« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

夙川ヨーガクラス 11月開催日

Nec_1220

塚本が不在のため代行の先生をお願いしています。

11月は17日のみの開催になります。

場所 香枦園市民館分館 阪神香枦園、JRさくら夙川から徒歩10分くらい

日時 11月17日 水曜日10時から11時    

参加費 1回1000円(体験は500円)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル

子供は何人お連れいただいてもけっこうですが、自己責任でケアしてください。
もちろん大人の方だけの参加も可能です。

先日ご質問がありましたが、体験してみたいお友達がいればお連れいただいて結構です。

レギュラー参加の方でお休みされる方はお部屋の予約の都合がありますのでこちらまでご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

北堀江ヨーガクラス 11月開催日

Nec_1218 11月5日からしばらくインドに行ってくるので、北堀江ヨーガクラス11月の開催日は最終週だけになります。

日時 11月30日(火曜日)10時から11時半

場所 北堀江スタジオJUNX(こいずみ整骨院の隣のビルの3階)

参加費 1500円 (体験は1000円です)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル

お子さんは何人お連れいただいても結構ですが、それぞれ自己責任で他の方に迷惑をかけないようにケアしてください。
おもちゃは音の出ないものをお持ちください。

お問い合わせはこちらまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

明日のセルフメンテナンスワークショップご参加のみなさんへ

Photo ツダ先生のセルフメンテナンスワークショップ「自分の身体は自分で整える」シリーズ第3回です。

今回は「季節ごとのケイラクの整え方とヨーガのアサナとの連動」

秋のケイラクケアとアサナのつながりを学んでいきます。

日時 10月30日土曜日 受付14時
第一部 14時15分から 秋の呼吸法 担当 塚本真理

第二部 15時から16時半くらいまで ツダ先生による講習

場所 北甲子園口市民館(西宮市松並町5-12)
松並公園の中の建物 一階会議室
(JR甲子園口 北出口から徒歩10分くらい
北へ歩いて、山手幹線道路を渡り、熊野神社の右側の公園のなかです。)

定員 20名

参加費 2500円(お釣りのいらないようにご用意ください)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル・筆記用具

第一部はおまけです。
参加希望者のみ早めに来てくださったら、秋の呼吸法を行います。
ヨーガでの呼吸をやったことの無い方でも大丈夫、ゆっくり説明していきます。
ツダ先生の講習のみご参加の方は14時50分くらいにお部屋にお入りください。

電車が止まらない限り台風でも開催します。

お申し込みやお問い合わせはこちらまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

戸隠きのこリトリート また次の季節に

Img_6182 Img_6181 Img_6194 Pa241350 Img_6132 Img_6141あっと言う間に楽しかったリトリートも終了。

また私の好きな白い季節にお会いできるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

戸隠きのこリトリート 手作りピザ

Img_6151 Img_6165 Pa241344 Pa241345 Img_6189 Pa241361 Pa241366最終日はやはり麦星さんでピザの窯焼き体験。

発酵させておいてくれた生地を上手に伸ばして秋の味でトッピング。

麦星チームのお二人がおいしい重ね煮をさっそく作ってくれて、それを野菜スープにしてくれたり、かぼちゃ丸ごとくりぬいてダルを詰め、焼かぼちゃを作ってくれていたり!

朝ヨーガのときに一緒に拾った綺麗な色のはっぱをさりげなく机においてくれていて、そんな小さな気配りでほっとあたたかい気持ちになる。

あつあつのピザや手作りのご飯で身も心もお腹いっぱいになり、後ろ髪をひかれながらみんなと手をふって帰途についた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

戸隠きのこリトリート 重ね煮のおはなし

Img_6073 Pa231321 Pa231311 Img_6069今回ご縁あって飛び入りで参加してくれたミナさん。

ぽかぽかと暖かく、すすきの揺れるオープンスペースでミナさんが重ね煮のおはなしをしてくれる。

戸隠で買った新鮮なお野菜を順番に重ね、心をこめて煮るのだ。
ガラスのお鍋だと、(一滴も水を入れないのに)どんどんお野菜の甘みがたっぷり詰まったスープが湧き上がってくるのが見えて面白い!
ミナさんは全国各地を飛び回って、このお野菜の力を引き出す料理法を伝えている伝道師なのだが、あたたかい人柄がそのまま料理にもイキイキと表れる。

