« 摩耶山ピクニックヨーガ 秋 | トップページ | Wife is boss »

2010年10月 2日 (土)

そんな日

Photo_2金曜日は午前中クラスが連続するのだが、この日はどうも不思議だった。

空は秋晴れでどこまでも高く気持ちがいいので、窓をあけ放って風の通りのいい畳の上でヨーガ。

ひとつめのクラスが終ったときに数人の方が、「今日は瞑想のとき目を閉じるとっても綺麗な光や色がたくさん見えたよ」と。
毎回ひとりふたりならそういう経験を聞く事があるけど、今日はきっと風の通りがいいんでしょうねと話す。

ふたつめのクラスの最中、レッスンをやりながらしゃべっているのに自分が不思議なところへトリップ。
クラスに集中して力を出し切っているので、今までこんなことは起こったことがないんだけど、眠いわけではないけれど身体がものすごく気持ちよく感覚がないのである。

印を結んでいる指がはなれず、そこからぐっと海の底にひきこまれていくような感覚。
あまりにも気持ちがいいので、身体も心もゆだねたいのだが、クラスを続けなくちゃと頭の片隅で思っている。
どれくらい時間がたったのか、ふと気付くと自分がしゃべってクラスを続けている。

このクラスの最中もうひとつ気になったのが、香り。
風にのって入ってきたのか、麦のホップのような、むせ返るような夏草のにおいに強烈につつまれて、「こんなに草の香りがきつくてみんないやじゃないのかな、大丈夫かな」と思っていた。
クラスのあと、みんなに「あの香りすごくきつかったけど大丈夫?」と尋ねると、どうもそんな香りなんて感じなかったとのこと。
わたしだけだったのかな?

ふたつめのクラスに参加していた方も、とっても綺麗な色が見えたとか、眉間がじんじんして痛いとか、背骨に綺麗な水が流れたみたいとかいろいろ・・・。

秋の風がみんなの身体を通り抜けたのかな?

そんな日もある。

|

« 摩耶山ピクニックヨーガ 秋 | トップページ | Wife is boss »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

優しいながら、確かな感覚を以って身体が記憶している非日常的な体験は気付きを伴うことが多いのでしょうか…?!虹色の蛇が丹田の辺りから頭頂部までを通り、節々の溜まり(体験者はチャクラだと説明してました)を解消(解放?)しながら身体から昇華していった…てな感じの話しを昨今聴いたばかり故、気になりコメントさせていただきました。上の例にあげたものも含め、瞑想など特別な個人的時間を費やしての体験談だけに…personal体験に留まることが大半ですが、多人数で共有できるなら素晴らしいでしょうねぇ。皆で共有しながらも、感覚自体は極私的なものであるという相補的な状態なら…自然ですし。しかしながら、体外からケッタイな物を摂取してまで似た感覚を追い求める人々が多く…不健全な依存症の類いと同等だと勘違いする人がいるのも、確かな実情。…すいません、とりとめもないことを書いてしまいました。何はさておき…先生もお元気そうだし、またお会いできる時が愉しみです。失礼しました。

投稿: yocto(くりぼう) | 2010年10月 3日 (日) 11時40分

いつも素敵なコメントをありがとう。
こういう個人体験は夢と一緒で人にしゃべってもなかなか伝わりにくいのですが、まあ面白いことだと思います。
体外からいろいろ採らなくても、いい場所にいけば勝手に身も心もひらかれるんだけどね。

投稿: MARI | 2010年10月 4日 (月) 08時08分

いいなぁ~!!私はまだまだみんなの真似するのにキョロキョロしながら…です
でも、いつも帰り道は疲れもとれてイイ気分で家に帰るのが楽しいです
明日レッスンの日☆楽しみで只今もイイ気分~

投稿: ヒトミ | 2010年10月 4日 (月) 19時51分

うーん、ヒトミちゃんはいつも素直でかわいいね!
みんなの真似なんてしなくていいんですよ。
その時自分が気持ちいいことをのびのびとやってみることこそヨーガですから。
ぜひ自分の時間を楽しんで帰ってね。

投稿: MARI | 2010年10月 4日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そんな日:

« 摩耶山ピクニックヨーガ 秋 | トップページ | Wife is boss »