« 戸隠きのこリトリート 響く声 | トップページ | 戸隠きのこリトリート 手作りピザ »

2010年10月26日 (火)

戸隠きのこリトリート 重ね煮のおはなし

Img_6073 Pa231321 Pa231311 Img_6069今回ご縁あって飛び入りで参加してくれたミナさん。

ぽかぽかと暖かく、すすきの揺れるオープンスペースでミナさんが重ね煮のおはなしをしてくれる。

戸隠で買った新鮮なお野菜を順番に重ね、心をこめて煮るのだ。
ガラスのお鍋だと、(一滴も水を入れないのに)どんどんお野菜の甘みがたっぷり詰まったスープが湧き上がってくるのが見えて面白い!
ミナさんは全国各地を飛び回って、このお野菜の力を引き出す料理法を伝えている伝道師なのだが、あたたかい人柄がそのまま料理にもイキイキと表れる。

できあがった重ね煮は、びっくりするほどお野菜の味が濃い。
これはいただくときに手を合わせてしまうな。
「大地とつながる」がテーマのイベントにふさわしい素敵な時間。
ミナさんありがとう! みんな喜んで重ね煮作っています。

|

« 戸隠きのこリトリート 響く声 | トップページ | 戸隠きのこリトリート 手作りピザ »

戸隠リトリート」カテゴリの記事

コメント

適当にすると適当な味になると仰っておられたのが印象的でした。
心をこめると、それが人であれ、お野菜であれ、お酒であれ、何事にも伝わるんだな~と重ね煮を食し味わいながら、感じていました。
心をこめる大切さを私自身も大事にしていきたいと思います。

投稿: K | 2010年10月29日 (金) 09時39分

古い建物だけど、ピノキオはいつもチリひとつ落ちていないよね。
そこかしこが気持ちいい。

見てくれは立派でも、掃除が雑だったり、心がこもっていないとわたしたちもすぐにわかるよね。

お料理も、そして人間もそうだよね。
ミナさんが教えようとしているのはきり方や煮方じゃなくて姿勢なんだな。

投稿: MARI | 2010年10月29日 (金) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠きのこリトリート 重ね煮のおはなし:

« 戸隠きのこリトリート 響く声 | トップページ | 戸隠きのこリトリート 手作りピザ »