できあがった重ね煮は、びっくりするほどお野菜の味が濃い。
これはいただくときに手を合わせてしまうな。
「大地とつながる」がテーマのイベントにふさわしい素敵な時間。
ミナさんありがとう! みんな喜んで重ね煮作っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

戸隠きのこリトリート 響く声

Img_6050 Img_6088 Img_6065 Img_6099顔のすてきなしわ。
いろいろなものを積み重ねてきた味。

赤ちゃんのような澄んだ深い瞳。

人って歩いてきた道がやはり顔に出るんだなあ。

にこにこと穏やかな語りで始まったライブは手作りでとてもあたたかい感じ。
響き渡るギターの静かな音と歌声。
マイクなんていらない。
生の声が一番人に響くのだ。

足をきちんと大地にひっつけて、生きてきた人だからこそこんな歌がうたえる。
上へ上へ枝葉を伸ばそうとしている人はたくさん見るけど、ボブさんや園長のように根っこが地面に伸びて、深く落ち着いている人は少ない。

「これから、名古屋の半島をヨットでまわりながらところどころでライブをして、そのあとオーストラリアの砂漠をゆっくり歌いながらまわってくるよ」。
どんなに歳をとっても変わらないスタイル。
またボブさんの歌が聴ける日を楽しみにして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

戸隠きのこリトリート きのことり

Img_6060Img_6061 Img_6129 Pa241332 Pa231282 Pa231290 Pa231297 Pa231299最高のお天気、ヨーガのあと朝ごはんをしっかり食べたらお弁当を持って山に出発。

秋の空は高く、北アルプスの連山が美しく光る。
園長さんがとっておきの場所へ連れて行ってくれる。

絵の具をちりばめたような西岳の紅葉に見とれて、みんな思わず道路に寝転んで山を眺める。

急傾斜の山肌をきのこを探しながらみんなが三々五々歩き回っている。
秋の森はきのこの精がいっぱいいてにぎやかだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

戸隠きのこリトリート 森のヨーガ

Img_6004 Img_6021 Img_6024 Img_6026 Img_6036 Img_6045 Img_6049 Img_6114 Img_6121 Img_6128Pa231271 夜明けの薄暗いなか朝露にぬれた草の上でジャラネティを済ませて森まで歩く。

木々のなかを朝日がきらめきながら昇ってくる。

凛と冷えた空気が鼻孔を通ってくる。

森の音やにおい、皮膚をさすような冷たい空気。
五感がとぎすまされていく。
スタジオでは決して味わえない大地の力を全身で感じながら大地とつながるヨーガ。

ぺこぺこに減ったお腹に、ピノキオの美味しい朝ごはんがしみわたる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

戸隠きのこリトリート 山のめぐみ

Img_5951 Img_5954 Pa221217 Pa221223 Img_5974 Pa221234 P9200928ロングドライブでぺこぺこに減ったお腹を新蕎麦と笹寿司で満たしてさあ山に出発。

妙高山はしっとりと雲のなか。
ぱっと目を引く赤や黄色、オレンジ色の木々を眺めながら歩く。

温泉成分の滝は遠くからでも白く美しく、硫黄のにおい。
残念ながら滝のそばの岩風呂は先週落石があったため休止されていた。
山裾の無料露天風呂の黄金の湯までおりて、真っ白な温泉につかる。
最高の山のめぐみである。
Pa231292

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

それでは明日

Photo戸隠きのこリトリートご参加のみなさん、各車運転に気をつけてとばし過ぎず(高知ではスピードで捕まった方が・・・)無事に集合のサービスエリアまでいらしてください。
その後、運転はドライブできる人みんなでまわしながら行きます。

今回も名神・中央・長野道・上信越道の高速を乗り継いでいきます。
妙高に13時までに到着するのが目標です。

東京組もバスと麦星号で急がずに無事においでください。

お昼ごはんを食べたらすぐに歩き始められるように、ザックのパッキングを済ませておきましょう。 大きなバスタオルではなく、軽量の日本手ぬぐいのようなものを持っていきましょう。
それでは明日お会いするのを楽しみにして!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

