« まみれて遊ぶ | トップページ | 北堀江ヨーガクラス 2月開催日 »

2011年1月29日 (土)

セルフメンテナンスワークショップ 第5回

Nec_2409 ツダ先生のセルフメンテナンスワークショップ第5回も無事に終了しました。
遠くからご参加いただいた皆さんありがとうございました。

今回は「厳冬期のケア」がテーマ。
経絡や経穴の簡単な知識に始まり、冷え症と低体温、低血圧のちがいや、免疫力をあげるためのいくつかの方法を学ぶ。

末端をあたためるためにはまず骨盤や身体の中心をあたためること。
身体は頭や内臓などだいじな部分にまず血液を送るため、体温が低いときには手足などの末端は後回しになるのである。

靴下などを何枚もはいたりすると、手足の先にある温度センサーが正しく反応しなくなり、身体の温度をあげる指令を出さなくなるのだ。

腎・膀胱系の経絡を学び、それを活性化させるための身体の使い方や動き、アサナをグループで考えて発表、一緒にみんなで動く。
あっという間の3時間だった。

ツダ先生のワークショップは季節のケアを12経絡に添いながらこれからも進めていきます。
2月は先生が学会出席のため、次回開催は3月の26日土曜日の予定です。
また詳細が決まりましたら、ブログで公示します。
これから学びたい内容や、希望などあればこちらにメールをお願いします。

|

« まみれて遊ぶ | トップページ | 北堀江ヨーガクラス 2月開催日 »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

目からうろこです!
靴下を何枚も履くと温度センサーが
正しく働らかなくなる・・・・

投稿: beauty | 2011年1月31日 (月) 23時32分

そうなんですよ、私もなるほどと思いました。
身体の中心部は温かくして、末端はシンプルに・・・が良いそうです。
何枚も靴下を履くと締め付けで血流も下がるし、足先カイロなどで過剰にあたためるとセンサーがおかしくなって、「もう血を送らなくてもいいのかな」って思うそうです。
身体ってよくできていますよね。

投稿: MARI | 2011年2月 1日 (火) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セルフメンテナンスワークショップ 第5回:

« まみれて遊ぶ | トップページ | 北堀江ヨーガクラス 2月開催日 »