« 透明な光 | トップページ | 戸隠番外編 森の音 »

2010年5月30日 (日)

身体に響くもの

Img_5363 Img_5374 P5300424 P5300427 P5300432 P5300436 P5300447 P5300451 P5300461 P5300468 P5300476 P5300477_2 P5300480戸隠リトリート最終日。

夜明けとともにおきて、ジャラネティ。
霧に包まれた森を歩いて森の広場へ。
朝露でしっとりとした芝生に輪になってならんでヨーガ。
たくさんの鳥の声、風の音、森の冷気。
いろいろなものが身体に響きながら、自分も一緒に共鳴しているのがわかる。
わたしたちもこんな大きな生命のなかのほんの一部。
この空気は忘れられない。

名残をおしみつつピノキオをあとにする。
森のなかをそぞろ歩きして、ほどなく「ベッカライ麦星」さんへ。
麦星さんが
全粒粉のピザ生地を発酵させてくれていた。
みんなで伸ばしてピザ生地を広げ、思い思いの食材をのせる。

薪でほどよく温度のあがった手作りの窯にピザを入れて、焼き上がりをみんなワクワクしながら待つ。
薪の力でパリッと焼けたピザはぺこぺこのお腹に響き渡った。
寝転んだり、犬のロッコと遊んだり、四葉のクローバーを探したり(みんなたくさん見つけていた・・・そんなにあるものなのか?)、自由に楽しむ。

一人ずつ天然酵母のライ麦パンをお土産にいただいて、記念写真。
今回は人数制限があったので、公募は行わないリトリートでしたが、みなさんがよってたかって楽しくしてくれて、たくさんのご縁も新しく紡がれ、とても素晴らしいものになりました。
山の神様の息吹のような霧につつまれたり、森の香りやおひさまにつつまれたり。
お天気にも恵まれ、みなさんのおかげで最高の三日間でした。
心から感謝しています。
これからもこのご縁が続きますように・・・そしてまたお会いできることを心待ちにして。

|

« 透明な光 | トップページ | 戸隠番外編 森の音 »

戸隠リトリート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身体に響くもの:

« 透明な光 | トップページ | 戸隠番外編 森の音 »