みぞおちの硬さ

Nec_1118交感神経がオンになっているときは、外の攻撃から身をまもり、自分の力を出し切るために身体の血液は真ん中に集まってくる。
身体が「頑張る」モードになるのである。

みぞおちは硬くなり、お腹まわりはあたたまり、心拍数は増えるわけだ。
手足などの末端に送っている血液も総動員されるので、緊張しているときは手足が冷えている。

ヨーガのクラスの時間に最初にゆっくりと仰向けで身体や呼吸の調整をするのは、交感神経側の身体を副交感神経側の身体にシフトさせるためである。
「ほどく」作業。
これを行わないと呼吸が深く入らないためどんなアサナをしても身体は開かず、無理なストレッチで終ってしまう。

昨日、普段穏やかなUちゃんが珍しく大声で怒っている。
仕事上、ある役所の担当者とのろくでもないやりとりでものすごくエネルギーを使い、全身交感神経オン状態でやってきた。
仰向けになっても背骨も普段より緊張しているので床から腰が高く浮いている。
ゆっくり「ほどく」ようにクラスを行うが、最初はやはりなかなかいつものように緩められなかったという。
「みぞおちが硬くて、最初全然うまく息が入らなかった」と。
こういうのを実体験してもらうのはとてもいいことです。
緊張してみぞおちが硬いとしっかりと呼吸が出来ないということ、言葉ではわかっていてもなかなか実感しにくいから。

一日よく頑張った人は、まずはみぞおちに温かい手をあててゆっくりと力を抜き、それから呼吸に意識をもっていくと、とても深くて長い呼吸になります。
お腹に手をあてて、よく緩め、秋のさわやかな空気を吸いこみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

戸隠きのこリトリートご参加予定のみなさんへ

P9210944今週末にせまった戸隠きのこリトリートのおしらせです。

いくつか注意点があります。
まず一日目の妙高散策について。
13時半ころ妙高エリアに到着してから、地元の新蕎麦をお昼ご飯にいただいたあと妙高山エリアをハイクアップします。
日暮れが早くなってきているので、日のあるうちに下山できるよう予定していますが、必ずヘッドランプをお持ちください。
また、熊のすんでいるエリアに私たちがお邪魔するのですから「ここにいますよ」とおしらせするために熊よけの鈴など音のでるものも必要です。
脱ぎ着できるあたたかい服装をお持ちください。歩きなれた靴でなければなりません。

山の中の滝の横の温泉まで約1時間半、そこで足をつけたり、すばやく入りたい方は入浴できますがここは混浴です。(しかもどかーんとあけっぴろげです)
ここから下山して、登山口まであと5分というところに黄金の湯という無料の男女別露天風呂があります。
天気がよければ妙高山が目の前に見えるので、ここでゆっくり露天を楽しんでいただくほうが暗くなっても帰り道が安心です。
身体や髪を洗いたい方は私が燕温泉の宿のお風呂にご案内します。(露天あり)

ハイクアップに持っていくものは、おやつ・飲み水・あたたかい飲み物・防寒具・てぬぐい・(必要な方は着替えや水着)・ヘッドランプ・熊よけの鈴・きのこ図鑑・ストック(あると楽)など。(出発が早くできるように事前にパッキングを済ませておいてください)

次に2日目・3日目の朝の森の中ヨーガについて。
早朝、ジャラネティをすませたあと、森の中を歩いて広場まで行きます。
ピノキオのエリア自体が標高が高いので寒いです。
マットと防寒具を忘れないように。
下着を温かく、上着は脱ぎ着できるように重ね着で調節します。

さあ、No experience is necessary!
五感をひらいて楽しみましょう。
週末にお会いできるのを楽しみにしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

肺気腫とヨーガ

Nec_0528友人のお父さんが肺気腫を患っている。
ヨーガを行うことでいい状態を維持できないかなと相談を受けた。
クラスのなかにも何人か肺に疾患を持つ方々もいるがもちろん一人ひとり疾患によっても症状が異なる。

遠くに住んでいるお父さんとお母さんを連れて友人がやってきた。
ゆっくりお茶を飲みながら症状を詳しくヒアリングする。
先月入院をして、坂道を登るときはやはり辛いこともあるし、急に差込むように痛くなることもあるという。今は概ね良好な状態のようであるが。

