« 肺気腫とヨーガ | トップページ | みぞおちの硬さ »

2010年10月19日 (火)

戸隠きのこリトリートご参加予定のみなさんへ

P9210944今週末にせまった戸隠きのこリトリートのおしらせです。

いくつか注意点があります。
まず一日目の妙高散策について。
13時半ころ妙高エリアに到着してから、地元の新蕎麦をお昼ご飯にいただいたあと妙高山エリアをハイクアップします。
日暮れが早くなってきているので、日のあるうちに下山できるよう予定していますが、必ずヘッドランプをお持ちください。
また、熊のすんでいるエリアに私たちがお邪魔するのですから「ここにいますよ」とおしらせするために熊よけの鈴など音のでるものも必要です。
脱ぎ着できるあたたかい服装をお持ちください。歩きなれた靴でなければなりません。

山の中の滝の横の温泉まで約1時間半、そこで足をつけたり、すばやく入りたい方は入浴できますがここは混浴です。(しかもどかーんとあけっぴろげです)
ここから下山して、登山口まであと5分というところに黄金の湯という無料の男女別露天風呂があります。
天気がよければ妙高山が目の前に見えるので、ここでゆっくり露天を楽しんでいただくほうが暗くなっても帰り道が安心です。
身体や髪を洗いたい方は私が燕温泉の宿のお風呂にご案内します。(露天あり)

ハイクアップに持っていくものは、おやつ・飲み水・あたたかい飲み物・防寒具・てぬぐい・(必要な方は着替えや水着)・ヘッドランプ・熊よけの鈴・きのこ図鑑・ストック(あると楽)など。(出発が早くできるように事前にパッキングを済ませておいてください)

次に2日目・3日目の朝の森の中ヨーガについて。
早朝、ジャラネティをすませたあと、森の中を歩いて広場まで行きます。
ピノキオのエリア自体が標高が高いので寒いです。
マットと防寒具を忘れないように。
下着を温かく、上着は脱ぎ着できるように重ね着で調節します。

さあ、No experience is necessary!
五感をひらいて楽しみましょう。
週末にお会いできるのを楽しみにしています。


|

« 肺気腫とヨーガ | トップページ | みぞおちの硬さ »

戸隠リトリート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠きのこリトリートご参加予定のみなさんへ:

« 肺気腫とヨーガ | トップページ | みぞおちの硬さ »