« 布団 | トップページ | みなさん »

2011年3月10日 (木)

気分転換

Nec_2679

Nec_2680

早朝4時半に家を出て、氷ノ山へ。

リフトが動き始めると同時に行動を開始するが、なんと乗り継いで小ピークに出るための第三リフトが今日は動いていないとのこと。

やむを得ず、40cmの新雪のゲレンデからラッセルをはじめる。

久しぶりに膝高の急斜面ラッセルに、膝と股関節がつらい。

よぶんに一時間かかってしまう。

気温は低いのに、汗が流れるのがわかる。

でも、山の上の美しい樹氷の森(平日だから先行者もいない)がすばらしく美しいので、疲れはふっとんでしまう。

今年は雪がとても多いので三の丸の小屋は雪に埋まって、頭だけ出ている。

午後から天候は急変し、強い風が吹いて荒れはじめた。鼻のなかも凍る(時々左右から鼻腔をおしてぱりぱりと砕かないと息苦しい)くらい、気温がさがってきた。

完全にホワイトアウトで5メートル先も見えなくなり、だだっぴろい尾根はもう夢のなかを歩いているみたいに上下左右真っ白でわからない。(GPSってすばらしいとこのとき初めて思った)

ワサビ谷を滑っておりるつもりだったのだが、その前にピットを掘って雪崩の弱層テストを。

予想はしていたが、数日前のあたたかさとその後のこの降雪で、手首で雪の層を三回たたくと横に亀裂がはいった、

もう一度テスト。 でも結果は同じ。

これはもう非常に雪崩のおこりやすい条件である。谷は左右からすり鉢状に迫っているので谷のまんなかは雪崩の巣になる可能性もある。

せっかくのパウダーだけど、悩むまでもなく谷の滑降は中止して、もときた道をひきかえした。Nec_2688

気分転換には少しハードだったけど、楽しい雪の一日だった。

Nec_2684

Nec_2685

|

« 布団 | トップページ | みなさん »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気分転換:

« 布団 | トップページ | みなさん »