きっとヨーガの呼吸法を正しく使えば、よい状態を保つことが出来るだろうし、心身のバランスも整うだろうとお話する。

今後のテーマを大きく二つにわけてお話。
一つ目として横隔膜の使い方や呼吸を意識して行い、呼吸筋をトレーニングすること、毎日心がける胸郭の広げ方などの説明をする。

二つ目は風邪をひきにくい身体つくりについて。
肺を患っている方は、風邪をひくとすぐ肺に細菌が入って肺炎をおこしやすいのだ。
免疫力をあげるための方法をお話する。
ジャラネティやうがいなどで呼吸器をいつも潤わせ清浄に保つこと。
基礎体温をあげるような食べ物を選ぶこと。
自律神経を整えることなどなど。

お話がすんだあと、実際にヨーガの呼吸法と簡単なアサナを行ってみる。
複式呼吸と胸式呼吸のつかいわけ、クンバカ(保息)を使い呼吸器をすみずみまで使いこなすこと、意識して息を吐ききる練習。
腹筋と呼吸の関係、胸郭の広げかたもゆっくりビデオをまわしながら行う。

おうちでも自分で練習できるようにとにかく専門用語はほとんど使わずわかりやすく、簡単に日常に取り込めるカリキュラムにする。

あるクラスの方が、肺の疾患で半分ほどしか機能していないのだけれど、ヨーガでとても呼吸が深く長く肺の機能を上手に使えるようになって、今年3000メートルのアルプスに登ってこられたんですよとお話する。
「いつか富士山に行ってみたかったけれど、行けるようになるのかな」とお父さんがつぶやく。
ちょっとずつ低い山に慣れ、呼吸の使い方もうまくなったら、大丈夫!とお父さんの背中をたたくと、なんだかお父さんの目にも光がさしてきたようである。
なんと言っても前向きな気持ちが一番大事。
来年ぜひ富士山を目指してほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

バンフマウンテン フィルムフェスティバル

Nec_237618時開始の2部からダッシュでフィルムフェスティバルへ。

今年もバンフで選ばれた面白いアウトドアフィルムが見られて嬉しい。

今回響いた作品としては、オーストラリアのタスマニアからニュージーランド ミルフォードまでの非常に厳しい海域を、ソロでシーカヤックに挑戦するアンドリュー・マッコリーの実録「ソロ」。
自力でビデオをまわし、すさまじい嵐にもまれ、極限状態を体験しつつもこぎ続ける。
そしてニュージーランド沖わずか80キロのところで、レスキューを呼ぶ最後の通信を残して彼は消える。
漂流していた彼のカヤックから回収されたビデオや友人・未亡人がまとめあげた彼の記憶だ。
それでも、漕ぎ出さずにはいられない冒険家の葛藤もうまく描かれている。
やるせない気持ちになるが、これもまた一歩踏み出すものの宿命のドキュメントである。

もう一本。
パキスタンのトランゴタワーの新ルートを開拓する4人のクライマーの遠征ドキュメント「アザゼル」。
A4、A5の連続する過酷な岩壁を、(遠征というとついつい必死の悲壮さが出るのだが)とっても楽しそうにみんなで登っていく。
ロープが凍り付いて棒になるような条件下でも明るい気質でなんとか解決していく。
そして6000メートル峰からのフライングスーツでのベースジャンプ。
カメラワークも素晴らしい。

やはりドキュメントにまさるものはない。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

摩耶ビューライン存続のために

091 048 113昨日ホールアースのアイちゃんと話していて知りました。

先週みなさんもお世話になった摩耶ビューライン(摩耶ケーブルとロープウェイ)が経営不振のためおそらく今年いっぱいで廃止にすると神戸市が検討しているようです。

子供でも大人でもビューラインを使って登れるからこそ身近な山だったのに。

私たちは歩いて登れるけれど、小さい子供さんを連れて来てくれた方や、パーキンソン病で歩きにくいけれどケーブルがあったから登ってこれた方などは来年からどうやって登ればいいのでしょう。

