« 戸隠リトリートご参加予定のみなさんへ | トップページ | 代行のおしらせ »

2010年4月19日 (月)

春の香り

Nec_1961 Nec_1966 Nec_1967 Nec_1970 Nec_1969今年は天候不順からか木の芽のふくらみが遅い。

山のそばに住んでいらっしゃる方から「まだ早いかもしれないけどね」と言われつつ、タラノメ探しにゆく。

たしかに森の中はまだ芽がでたばかり。
少し日当たりのよい斜面はよく探せばタラノメやハリギリ、コシアブラが見つかった。

この山はまるで山椒の森のように、野生の山椒がそこかしこに生え、とてもいい香り。

しかし、山椒をはじめトゲのある植物はトゲのあるものを呼ぶのか、タラもカラス山椒も、そして足に巻きつく野ばらもすべてトゲトゲ。

春の山菜はほろにがく、あおいいい香りがする。

|

« 戸隠リトリートご参加予定のみなさんへ | トップページ | 代行のおしらせ »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の香り:

« 戸隠リトリートご参加予定のみなさんへ | トップページ | 代行のおしらせ »