« そばにいつづけるということ | トップページ | こさとパン »

2009年8月10日 (月)

チベット占星術

Img_4538Tibetan Medical & Astro Institute(メンツィカン)からメールが届いた。

3月にダラムサラに行ったときにメンツィカンを訪れて診察を受けたとき、敷地内にあるAstro Institute 占星術部門にも寄ってみた。

ここでは自分の生まれ時を基準にその人の運勢や暮らし方への指導なども行ってくれる。
ただ、占いが出来る医学博士が数人しかいないので、行ってももちろんその日になんて占ってもらえない。
リストに名前や生年月日など占いに必要なものを書いて帰ってきたのだ。
それで、5ヶ月たってやっと占ってもらえる順番が廻ってきたというお知らせのメールなのである。
自分が今でも占ってほしいと思うなら、ダラムサラに電信送金することになる。
それから占い開始なので、結果はまた1~2ヶ月先になるだろうけれど。

楽しみだ。

|

« そばにいつづけるということ | トップページ | こさとパン »

インド」カテゴリの記事

コメント

今、インドの経済状態はどうなってますか?昔は貧富の差が大きくて、路上で生れて、路上で死んでいく人が、たくさんいましたが、今はどうなのかな?知ってたら、教えてください。

投稿: テレサ | 2010年8月12日 (木) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チベット占星術:

« そばにいつづけるということ | トップページ | こさとパン »