麻耶山天上寺の貫主さんの言葉がこちらにまとめられています。

来年も春になったらまた摩耶山でのヨーガも再開します。
どうかみなさんお手元にハガキがあれば、存続依頼の手紙を神戸市長さん宛に書いてください。
車で来る人を増やさないために、そして莫大なお金をかけて作ったケーブルやロープウェイのシステムをさびつかせないように。

あて先
〒 650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1
           神戸市民参画推進局公聴課気付け
           神戸市長 矢田 立郎様

電話 078ー322ー5169(FAX 078-322-6032)
メールは 神戸市ホームページ内「市長への手紙」ページから送れます。

行政の決定は一度決まると覆らないかもしれません。
でも、きっと机の上では実際に摩耶山に登るひとたちの声が聞こえないのです。
今年は参加できなかったけど、来年参加したいと思ってくださっているみなさんもどうか神戸市に声を届けてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

HALLOWEEN イベント

Nec_2375北堀江のクミコさんチームがとっても楽しいハロウィンイベントを企画しています。
手作り市にはクミコプロダクツの手作りヘンプ化粧品も展示販売されます。

日時 10月31日日曜日 昼の部11時半から16時

手作り市&秋の味覚屋台市(ホイル焼き・炭火焼・カレー・パスタ・リゾット・デザートなど)

夜の部17時半から21時 ハロウィンパーティ

入場無料
仮装をしてご来場いただいた方には、焼き芋プレゼント

場所 大阪市西区北堀江2-17-7
    mothers  06-6541-2147

ぜひ楽しい秋の一日を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

セルフメンテナンスワークショップ 第3回のおしらせ

Nec_0117 ツダ先生のセルフメンテナンスワークショップ「自分の身体は自分で整える」シリーズ第3回開催のおしらせです。

第3回からは内容が専門的になっていきます。
今回は「季節ごとのケイラクの整え方とヨーガのアサナとの連動」

ケイラクとアサナのつながりを学んでいきます。

日時 10月30日土曜日 受付14時
第一部 14時15分から 秋の呼吸法 担当 塚本真理

第二部 15時から16時半くらいまで ツダ先生による講習

場所 北甲子園口市民館(西宮市松並町5-12)
松並公園の中の建物 一階会議室
(JR甲子園口 北出口から徒歩10分くらい
北へ歩いて、山手幹線道路を渡り、熊野神社の右側の公園のなかです。)

定員 20名

参加費 2500円

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル・筆記用具

第一部はおまけです。
参加希望者のみ早めに来てくださったら、秋の呼吸法を行います。
ヨーガでの呼吸をやったことの無い方でも大丈夫、ゆっくり説明していきます。
ツダ先生の講習のみご参加の方は14時50分くらいにお部屋にお入りください。

先着順で締め切ります。

お申し込みやお問い合わせはこちらまで。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

「内田ボブさんコンサート」 飛び入り参加方法

Nec_2374戸隠きのこリトリートにあわせてピノキオに来てくれる内田ボブさんのコンサートは一般の方ももちろん飛び入り参加できます。

飯綱高原で毎月開催されているミニライブコンサートとして下記の内容で行います。

日時 10月23日土曜日 15時半開演

参加費 大人1000円(ドリンクつき) 中学生以下無料

会場 ロッジピノキオ
 026-239-2950

ずっとガイアの声を歌い続けているボブさん。
ぜひライブでボブさんとともに歌いましょう。
お問い合わせは直接ピノキオへ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

ラクシュミ

Nec_2372 Nec_2373あるスタジオのクラスにいつも参加してくれているロアちゃん。
ひょんなことからおうちがカレーやさんだということがわかった。

北堀江のクラスのあとはクラスのみんながあちこちランチに案内してくれるので、「ここに行きたいの」というと早速連れて行ってくれた。
とても可愛い店構えのラクシュミさんの前にはすでに行列が・・・。

5種類のなかからチキンと野菜カレーを選んでお願いする。
「ものすごく辛いですからね!?」と念を押されて、納得して注文。
「お水のんだらもっと辛くなりますからね」と言われたので、飲まずに食べようと決断。

