« 和歌山片男波 秋のヨーガイベント | トップページ | 落葉樹の森へ »

2009年10月21日 (水)

さるなしとえびづる酒

Nec_1570 Nec_1580 Nec_1579先日主人が採取してきたさるなしとえびづるの茎をとりはらい、水洗いして少しおひさまに干した。

重量比を計算して氷砂糖とブランデーリカーで漬ける。

さるなしはとっても小さいキウイ。
食べると本当に濃縮されたキウイの味がする。

えびづるは山葡萄にそっくり。
一粒一粒取り外してきれいにする。
さて、半年後どんな味になっているか楽しみだ。

|

« 和歌山片男波 秋のヨーガイベント | トップページ | 落葉樹の森へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本酒同様、つくり手の思いが味に出るんじゃないかと個人的には思ったりして。
半年のあいだ、なでなでして育ててみて下さい。半年後の宴、今から参加予約お願いします。

投稿: K | 2009年10月22日 (木) 09時06分

そうやね、なでて育ててみます。
毎日様子を覗き込んでいます。
だんだん果実成分が出てきたきがする。
昨日山の中でさるなしを見つけたので、さるのように飛びついて食べました。
宴会ご予約賜りました、お待ちしています。

投稿: MARI | 2009年10月23日 (金) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さるなしとえびづる酒:

« 和歌山片男波 秋のヨーガイベント | トップページ | 落葉樹の森へ »