« 強制レスト | トップページ | 明日の月の光ヨーガやります! »

2009年10月 3日 (土)

風邪は身体の調整作用

Nec_0996整体の野口先生の「風邪の効用」は私が繰り返しことあるごとに読む名著。

身体に疲れがたまり、オフバランスになったとき、身体がその機能を調整するために風邪をひくことになると。(風邪をひくことによって強制的に休まされると)

そして溜まった悪いものや疲れを追い出して、すっきりと澄んだ状態にもどしてくれると。
たしかに風邪をひいて通り過ぎた後の身体はなんだかすっきりとても軽い気がする。

ずっとかすれ声や咽喉のひりひりした感じを、声をつかうものの職業病と思ってのど飴などを食べ続けていたが、こうやって風邪をひいてグッスリ眠ったいま、声も出るし咽喉の痛みもまったくなくなっている。
休めというメッセージだったんだな。
でも日常やりたいことがいっぱいで走り続けているので、こうやって熱でも出ない限り私の動きが止まらないから、風邪をひいたのは神様の忠告だったんだと思う。

下記に風邪の効用のエッセンスをお伝えします。
風邪をひいたとき読み返してください。

みなさんにとっても、風邪は悪いものではなく身体の調整作用。
頑張りすぎのメッセージ。
そして無理に薬で症状を抑えたり、解熱剤で熱をさげるのは危険なことです。
菌やウイルスを殺すために身体が頑張って熱を上げているのに、勝手に下げてはいけないのです。
抗生物質などの菌を殺す薬を飲むと、悪い菌も死ぬけれど身体の中のいい菌も死んでしまうのです。
腸内細菌が死んでしまうので、免疫力までがくっと落ちてしまう。
風邪をひいたらとにかく保温してたくさん水をのんで、安静にして免疫系が働きやすい環境を作ってあげるのです。
食べ物はいつもより消化しやすいものをほんの少し。
消化器系は身体の内臓の多くの部分を占めるので、動かすのにとてもエネルギーがいります。
それを少しですむようにして、免疫系にエネルギーがまわるようにしてあげます。

ストレスがかかると免疫系の機能が落ちるので、テレビやパソコンなどの外界との情報を断ち、自分の好きな音楽でもかけてとにかくぐっすり眠り、通り過ぎるのを待ちます。

風邪は身体の調整作用。みなさんもそのメッセージを聞き逃さないでね。

|

« 強制レスト | トップページ | 明日の月の光ヨーガやります! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風邪は身体の調整作用:

« 強制レスト | トップページ | 明日の月の光ヨーガやります! »