お店は入った瞬間からまさにインドという感じの様々なスパイスのすばらしい懐かしい香り。
待ちに待ったカレーはまさにインドそのもの。
さらさらの野菜カレー、骨まで柔らかいホットでスパイシーなチキン、パラパラとしたジーラライス。
たしかにものすごくホットで、カレーが咽喉から胃袋に入っていくときここにいますよというのがわかるくらい。
でもホットなだけではなくて、旨みがあってとっても美味しい。
あーこれこれ!という感じである。

お母さんがインドを旅しながら家庭に住み込ませてもらって、その味を忘れられず再現して20年前に始めたお店だそう。
チャイも美味しい。
なんだかインドにいるような感覚になる。
日本にあるインド料理やさんは、日本人向けに味をマイルドにしているところが多いんだけど、ラクシュミさんは容赦なくインドの味である。

冷えやすいヴァータ体質の私が、一日中身体が熱くほかほかしていた。(冷え性改善にいいのではないかと思った)
これはクセになる味、素敵なお店に出会えて嬉しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

摩耶山ピクニックヨーガ 体育の日

Pa111114 Pa111121 Pa111127 Pa111138 Pa111142 Pa111148 Pa111164 Pa111165 Pa111167 Pa111172 Pa111179 Pa111186 Pa111197 Pa111198 Pa111203 Pa111204早朝集合にもかかわらず、予想を超えるたくさんの方々がハイクアップ組として集合してくれた。

みんなでゆっくり出発。
途中、私の好きな鉄棒ポイントで遊んでから、気持ちのいい山道を登る。
最後の階段パラダイスを抜けて頑張って山頂へ。

掬星台で待っていてくれたケーブル組と合流して、山頂イベントの混みあいを避けて少し静かな場所に移動する。

ここは静か。
三々五々寝転んで空を眺めながらのヨーガ。
のびのびと自由にやりたいように動く。

おひさまと風が気持ちいい最高の季節である。

偶然のご縁でつながったHau`oli Yogaの美しい4人の先生がナダヨーガ(音のヨーガ)の時間をもってくれる。
ブラーマリーの響きでどんどん瞑想の彼方につれていかれそうである。
とても気持ちのいい音での浄化。

その後待ちにまった(待てずに少し食べた)お弁当タイムは、海を一望できる絶景ポイントで。
おひさまのしたで食べるご飯は美味しいね。

クミコさんのマッサージやミニミニ手作り化粧品ショップなど楽しいアトラクションもあり、素敵な秋の一日は体育の日にふさわしく元気にみんなで過ごせてよかった。

たくさんのサポートをしてくれた常連組のみなさん、新しいイベントに飛び込んできてくれた初参加のみなさん、イベントを華やかに楽しく幅を広げてくれたHau`oli Yogaチームの先生、一期一会にとっても感謝しています。
ありがとうございました。
また来年、素敵な季節にお会いしましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

摩耶山ピクニックヨーガやりまーす

Nec_1279お天気がよさそうなので明日の摩耶山ピクニックヨーガやりまーす!

ケーブルであがる方は摩耶ケーブル(最寄は阪急王子公園)です。

六甲ケーブルであがって山上バスで摩耶まで行くことも出来ますが、直行するなら摩耶ケーブルとロープウェイを乗り継ぐことになります。
摩耶ケーブルは朝10時が始発です!

歩く方は8時前に阪急王子公園東口です。8時の時点で集合場所にいない方は自力でハイクアップしてください。
お弁当・おやつ・飲み物(山頂でも買えますが歩く方は多め)・ヨガマット・防寒具をお持ちください。
王子公園駅にコンビニがあります。

絶対に山の上は寒いです。風を防ぐことが出来る防寒具をお持ちください。

それでは山頂でお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

秋のケア 呼吸器

Nec_0240 Nec_1328秋はとても過ごしやすいけれど、乾燥の季節。

咽喉や鼻の調子が悪い方が多いです。
こういう時期こそ丁寧にケアをしていきましょう。

ヨーガの時間に基本的に鼻呼吸をするのは、鼻がとても大切な浄化器官だから。
乾いた空気を湿らせ、ほこりや汚れをとり、肺まで送ってくれるのです。
口呼吸の多い方は風邪をひきやすいというのは事実です。
咽喉の粘膜が潤っているときは菌も体内に入って来れませんが、乾燥して隙間が出来るとそこからすーっと入ってきてしまうのです。
普段から鼻が不調で口呼吸の多い人はとにかくまず鼻の通りを整えることから始めます。

