« 「振り返れば青い空」 | トップページ | 学びの場 »

2009年12月 6日 (日)

山歩きとボルダリング

Nec_1669 Nec_1661 Nec_1662 Nec_1664 Nec_1665 Nec_1666 Nec_1667 Nec_1670天候も申し分ない小春日和。

ヨーガグループ山岳部のKちゃんと芦屋川から歩き始める。
巨石の転がる荒地山に歩きにいこうと約束していたので、薄いボルダーマットと2人分のシューズを持参して、Kちゃんにミニボルダリング講習。

鷹尾山を越えてごろごろとした岩塊が見えてきたら荒地山。
ロックガーデンのほうを見下ろすと、最高峰に向かう人々が数珠繋ぎの大渋滞。
それに比べてこの荒地山は時折一人歩きの人とすれちがう程度、快適なコースである。

山歩きはだんだん岩歩き、そして岩のぼりになってくる。
岩梯子といわれる岩塊を過ぎると、見晴らしのいい岩の上へ。
昼寝をしてしまいそうにポカポカとあたたかい。

お弁当をたべてからボルダリングに挑戦。
初心者からでも楽しめる低いボルダーもいくつかあって入門には手ごろである。

山歩きもボルダリングも楽しめる手ごろないいコースだ。

|

« 「振り返れば青い空」 | トップページ | 学びの場 »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

お天気最高でしたね~。
山歩きにプラスボルダリングのオプションまでつけて頂いて、大大大満足です。
あの場所をチョイスしてくれたって事が、おっきいです。
人目を気にせず、自分のペースで遊べたのが嬉しかったです。
山へ出かける時、ついつい岩に目がいきそうです(笑)。

投稿: K | 2009年12月 7日 (月) 23時27分

そうなんですよ、こういうのが大人の遊び。
スラブやマントルは外岩のしかも花崗岩でしか楽しむことが出来ません。

荒地山いいところだったね。
これからは石垣をみても「登れるか登れないか」という目で見るようになると思います。

ボルダリングは独立した遊びじゃなくて、山遊びの延長です。
また行きましょう。

投稿: MARI | 2009年12月 8日 (火) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山歩きとボルダリング:

« 「振り返れば青い空」 | トップページ | 学びの場 »