« 祈り | トップページ | あたたかい仕事 »

2010年12月 9日 (木)

地球と宇宙

Nec_2406 Nec_2405わたしが大好きなラピスラズリという石。

いままで手元にもつことはなかったのだが、今回旅先でふたつの素敵な石に出会い、わたしの元にやってきてくれた。

最初に手にしたのは細長い面白い形をした石(宇宙と名づける)。
わたしが手にとってじっと見ていると、旅の仲間がそれを買って、お誕生祝いにとシルバーの紐を通してプレゼントしてくれたのだ。
これはまるで宇宙の広がりのように星や雲母に見える不思議な色で、ずっと眺めていると吸い込まれそうだ。

その後また丸い形をした地球を発見。
この石にもとっても引力を感じたので、黒い紐を通してもらって自分で購入。
どちらもロイカトンの満月の光のしたに置いて、浄化してもらってきた。

ラピスラズリの石の持つ力を調べてみると・・・

水晶と並ぶ太古の昔からの聖石で、王族や司祭のみが身に着けていたものだそうだ。

強力な邪気払いをして持ち主を守る一方で、ラピスは、目先の幸福だけを運んでくるだけではなく、持ち主が本当の意味で成長できるように、試練をあたえることがあるそう。

それぞれの人がもつ、越えなくてはならないこと(カルマ)をいちはやく感づかせ魂のレベルを高めるサポートをしてくれると。

「身につけることによって、普段らしくない経験をすることから『本当に幸運の石なのかな?』と思うことも多いようです。しかし、それは、ラピスラズリが教えてくれる魂を磨くためのメッセージ。その意味は後になってわかるはずです。ただ幸運を運ぶだけではなく、持ち主を本当の意味で磨いてくれる奥深いパワーをもつ」とのこと。

たしかに、早速考えさせられるできごとにぶつかることがあった。でもそれは私がきちんと向き合って乗り越えないといけないなと思っていたもの。

このわたしの手元にやってきた宇宙と地球もご縁があってつながったもの。パートナーとして見守ってくれますように。

|

« 祈り | トップページ | あたたかい仕事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球と宇宙:

« 祈り | トップページ | あたたかい仕事 »