« ボルダリングセッション | トップページ | たとえゆっくりでも »

2010年4月12日 (月)

遊び人

Nec_1945 Nec_1950 Nec_1947 Nec_1949 Nec_1948 Nec_1954Kさんが、「家に窯をつくった!
ピザを焼くから食べにおいで」と誘ってくれた。

琵琶湖にお花見カヤックで出かける予定だったが、雨で中止になったので、滋賀県の北のほうのK氏の別宅にでかける。

住んでいるところとは別に、田舎の使われなくなった旧家を土地とともに安く買い取って、改造に改造を重ねている遊び家である。

大きな桜の木の下の小さな平屋の扉を(ここも手作り)ぎーっと開けると。
どかーんと天井に合板で手作りしたカヌー。
家のなかの壁と天井と床を(自分で)ぶち抜いて、断熱材を入れたり、床を固めたり、リハウスというかもう骨格以外作り直し・・・。

「初めて来たときは、畳もくさっていて、歩いたらズボッと足がはまり、お化け屋敷みたいだったの」と奥さんが。
それを、週末のたびにやってきてこつこつと手をいれ(ぶっ壊し)、小屋を作り、遊び道具を運び込んだ模様。

カヌーやマウンテンバイク、クライミングギアからホッケーの道具まで、ぎっしり。

耐火煉瓦を買ってきて、しっくいを塗り固め、自分で作った窯でピザを焼く。
奥さんが発酵までさせておいてくれたピザ生地を一緒に伸ばしてトッピング。
薄くかりっとした生地は窯にいれるともうすぐに香ばしい香りを放つ。
炭火で2~3分で焼きあがるのである。
こんなに美味しい炭火で焼いたピザは初めてだ。

その後パン生地をダッチオーブンに入れて、おき火の窯の中にいれて放置。
気付いたらおいしいパンが出来上がっていた。
蜂蜜やルバーブの手作りジャムをつけて、庭にぼうぼう生えているハーブでフレッシュハーブティを作り一緒にいただく。
身体の細胞がよろこんでいるのがわかる。

2人はフルタイムの仕事をしながら、休みのたびに2時間かけて自宅からここに通い、こんな風に遊んでいる遊び人である。
犬も嬉しそうに遠くを走り回っていた。

次回はお庭でヨーガをやる予定である。

そしてお2人、次は庭に家をたてていくつもりらしい。
電気工事配線の資格も勉強して取ったとのこと。
大人の手作り遊び、どこまでいくのか楽しみだ。

|

« ボルダリングセッション | トップページ | たとえゆっくりでも »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊び人:

« ボルダリングセッション | トップページ | たとえゆっくりでも »