朝起きたらジャラネティ(塩水での鼻洗浄)で左右の鼻の間を掃除して、一晩の間にたまった粘りや汚れを洗い流します。
舌についた苔もスクレイパーできれいにします。
その後、カパラバーティ呼吸(空気を一気に鼻から吐き出す)を使い、風圧で鼻孔のなかを掃除します。

これでずいぶんすっきり、頭も目もクリアになります。

ネティポットをご希望の方はこちらにご連絡ください。クラスでお会いできる方には手渡しします。
日本製で軽く持ち歩きもしやすいプラスティックです。
工場からまとめて取り寄せているので一個651円です。
自分で出来る予防はどんどん始めていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

きのこ出ましたー

Nec_2352_2 Nec_2353「こんなん出ましたー」と麦星のヨシコちゃんから送られてきた写真。

テングタケくんとベニテングタケくん。
猛毒だけど、強烈に美味しいらしい。

綺麗なきのこだな。
リトリートが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

摩耶山ピクニックヨーガ ご参加のみなさんへ

Nec_1281ごめんなさい!
前回の記事で六甲ケーブルの案内を載せてしまいましたが、六甲山系にはふたつのケーブルがあって、六甲最高峰に行くには六甲ケーブル(最寄は阪急六甲)が便利なのですが、摩耶山には摩耶ケーブル(最寄は阪急王子公園)です。

六甲ケーブルであがって山上バスで摩耶まで行くことも出来ますが、直行するなら摩耶ケーブルとロープウェイを乗り継ぐことになります。
摩耶ケーブルは朝10時が始発ですのでお気をつけください!

歩く方は8時前に阪急王子公園東口です。
お弁当・おやつ・飲み物(山頂でも買えますが歩く方は多め)・ヨガマット・防寒具をお持ちください。
王子公園駅にコンビニがあります。

今のところ晴れの予報なので、催行を予定していますが、必ず前日にブログで催行状況をチェックしてからお出かけください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

兵庫県立総合体育館 レッスンおしらせ 10月

Nec_0117 兵庫県立総合体育館の10月の自主レッスン開催日は下記の通りです。

普段の通年クラスに申し込んでいない方もご参加いただけます。

日時 10月8日・15日(金曜日)10時から11時半

場所 第二和室(いつものところ)

参加費 お部屋代の募金 500円(つぼにいれてください)

お問い合わせはこちらまで。

森本先生の自主レッスンについてはこちらをご覧下さい。

10月22日から後期が始まります。まだ若干名余裕があります。体育館に直接お問い合わせください。

代行のお知らせです。

後期クラスはまた二部制(①9時から10時半 ②10時45分から12時15分)で復活です。申し訳ありませんが初日の10月22日金曜日は後藤先生に代行をお願いしています。10月29日は塚本です。 11月は塚本がインドに行って不在のため11月26日以外はすべて他の先生に代行をお願いしています。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

誰もいない岩場

Nec_2349 Nec_2350 Nec_2351午前中けっこう雨が降ったが、風が吹いておひさまが出てきたので岩場へ。

南斜面の岩場はすっかり乾いていて、誰もいない。
貸切で岩を楽しむ。

岩場から山の端に消えてゆくおひさまは、つるべ落としというがごとく、あたりを赤く染めながらあっという間に沈んでいった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

Wife is boss

Nec_2347 Nec_2345インド人のお父さんと台湾人のおかあさんがやっている美味しいご飯やさんがある。
Wife is bossという素敵な名前で、土日だけのオープンなのだが、地元の人気店でひっきりなしに人がやってくる。
お父さんのインド料理は挽きたてのスパイスがとてもいい香り。
お母さんの台湾料理もうなるほど美味しい家庭料理がいっぱい。
これが何種類も大皿にのっていて、すきなだけとって食べる。
重さを量ってもらって持ち帰ることも出来る。

お腹を満足させたあと、六甲店で部活。(重い…)
ランチを消化させるべく、休まず登りまくる人たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

