« 2010年 2月親子ヨーガ(北堀江クラス)のおしらせ | トップページ | ここへ届けよう »

2010年1月25日 (月)

素直なこころとリラクゼーション

Nec_1278ヨーガのクラスをもっていると、その日の気の流れというか、その日そこにいる人々の雰囲気を肌で感じるようになる。
外だったらもちろんお日さまや風の具合も、木々のざわめきも影響するが。

初めてのクラスではすこし張り詰めた緊張感もあるし、自分の内側にすーっと入っていくのが上手な方々のクラスはわたしも澄んだ湖のなかに座っているよう。

一人でも敵意というか心が閉じきってゆだねてくれない感じの人がいると、そこからトゲみたいなものが出ていて、冷たく、重く、黒っぽい感じに見えるのである。
まあ、あくまで感じだけど。

今日のクラスは実はとてもいい感じの気というかプラナをわたしは感じていて、とても静かな、みんながいるようないないようなそんな穏やかさ。
たまにこういういいハーモニーの時がやってくる。

ここのクラスではまだ一度も倒立をお伝えしたことはなかったんだけど、「きっと今日やってみるといい」とふと思って、最後に簡単にやりかたを伝えてからみんなで倒立してみる。
みんな怖がることもなくとても素直である。
信頼してすーっと足をあげてくれる。
わたしがその場を離れてもきちんと自立できている。(全員できた!)

倒立は面白い。
筋力だけでもだめ。心の落ち着きのない日はやはりしっくりこないし、力が入ってしまう。
その日の自分の身体と心が鏡のようにはっきりわかるアサナである。
今日のみんなは無駄な力の抜けたとてもいい状態だったとおもう。
倒立には素直な心とリラクゼーション。

|

« 2010年 2月親子ヨーガ(北堀江クラス)のおしらせ | トップページ | ここへ届けよう »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。

全員できた!ってすごいですね。
みなさん、素直な心の持ち主なんですねぇ!!

鏡のようにわかるって本当にそうですね。

うまく出来ない日は体調は良くても
気になることを手放せず心に残ってる日だったり。

気分が良い日限定で家でもヨガの練習をしています。

倒立も挑戦してみようって意欲が湧けばやってみてます。
背中から倒れることは、ほぼなくなりましたが
もし背中から落ちても大丈夫なように布団を置いて。

スッと腰と足が伸びても
毎回何か感覚が違うような感じがあります。

自分は毎日、少しずつ違うし
本当に全く同じ日ってないんだなーと
至極当たり前のことに妙に感心したり(笑)

投稿: こさと | 2010年1月26日 (火) 10時56分

ふむふむ、なんかいい感じでヨーガを楽しめてるね。
自分の生活のスパイスに、よりよく生き楽しむ智慧として取り入れるにはとても素晴らしいエッセンスだと思います。

私はヨーガになにかを求めすぎるのも嫌いなんだよな。
これを行じていれば絶対に変わるとは全く思わないし。
ヨーガをお伝えする仕事をしているけれど、ヨーガだけがすべてみたいな考え方じゃなくて、うんこれはいいなと思うものはどんどん試していこうと。むしろヨーガばかりをうたっている人たち見ると偏狭すぎて怖い。

こさとちゃんみたいに、日々の生活に自分のサイズで取り入れていくのはとってもいい関係だと思います。

ENJOY!

投稿: MARI | 2010年1月27日 (水) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素直なこころとリラクゼーション:

« 2010年 2月親子ヨーガ(北堀江クラス)のおしらせ | トップページ | ここへ届けよう »