせ

みなさん、大変Photo 申し訳ありません!

声の酷使で、急性声帯炎になってしまい、声をまったく出すことができません。

今年最後の満月ヨーガだったのですが、残念ながら声での誘導ができません。

体は元気なのですが、当分沈黙療法で無音ですごさなければなりません。今週のクラスも完全に回復するまではすべて代行の先生にお願いしております。

ハaハaハaさんでの夕食は中止しますが、助手の先生方で当日自分でヨーガを楽しみにいく方もいらっしゃるので、満月の下で動きたい方はぜひ大阪港中央突堤にいってみてください。

みなさんと一緒にいい季節の月のしたで動くのを楽しみにしていたのですが、残念です。

いろいろ企画をだしてくれたみなさん、また次の春にぜひ力をかしてください。

わたしも明日の満月の浄化の光をあびて、早くのどが治るようにがんばります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

山はきのこ祭り

P9211558

P9221566

二週間前に行った戸隠の森はすっかりきのこ祭り。

食べてみるにはちょっとという雰囲気のもの多し。

P9221572

P9221574

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

満月ヨーガ 2011 10月のおしらせ

Photo

今年最後の満月ヨーガを下記の通り開催します。

日時 2011年10月12日水曜日 18時ころから

場所 大阪港中央突堤 地下鉄大阪港駅1番出口

とにかく海につきあたるまで曲がらずに、地下鉄と平行して歩く。 右手にハaハaハaが見えたらあと3分。

海のそばのボードウォークにいます。

参加費 ドネーション(寄付)

持って来るもの ヨガマット・海の風が寒くない服装・飲み物など

雨天中止のため必ずブログで催行状況を確認してください。また、催行になったとしても今回は絶対に寒いと思うので必ずあたたかい服装でおいでください。

今回はカフェハaハaハaさんにご協力いただいて、終了後、あつあつのおでんと季節のごはん(1200円 飲み物つき)をご用意いただくことになっています。

ヨーガは予約はいりませんが、ディナーご希望の方は必ず予約をしてください。

お問いあわせはこちらまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

大阪府立体育館 第三期のおしらせ

Nec_0032

大阪府立体育館 ヨーガクラス 第3期募集がはじまりました。
開催日程は下記の通りです。

火曜日 ボディケアヨーガ 18時半から20時

日程 10月11日・18日・25日  11月8日・15日・22日・29日  12月13日・20日・27日 (全10回 11000円)

水曜日 ヨーガ 14時半から16時

日程 10月5日・12日・19日・26日  11月2日・9日・16日  12月7日・14日・21日 (全10回 9900円)

火曜日クラスはすでに定員締め切り間近です。
体験レッスンは一回1000円で受講可能です。

また、全部は出席できない方のために、三回チケット制があります。

お問い合わせ先 大阪府立体育館 管理事務所 06-6631-0121 まで

10月4日火曜日は台風で中止になった回の振り替えクラスを行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

摩耶山ピクニックヨーガ 番外編 鉄棒と石垣

Pa011607 ここでゆっくり遊びたいがために早く集合するといっても過言ではないこの鉄棒。

大人用サイズなので飛びついてぶら下がる。

Pa011670

もちろん、帰りも夕方になるまで遊ぶ。

「えーい、邪魔じゃま」と短パンや靴を脱いで、本気モードの続出・・・。

Pa011673

ミユキ先生、やっぱりバランスよし。

一撃であがる。

Pa011674

Pa011677 すばらしい・・・。

打ち込み練習のすえ、全員鉄棒にあがれた。ちょっとのコツなんだよね、よくがんばりました。

Pa011668

Pa011669

鉄棒横から見守る鬼コーチと、ゆるめ役のチェブラシカ。

Pa011679_2

 

Pa011680

その後もまっすぐ帰らず、登山口の石垣をのぼって遊ぶ。

みんな元気でホント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

摩耶山ピクニックヨーガ 番外編 音

Pa011646_2

Pa011651

Pa011658

Pa011659

長くて重いデジュリドゥをバイクに乗せて、駆けつけてくださったハタ氏。Pa011660

オーストラリアのアボリジニが古来吹きつづけてきたデジュリドゥ。

低く深い音のバイブレーションで精霊をよび、いいときもわるいときも祭りとともにあり、共鳴を生んできたのだ。

デジュリドゥは何度かきいたことがあるが、ハタ氏のディジュはクラシカルでとてもいい。

空と大地のつなぎ目に響き渡るようなこの星の音。

ミユキ先生の気持ちのいいキルタンとも即興であわせてもらって、素敵なコラボレーション。 

音は、言葉を超えて風にのって響く。

「実はこのデジュリドゥ、体調の悪い方の体のそばで奏でると調子がよくなる人がいるんですよ」とハタ氏が教えてくれたので、早速何人かやっていただく。

深い音のバイブレーションと共鳴するのだろう、体中に響くのが感じられたり、体があたたかくなったりするようだ。

みんな並んで森の診療所である。

ハタさん、ミユキ先生、素敵な音をつれてきてくださってありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

摩耶山ピクニックヨーガ 秋

Pa011625

Pa011627

徒歩でハイクアップするのが、歩きなれた常連のみんなだったので、ゆっくり喫茶店でモーニングを楽しんでから出発。

秋の山は風も気持ちよく、夏山のように汗も出ず快適・・・と思っていたら、「強風でロープウェイがとまっている」との情報が。

実際に山頂にたってみると、かなりの風で寒いくらい。

あたたかく快適な静かな場所を求めて、少し下山して、天上寺の跡地でマットを広げる。

こうやって、歩いてでも空のしたに出てきてヨーガを楽しもうとしてくださる方々は、のびのびとして気持ちのいい方ばかり。

大地に寝転んで、空をただながめる。 虫や風の声をきく。

満月ヨーガもいいけれど、こうやって空に近いところもいい。 Pa011636草のうえにねころぶと、包まれている気がする。

遠くからご参加いただいたみなさん、秋の素敵な一日 を共有できて幸せです。

みなさんにいただいた募金は今年はすべて被災地に届けさせていただきますね。どうもありがとう!

また来年、いい季節になったら山のうえでお会いしましょう。

番外編につづく。

Pa011643

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »