« れんげ | トップページ | まんが経穴入門 »

2009年11月 8日 (日)

バンフマウンテン フィルムフェスティバル

Photoパタゴニアの友人からお誘いいただき、モンベルのMちゃんとともにバンフ国際映画祭へ。

世界中からあつめられたアウトドアエクストリームスポーツ実写の数々、環境問題にフォーカスした作品など、カナダのバンフで300本以上応募されたもののなかから受賞作ばかりをまとめた映画祭。
大阪では一日だけの開催だけど、いるいる、やっぱりカヤッカーやクライマーの友人、ヨガの生徒さんにもばったり。

10本のフィルムはどれも秀逸だったけれど、わたしはなんといっても「The Sharp End」というクライミングフィルムが素晴らしく釘付けだった。
映像やカメラワークが素晴らしいだけではなく、テーマがとてもはっきりしているのだ。
ただ難易度の高いクライミングを目指すのではなく、スタイルを尊ぶ登りかた。
岩にボルトを打たないナチュラルプロテクションによるクラッククライミングに始まり、東欧のローカルたちのチョークや鉄も使わない(ということはカムもナッツも使えない)クラッククライミング。
じゃあどうやってプロテクションを決めるのかというと、ロープに結び目を作ったものを何本か持って行き、それをクラックにはめこんでカム代わりにするのだ。
岩を傷つけない汚さない、あとを残さないシンプルなクリーンクライミング。
名誉欲のない、ただ登ることを楽しむ人たちの素晴らしいスタイル。

ヒマラヤでの過酷な状況下でのエイドクライミング中(顔も身体も風雪で凍り付いて岩だなでビバークしているとき)、「インドアのやつらがうらやましいよ」ととあるクライマーが言うひと言が面白かった。
たしかにクライミングとひとまとめの言葉でくくられるけど、全く別物だからな。

そして、私が最も敬愛する夫婦のクライマー、ディーン・ポッターとステッフ・デイヴィスのフリーソロの(見ていて息するのも忘れた)素晴らしい登り。
彼らの岩との対峙、そして自分との対峙が映像からもひしひしと伝わってきて、揺り動かされる。
そして、ベースジャンプという手法を組み入れることによってまた新たな可能性にチャレンジするディーン・ポッター。
アイガー北壁(TheNorthFace)をフリーソロで挑み、フォールのときに心もバランスもコントロールしてベースジャンプに切り替えるのである。

このクライミングフィルムだけでもまた上映されるならぜひどこにでも見に行きたいくらいだ。素晴らしい映画祭だった。

|

« れんげ | トップページ | まんが経穴入門 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。バンフM.F.フェスティバルで、声をかけさせていただいた矢野です。(谷口先生のところの)
ブログ、楽しく読ませていただきました。
塚本先生は、文章を書くのが非常に上手ですね。
感心させられっぱなしでした。
そして、何よりPATAGONIANな生活をしてはりますね。
私もーレベルはともかくー波乗りは大好きです。
大岐の浜も大好きなポイントの一つです。
実は、バンフM.F.フェスティバルに誘ってくれたのは、土佐清水市出身の友人です。
GERRY LOPEZ氏の大ファンで、私がヨガを
始めたきっかけの一つでもあります。
また外ヨガのイベントがあれば、可能な限り参加したいと思っています。
今月は、矢野家にとってイベントが盛りだくさんで、今日の夜から、10日間、嫁さんとトルコ旅行に行ってきます。(サーフトリップでないのがちょっぴり残念ですが・・・)
もちろんヨガのクラスを出席してからの出発予定です!
帰ってきたら、またブログを拝見させていただきますね。
では では。 PEACE。

投稿: 矢野 光男 | 2009年11月10日 (火) 17時00分

まり先生、お久しぶりです!
ようやく坐骨神経痛から復活しつつある店長です。
いや~約1ヶ月間の寝たきり生活、いろいろ考える
時間がありました~

ところで私は今、沢木耕太郎さんの「凍」を再読中です。
ご存知かもですが、登山家の山野井夫妻のノンフィクションです。
クライミングの話も出てきます。
これ読む前にTRANSITというムックの
ヒマラヤ特集読んでヒマラヤ行きたい病です。
初心者でも歩けるトレッキングツアーも
あるようなので、来年チャレンジしたい・・・!

と、その前にまたヨガのレッスン、お邪魔しますね。

投稿: 店長 | 2009年11月10日 (火) 23時15分

矢野さん

映画祭で偶然お会いできて嬉しいです。
ゆっくりお話できませんでしたが、またぜひ外ヨーガでもお力を貸してください。
矢野さんも波乗りされるんですね!
私も(レベルはともかく)大岐の浜ではいつも大きなエネルギーをもらいます。
ぜひ来年は大岐でヨーガを。

そしてトルコに今日からご出発なんですね。私もとても行ってみたい国のひとつです。
ぜひいっぱいいいものに(悪いものにも)触れて楽しんできてください。
旅レポートお待ちしています。
Enjoy and have a great trip!

投稿: MARI | 2009年11月11日 (水) 07時11分

店長ちゃん

復活されましたか!
妖精ちゃんたちからお話を伺い、心配していました。
なにも力になれずにごめんね。
無理のない程度にまたヨーガで身体の流れや心の流れもよくしていきましょう。
ぜひお待ちしています。

山野井夫妻は本当に尊敬するすばらしいクライマーです。
よかったら山野井さんの「ソロ」も、そして新田次郎著の「孤高の人」などもお読みください。

投稿: MARI | 2009年11月11日 (水) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンフマウンテン フィルムフェスティバル:

« れんげ | トップページ | まんが経穴入門 »