« 身体の声 | トップページ | 自分のなかの眠れる力 »

2010年7月 6日 (火)

竹光侍

Photo今回まとめて買った本のなかの一冊。

楽しみにしていた竹光侍の最終巻が出ていたので喜んで読む。

松本大洋の作品はひとつひとつ味があって、どれも大好きなんだけど、この作品はこれまでとは趣を逸してずいぶんしぶい和ものである。
絵柄もこれまでとはがらりと変わり、また新しい境地という感じ。

井上雄彦の非の打ち所がない絵の上手さではなくて、この人は独特で、どのページを切り取って部屋に飾ってもいつまでも眺めていたいような絵。

久しぶりに名作と呼べる作品と出会えて幸せだ。
コミックでも読み物でもなかなかこのレベルに最近出会わなかったので。
これは手元においておきたいコレクションだ。

|

« 身体の声 | トップページ | 自分のなかの眠れる力 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹光侍:

« 身体の声 | トップページ | 自分のなかの眠れる力 »