« コンスタントに | トップページ | 兵庫県立総合体育館 春休み自主レッスンのおしらせ »

2011年1月12日 (水)

免疫力を底上げしよう

Nec_1879いろいろな病気と闘病中の方々がヨーガクラスに参加してくれている。
また、普段は元気な人でも身体が風邪をひいたり、心が風邪をひいたりすることだってある。

心身ともに伸びやかに健康で、毎日気持ちよく過ごせるのは実はとても奇跡的なことなのだとも思う。

一人ひとり向かい合うことは違っても、本人の底力が大切である。
病気になれば身体が免疫をつくり、ケガをした場所は以前より強くなる、そんな力が私たちにはちゃんとある。
いいタイミングで薬をつかうのは必要なことだとは思うが、頼りすぎると、自分の力が働かなくなる。
時間はかかるけど、自分の身体や心の力を信じて、免疫力を底上げしよう。

ついつい浅い速い呼吸をしている人は、みぞおちにゆっくり手をあてて優しく緩め、おなかの底まで新鮮な風が入るように大きな呼吸をしましょう。
交感神経が優位な身体は瞬発力は出してくれるけれど、リラックスできないのです。
副交感神経が優位な身体はゆったりと穏やかに広がり、免疫力もその威力を発揮できるようになるのです。

胸にいつもおひさまがあたるように、手をおおきく開いて呼吸をしましょう。
身体にも心にもいい風をいれましょう。
「思い煩う」と患うのです。
病気のことばかりに心がとらわれると、心も患います。
今自分ができることを尽くして、あとは自分の底力を信じて、おおいなる力に任せましょう。

山や海など大地をあじわう場所では、そんなことが当たり前に思えてきます。
やっぱり地球に生きるものはおひさまにあたらないとだめ。
寒くても、朝はちゃんとおひさまにあたりましょう。
薬みたいに即効性はないとは思うけど、呼吸をかえれば身体も心もかわります。

面白い本でも読んでガハハと笑い、自分の食べたいものを食べたらいい。
「あれがいいからこれがいいから」と情報にまどわされず、自分の感覚を信じたらいいんです。

食べ物から身体に入ってくるプラナ(エネルギー)は3割、呼吸から入ってくるプラナは7割といわれています。
みなさんがはいた息は宇宙にもどり、再び浄化され、たくさんのプラナとともにまた返ってきます。
酸素だけをすうのではなく、身体を元気にしてくれるたくさんのプラナを呼吸とともにいただきましょう。

さあ、今日も外で深呼吸を。

|

« コンスタントに | トップページ | 兵庫県立総合体育館 春休み自主レッスンのおしらせ »

自然療法」カテゴリの記事

コメント

この間は、ありがとうございました。心が癒されました~

投稿: yocofeuille | 2011年1月18日 (火) 12時58分

大丈夫よ、自分の元気を信じてね。

大笑いできることがいっぱいありますように。

投稿: MARI | 2011年1月19日 (水) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 免疫力を底上げしよう:

« コンスタントに | トップページ | 兵庫県立総合体育館 春休み自主レッスンのおしらせ »