« 再会 | トップページ | 企画募集中 »

2009年11月 5日 (木)

また会う日を

Nec_1607 Nec_1608 Nec_1609 Nec_1610気持ちのいい朝、マナミハウスの近くの神社を散策しながらユキさんのヨーガクラスに向かう。

メトロの一区間だけ、内臓が飛び出そうなラッシュに遭遇。
と、東京の人はすごいな、毎日こんなのだったら会社行くのいやになるだろうに。

ユキさんともリシュケシュ以来。
穏やかなリードで2時間みっちりのクラスは熟練を感じさせるとても素晴らしいものだった。
シヴァナンダもアシュタンガもアイアンガーも全てうまくいいバランスで取り入れられ、きちんと彼女の身体からあふれるものとして伝えられている。
またぜひチャンスがあるたびにユキさんのクラスはぜひ参加したい。

身体も心もすっきりし、フライトの時間までオリエちゃんと上野公園の国立科学博物館へ。
となりの上野の森美術館では「聖地チベット ポタラ宮と天空の至宝展」。
中国政府によるチベットの文化宝物の強奪展じゃないか。
ダライラマ法王やたくさんのチベット人を追い出し、略奪の限りを尽くして持ってきたチベットの遺産をきらびやかに全国の美術館で展示するなんて、そのずうずうしさに驚く。

隣の国立科学博物館は古いがしっかりと美しい建物で、(たしかにマナミ画伯が一日中いてしまうというくらい)展示も面白く、階層ごとにテーマも異なり久しぶりにわくわく。
宇宙・恐竜・いきものなどすべてのハーモニーがとても自然に描かれていて、立体展示の素晴らしさを味わった。
恐竜の骨で実物大のものが再現されていて、フロアに誰もいないと動き出しそうである。
博物館の外には実物大のシロナガスクジラが。
海の中でこんな大きな生き物に出会ったら、感動してふるえてしまうだろうな。

恐竜の中でも好きなトリケラトプスの組み立てキットを買った。

短いバケーションだったが、旧友たちとの再会も二日間の知らない街歩きもとても刺激になった。
旅先でであった気の置けない友人たちとはこうやって人生の要所要所で再会するのもなのだろう。
また会う日を。

|

« 再会 | トップページ | 企画募集中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また会う日を:

« 再会 | トップページ | 企画募集中 »