« ふたたび雪山へ | トップページ | 暴風雪 »

2010年1月 4日 (月)

テレマーク 佐渡山

Nec_1774 Nec_1776 Nec_1780 Nec_1781戸隠連峰の佐渡山へ。

平日なので、車もなく山の中はとても静か。
お正月に乙妻山や高妻山にむかったひとのトレースが残っている。

佐渡山への尾根線への上り口で地元のテレマークのおじさんに会う。
「こっちは誰も入っていないからラッセルだねえ」といいながら、さくさくと尾根を登り、雪にトレースをつけて歩きやすくしてくれる。

は、速い。
まったく追いつけない。
わたしがまだゆっくり頂上に向かっているとき、するすると滑ってきて「お天気が変わってきたね、雪になるかもしれないから早めにね。
もうちょっとで頂上だから楽しんで」と。

いいなあこういうスタイル。
地元の山での遊び方を知っている。
とにかく最新のウェアでばしっと決めた人たちより、こういう古い道具をきちんと使いこなしている人は魅力がある。

ニュージーランドで滑っていたときの地元の友人は、おじいさんの使っていたテレマークブーツと板を使いこなしていた。
皮のよく手入れされたブーツと、皮のバンドで靴をくくりつけるビンディング、細くて長い板。
本物の動物の皮のシール。

私ももういちど皮のブーツをだしてはいてみようかな。

|

« ふたたび雪山へ | トップページ | 暴風雪 »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

まり先生、あけましておめでとうございます。

私もとうとう雪山デビューしました~
昨日、三峰山に霧氷ハイク行って来ました。
360度の霧氷、めちゃくちゃキレイでした。

連れて行ってくれたのが三峰山の地元の人と、
山ショップで働いてる本気山女子だったのですが、
ちょうど「山でオシャレな人は大抵初心者、
ベテランほど普通っぽい格好してる」
という話を聞いたところでした。

それにしても雪の中歩くの楽しかったです☆
(今日は筋肉痛ですが。)


投稿: 店長 | 2010年1月 8日 (金) 10時23分

冬山は行ってみないとその美しさも、雪が音を吸い取ってしまう静寂もわかりません。
なぜこんな寒いときに山にといわれるけれど、少しその良さ(怖さももちろん紙一重ですが)を楽しんでもらえたかな。

冬には冬の遊びが出来る四季のある国に生まれてよかった!

投稿: MARI | 2010年1月 9日 (土) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テレマーク 佐渡山:

« ふたたび雪山へ | トップページ | 暴風雪 »