« ふたがないということ | トップページ | 甲子園口北市民館 8月クラス開催日 »

2010年7月20日 (火)

呼吸から整える

Nec_1761梅雨明け10日の激しい暑さのためか、ここのところ、浅くて速い呼吸の人が多い。
ヨーガを始めるまえに、ゆっくり仰向けになって心身を整えてゆくのだが、みんなのお腹や胸の動きにざわつきがある。
屋外と屋内の気温差に皮膚が対応しづらく、身体も疲れやすいのだろう。

こういうときこそ、深くて長い呼吸を。
浅くて速い呼吸は、交感神経を、深くて長い呼吸は、副交感神経を優位にさせる。
副交感神経が優位の状態の身体は、自らのもつ自然治癒力がとても働きやすい状態を保つのだ。

調身・調息・調心。
ゆっくり体の状態を整え、呼吸を整え、そのあとに静かに心が整う状態がやってくる。

心身をリフレッシュさせるなら、吸う・とめる・吐くを、1:2:2の比率に。
4で吸うなら、8とめて、8で吐く。
この呼吸を数分静かにくりかえすだけで、身体も心も驚くほどさわやかになる。
暑くて身体が疲れやすいときこそ、呼吸から整えよう。

|

« ふたがないということ | トップページ | 甲子園口北市民館 8月クラス開催日 »

呼吸について」カテゴリの記事

コメント

呼吸は普段あまり意識していませんが、体を整える基本的で大事な事なんだなと、リズムよく呼吸できない時ほど感じます。

投稿: | 2010年9月 1日 (水) 05時57分

生まれたときから、最後のときまでずっと続けていることですものね。
私は呼吸のあり方こそが、身体や心をつなぐキーになっていると感じます。

ぜひゆっくり大きな深呼吸を。

投稿: MARI | 2010年9月 2日 (木) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸から整える:

« ふたがないということ | トップページ | 甲子園口北市民館 8月クラス開催日 »