« 戸隠ヨーガ&きのこリトリート 2011 | トップページ | 台風の影響についてのおしらせ »

2011年8月31日 (水)

YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH

P7171004

パタンジャリ・マハリシによって記されたヨーガの根本経典、「ヨーガスートラ」の一文であり、そのスートラ(スートラ…糸。糸のように紐解いてゆく)すべてをあらわすのがこの言葉である。

YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH

「心の作用を止滅させることが、ヨーガである」

つまり、心があちこちに動き回ることなく、静かに澄んだ水のように落ち着いていることこそヨーガである、という解釈になる。

TADA DARSHTUH SVARUPE VASTHANAM

「そのとき自己はそれ本来の状態にとどまる」

日本人には少し理解しにくいのだが、インド哲学では心と自己(本来の自分)というのは別のものであると考えていて、心の動きが静まり、完全にコントロールされたときに、本来の自己があらわれると説かれているのである。

そして、わたしたちはこの本来のシンプルな状態、サマーディ(三昧)にいつでも自分のコントロールで入れるようにするために、アサナやプラナヤマや瞑想を続けているわけである。

ただ、この苦もなく楽もない状態というのが、私のような一般人にはなかなか難しく、どういう状態なのかもあまり想像できずにいた。

先日、滑落して一命をとりとめた友人と話をしていて大変興味深いことを聞いた。

彼はヨーガを行じているわけでもなく、まったくその心得もないのだが・・・。

「山で足を踏み外した瞬間、まっすぐに自由落下がはじまった。 (100メートルの滑落だから長かっただろう)

その瞬間、それまで胸にあったいろいろな思いは、雲が風にとばされるように一気に吹き飛んで、とてもシンプルな感覚だけになった。

意識ははっきりしていて、ああこのまま岩にたたきつけられたらそれが最後だろうとただ認識のみがある状態だった。

苦もなく楽もなく欲もなく、そもそものとてもシンプルな状態というのは言葉ではうまく表現できないけれど、ただ認識のみがある、そんな感じ。

そして、数秒後に激しい衝撃とともに大地にたたきつけられて、激しい痛みを味わったときに『生きなくては』という欲望がゆっくりと心に戻ってきた。

みんな死ぬ間際に走馬灯のように愛する人やものが浮かんでくるというけれど、自分は実は逆でとてもシンプルな状態になったよ。

あのなんともいえない感覚をもう一度味わえるのかな」

彼がおおいなる力に生かされて、垣間見ることになったこの状態こそヨーガのめざすサマーディではなかったのかなと大変興味深くこの話をきいた。

|

« 戸隠ヨーガ&きのこリトリート 2011 | トップページ | 台風の影響についてのおしらせ »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

今日は久しぶりに甲子園口ヨーガクラスに参加でき、幸せでした。
ありがとうございます。
私は、先生のヨーガのクラスは「ほんもの」の時間だと常々感じておりました。
今日は、「皆さん決して無理はしないでね」という言葉が、私の芯に届き、なぜこんなに真ん中に届くのかな、と考えていました。
たった今、理由が分かりました。
お友達のご回復を、心よりお祈りいたします。

投稿: くぼともこ | 2011年9月 1日 (木) 23時04分

ともこさん

わたしも久しぶりお会いできてうれしかったです。
遠いところありがとうね。

伝えたいことって、ちゃんとみんなに響いているんだ・・・って、とても嬉しくなりました。

彼にもみなさんの気持ちが伝わると思います。
どうもありがとう。

投稿: MARI | 2011年9月 2日 (金) 06時37分

まりさんのお友達のお話、とても心に響きました。ヨガの勉強をやみくもにしてもわからなかった事が少しわかった気がしました。お友達の回復を心からお祈りしています。

投稿: ろくなおこ | 2011年9月 2日 (金) 18時31分

にゃおこちゃん

わたしもそう思う。
彼も「あのシンプルな感覚だけのチャンネルに入るという経験は神様がみせてくれたなにか意味のあるものだと思う」という表現をしていました。

いにしえのリシたちの古典をひもとくのも大事、でも今わたしたちが生きているこの大地でたくさんのものに触れていくことがヨーガではないかとわたしは思っています。

洞窟にこもって瞑想するというのは最終段階であって、今のわたしたちはもっともっとたくさんのものと繋がっていくなかで、なにか生命のきらめきのようなものを体感する必要があるのでは。

彼は救急救命センターから、リハビリ専門の総合病院に転院しました。
ありがとう。

投稿: MARI | 2011年9月 3日 (土) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH:

« 戸隠ヨーガ&きのこリトリート 2011 | トップページ | 台風の影響についてのおしらせ »