« さるなしとえびづる酒 | トップページ | チェブラーシカの »

2009年10月22日 (木)

落葉樹の森へ

Pa220750 Pa220754 Pa220755 Pa220763 Pa220765 Pa220775日帰りで原生林の残る森へ。

ミズナラやブナ、杉の原生林のおおく残るこの森は美しく豊か。

聞こえてくるのは空気を裂くように鳴く鳥の声と落ち葉を踏む自分の足音。(と熊よけの鈴の音)

時折哀しそうな声で鹿が鳴く。
広葉樹の多い森は保水力がゆたかなので土や木のいい香り。

いくつかキノコを見かけたが、図鑑と見比べるとどうも毒のあるツキヨタケのようである。
春には見かけなかったキノコがたくさん顔を出していて秋の森もにぎやかだ。

|

« さるなしとえびづる酒 | トップページ | チェブラーシカの »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落葉樹の森へ:

« さるなしとえびづる酒 | トップページ | チェブラーシカの »