« 満月の夜の浄化 | トップページ | 学びの旅 養生園 第一部 »

2011年6月19日 (日)

学びの旅 養生園 アプローチ編

P6030707

P6030710

相方先生のヨーガワークショップに参加させていただくために、深夜バスで松本へ。

同行のダブルKちゃんとともに、電車で安曇野に向かう。

せっかく気持ちのいいお天気なので、マウンテンバイクを借りて養生園まで走っていくことにした。

自転車を貸してくれた駅前のひつじやさんが、ご親切に片道だけの利用とわたしたちの大きなザックも後ほど届けてあげるよと。

軽身で山に向かってゆるやかな登り道をこいでいく。 風が気持ちいい。 緑のにおいがする。

山に近づいてきたところで、わたしが行きたかった安曇野山岳美術館へ。

10年ほど前に一度訪れた、森の中にひっそりと立つ小さな美術館。

ここは、まるでその山に自分が立っているようなどきどきした気持ちになるすばらしい作品ばかり。

あくまで現場で絵を描くことにこだわり、難所では自分の体を岩にしばりつけて、固定しながら絵を描き続けた足立源一郎画伯。

たしかに、自分が感動する場所だからこの絵が描けるんだ・・・としみじみ思う。

写真も絵も、自分が胸おどる場所だからこそ魂がはいるのだ。

またここに来れてよかった。 この絵を見れてよかった。

さあ、再び養生園に向かってスタート。

だんだんきつい登りになってくるので、カフェでお茶休憩しつつひたすらこぐ。

最後の急登をがんばって登りきったら、養生園である。P6030712

P6030714

P6030716

P6030720

|

« 満月の夜の浄化 | トップページ | 学びの旅 養生園 第一部 »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学びの旅 養生園 アプローチ編:

« 満月の夜の浄化 | トップページ | 学びの旅 養生園 第一部 »