« 戸隠きのこリトリート きのことり | トップページ | 戸隠きのこリトリート 重ね煮のおはなし »

2010年10月25日 (月)

戸隠きのこリトリート 響く声

Img_6050 Img_6088 Img_6065 Img_6099顔のすてきなしわ。
いろいろなものを積み重ねてきた味。

赤ちゃんのような澄んだ深い瞳。

人って歩いてきた道がやはり顔に出るんだなあ。

にこにこと穏やかな語りで始まったライブは手作りでとてもあたたかい感じ。
響き渡るギターの静かな音と歌声。
マイクなんていらない。
生の声が一番人に響くのだ。

足をきちんと大地にひっつけて、生きてきた人だからこそこんな歌がうたえる。
上へ上へ枝葉を伸ばそうとしている人はたくさん見るけど、ボブさんや園長のように根っこが地面に伸びて、深く落ち着いている人は少ない。

「これから、名古屋の半島をヨットでまわりながらところどころでライブをして、そのあとオーストラリアの砂漠をゆっくり歌いながらまわってくるよ」。
どんなに歳をとっても変わらないスタイル。
またボブさんの歌が聴ける日を楽しみにして。

|

« 戸隠きのこリトリート きのことり | トップページ | 戸隠きのこリトリート 重ね煮のおはなし »

戸隠リトリート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠きのこリトリート 響く声:

« 戸隠きのこリトリート きのことり | トップページ | 戸隠きのこリトリート 重ね煮のおはなし »