« 妖精ちゃん | トップページ | ハッピーヨガ Ⅱ »

2009年8月21日 (金)

選挙 思い出すことなど

Nec_1218 学生時代に選挙カーに乗って声を出しながらみんなに手を振るうぐいす嬢のアルバイトをやったことがある。

最初の数日は名前をとにかく覚えてもらうために名前の連呼。中盤戦になったら、とにかくクルクルと街をまわり、「お手をふってのご声援まことにありがとうございますー!」などと笑顔で叫ぶ。
何分かおきに座席をかわって、他のうぐいす嬢と変わるんだけど、とにかくお腹が減る。
座って声を出しているだけなのに、こんなに空腹になるのかと思うくらい。
支援者さんたちがおにぎりなどを作って差し入れしてくれるので、もりもりと食べてまた車にのるのである。

選挙戦が終盤になってくると、もう泣きの訴えで「どうか皆様のお力で国政の壇上に押し上げてください!」と声を詰まらせる。
わざとではなくて、感情が高まるとなんだか勝手に涙声になってくる。
私はまったくその政党にも候補者にも興味はなかったんだけど、俳優さんとかってこうやって自分の感情をもりあげていくと自然に演じてしまうのかななどと思いながらも声をからして叫んでいた。

まあこれはこれで思い出なんだけど、もうちょっと続きが。
そのころの私は思ったことがすぐ口に出てしまうタイプだったので(今はちょっと頭で考えてから口に出すんだけど)、選挙事務所でずらりと貼ってあるポスターを見たときポロリと「みんな悪そうな顔してますねえ!」と候補者の奥様に言ってしまった。
(だって本当にあくどい感じの顔ばっかりだったから・・・)
奥様は面白がって、「どれ?どれが一番悪そう?」とたずねるので、また正直に「これ」と指差してしまった。
奥様は素直に「へえーそうかそうか。悪そうやもんねえ!」と大笑い。
でも候補者と同じ政党の方のポスター指差してそれは言ってはいけなかったのかなーなどと後から思ったりしたのだけれど。

でも後日談があって、私が指差した悪そうさん、数年後公職選挙法違反(ワイロ)で捕まったのだ。
わたしの目は間違っていなかったなあと!

|

« 妖精ちゃん | トップページ | ハッピーヨガ Ⅱ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

選挙、アフガニスタンでは大統領選で選挙妨害で死者が出てる傍ら、日本では若者の投票率低迷が問題視されて、国は今月末の選挙戦に向け資金を増やしてまで対策に乗り出している。
比べるにはあまりに違いすぎますが、こうみると日本の現状はなんかむなしいですね~。本当に投じたいと思える魅力的な立候補者がいなくても、私は自分に与えられた清き一票を無投票という形にはしたくないって思うんですよねー、他の国の選挙事情を思うとつくづく。

投稿: K | 2009年8月22日 (土) 01時11分

わたしは、これはという候補者がいないときは白紙投票にもするし、それでも無投票にはしないな。
意思表示の場だからです。
自分のまわりにも投票に行かない人がたくさんいて、誰がなっても変わらないからというけど行かなかったらもっと変わらない。
なんで自分の住んでいる国の行方に興味がないのかわからないな。
フランスの人と話していると、市民革命をおこして市民が権利を勝ち取った国だからか、みんなとても政治にも興味がある。
日本でも何十年か前までは一部の人にしか参政権がなかったというのに。
なんか日本のゆるさや平和ボケがはがゆいね。

投稿: MARI | 2009年8月22日 (土) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙 思い出すことなど:

« 妖精ちゃん | トップページ | ハッピーヨガ Ⅱ »