そんな日

Photo_2金曜日は午前中クラスが連続するのだが、この日はどうも不思議だった。

空は秋晴れでどこまでも高く気持ちがいいので、窓をあけ放って風の通りのいい畳の上でヨーガ。

ひとつめのクラスが終ったときに数人の方が、「今日は瞑想のとき目を閉じるとっても綺麗な光や色がたくさん見えたよ」と。
毎回ひとりふたりならそういう経験を聞く事があるけど、今日はきっと風の通りがいいんでしょうねと話す。

ふたつめのクラスの最中、レッスンをやりながらしゃべっているのに自分が不思議なところへトリップ。
クラスに集中して力を出し切っているので、今までこんなことは起こったことがないんだけど、眠いわけではないけれど身体がものすごく気持ちよく感覚がないのである。

印を結んでいる指がはなれず、そこからぐっと海の底にひきこまれていくような感覚。
あまりにも気持ちがいいので、身体も心もゆだねたいのだが、クラスを続けなくちゃと頭の片隅で思っている。
どれくらい時間がたったのか、ふと気付くと自分がしゃべってクラスを続けている。

このクラスの最中もうひとつ気になったのが、香り。
風にのって入ってきたのか、麦のホップのような、むせ返るような夏草のにおいに強烈につつまれて、「こんなに草の香りがきつくてみんないやじゃないのかな、大丈夫かな」と思っていた。
クラスのあと、みんなに「あの香りすごくきつかったけど大丈夫?」と尋ねると、どうもそんな香りなんて感じなかったとのこと。
わたしだけだったのかな?

ふたつめのクラスに参加していた方も、とっても綺麗な色が見えたとか、眉間がじんじんして痛いとか、背骨に綺麗な水が流れたみたいとかいろいろ・・・。

秋の風がみんなの身体を通り抜けたのかな?

そんな日もある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

摩耶山ピクニックヨーガ 秋

Nec_1575空気がどこまでも澄んで、外に出かけずにはいられない素晴らしい季節です。
今年最後の外ヨーガイベントのおしらせです。

日時 10月11日月曜日 体育の日 11時くらいから

場所 摩耶山山頂 掬星台広場

持ってくるもの ヨガマット・防寒具(山の上はものすごく寒いです)・お弁当

参加費 ドネーション(寄付)

摩耶山はケーブルでも徒歩でもあがれます。
電車からの乗り継ぎをされる方は、六甲まやエンジョイパスが便利です。(阪急もあります)

ハイクアップされる方は朝8時前に阪急王子公園の東出口に集合です。
(時間厳守:8時にその場にいなければ出発します)
徒歩約2時間半から3時間の道のりです。

今回は塚本担当のヨーガのあと、植物園のヨーガで知り合ったアカリさん率いる4名の素敵な先生たちがナダヨーガ(音のヨーガ)を伝えてくれます。
お楽しみに。

雨天中止です。
前日に必ずこのブログで催行状況を確認してください。
お申し込み、お問い合わせはこちらまで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しい季節のはじまり

Nec_2338 Nec_2339 Nec_2342「矢野を出せよ!」と球場中のみんなが思っていた。

9回の表、選手交代でも矢野選手の名前は告げられなかった。
球児が投げ始めても、鳴り止まない矢野コール。
勝ち負けはともかくとして、雨の中みんなが待ち続けたのは、甲子園でもう一度球児とバッテリーを組む矢野選手の姿だったのに。

たぶん監督が岡田さんだったら絶対に矢野選手を出しただろうなあ。
そういう采配に男気のある人だったから。

試合後の引退セレモニーであんな風にたくさん花束渡すよりも、もう一度この甲子園でグラブを構えることこそ花をもたせることではなかったのか。

選手の気持ちをひとつにまとめて走り続けた司令塔の矢野捕手。
ライトスタンドも彼のふりしぼるような挨拶に涙がとまらない。
でもこうして(高知のリトリート中にチケットをみんなが電話してとってくれた)甲子園での最終戦で矢野選手を目の前で拍手とともに見送れてよかった。

「また必ずこの甲子園にかえってきたいと思います」と。早く監督として帰ってきてほしい。
選手人生というひとつの季節が終わり、新しい季節のはじまりだ。
心からの応援と感謝の気持ちをこめて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »