« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

月の光ヨーガやります!

Nec_1268明日晴れそうなので大阪港で月の光ヨーガやります!

時間 18時半から20時ころ(夕陽が沈むのが早くなったので少し早めに始めます)

場所 大阪港中央突堤のボードウォーク
    (地下鉄大阪港駅一番出口から港に向かって徒歩10分くらい)

参加費  ドネーション(ツボにいれてください)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオルなど下に敷くもの・飲み物・海風が寒くない洋服

18時20分くらいまでならハaハaハaさんで着替えさせてもらえます。
それ以降になる方は動ける格好でいらしてください。

終了後ハaハaハaさんのみんなで夏カレー(チャイ・サラダつき1800円)に参加される方でまだ予約メールをいただいていない方、連絡をお願いします。

ヨーガのみのご参加なら連絡不要です。

mari.henmi@gmail.comまで。

では夏の最後の香りを楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローフード クッキングクラスのおしらせ

Photoノリコ先生が企画したローフード(Raw food)クッキングクラスのおしらせです。

大地から近い食べ物にはプラナがたくさん詰まっています。
流通に冷凍で時間をかけたものより、その日の朝摘んだ野菜には何倍も。
だから食品は買い置きするのではなくて、出来る限りその日に食べるものはその日に手に入れるほうが、目にはみえないけれどたくさんのプラナを大地からいただくことになるのです。

店頭で食品を買うとき、みなさんもその食品の大地からの距離を考えてみてください。
たとえば、冷凍やインスタント食品にはもうプラナがありません。
ただ身体を維持してお腹をふくらますだけ。
自分の身体をつくるのは自分が口にしているもの。
プラナの少ない食べ物ばかり食べていると、エネルギーの低い身体になってしまいます。

大地のエネルギーを感謝していただく、そんなクッキングスクールが開催されます。
詳細はローフードクッキングスクールをご覧下さい。(他のところにピョンと飛ぶ技が出来るようになりました)
身体が疲れていたり、自分の元気が少し薄れているときは食べ物を見直すといいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

甲子園口北市民館 9月 ヨーガレッスンのおしらせ

Nec_0116 甲子園口北市民館 9月のヨーガレッスン日は下記の通りです。

火曜日 8日・15日・29日(和室)
木曜日 3日・10日・17日(会議室)

10時から11時まで
お部屋代の募金 500円をつぼに入れてください。

ヨガマットかバスタオル、動きやすい服と飲み水をご用意ください。

火曜日は森本・横谷が担当、木曜日は塚本が担当いたします。

秋、冬に向かう身体をつくり免疫力を高めるがテーマです。

お問い合わせはmari.henmi@gmail.comまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

キルタンとヨーガの集い

P8290495 P8290498 P8290510 P8290506 P8290500ミューラシアに素敵な祭壇が出来上がっていた。

この空間にはとてもよく似合うなあ。

キルタンレディースの穏やかなリードで、キルタンが初めてのみんなも一緒に歌いだす。
みんなで鳴り物を鳴らしながら歌うと気持ちいいというかとっても楽しいのだ。
祭壇のシヴァナンダさんを眺めながら、しかしいい顔したおっちゃんやなーと思っていると、にやりと笑ったような気がした。

時間は短かったのだが、ハッピーヨガのナオミちゃんを含めてみんながリードしてくれて場の空気もどんどん浄化されてきている。
(写真がぶれていて申し訳ないです、フラッシュをたかず、しかもみんな揺れながら歌い続けていて・・・というか私も揺れていて)

ミユキ先生の弾いてくれるリーラさんという楽器も本当にキルタンとぴったりというか、素朴で懐かしい感じの音。
これをうまく弾きながら、伸び伸びと歌うミユキちゃんの後ろに本当に神様が見える気がする。

おかげさまで第二部のヨーガも場のエネルギーの力をいただいたとても伸びやかなクラスになった。これはキルタンでみんながゆるんでいるおかげだな。
初めての方もたくさんいらっしゃったのだが、なんだか気がそろったいい感じ。

集まってくれたみなさんにいっぱいエネルギーをいただきました。
そしてキルタンレディースのみなさんにも心からの感謝をこめて。
また楽しいコラボイベントを企画します!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

高知リトリート ドロップインについて

Photoお問い合わせいただいた高知の大岐の浜でのリトリート中のドロップインのお知らせです。

満月の夜を含む朝夜3回のクラスは初心者の方でもご参加いただけます。
大岐の浜のビーチか、海癒さんの屋上で行う予定です。

4日金曜日 トワイライトヨーガ 17時半から19時

5日土曜日 トワイライトヨーガ 17時半から19時

6日日曜日 朝ヨーガ 5時半から7時

5日の朝は特殊な調気法を中心に行うので、日常的にヨーガを行っていない方はご遠慮いただいています。ヨーガを日常的に行っている方はご相談ください。
朝ヨーガについては、ジャラネティで鼻のクリアから始めます。
各自ネティポットを持参してください。お持ちでない方はこちらからいくつか持参します。

いずれも参加費は一回1000円になります。
ツボにいれていただくか、海癒の岡田さんに声をかけてください。
ヨガマットか下に敷くものを持参してください。

海癒 

お問い合わせはmari.henmi@gmail.comまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

ネガティブキャンペーン

Nec_1481アメリカでは以前からあって文化の違いだなあと思っていたネガティブキャンペーン。

今回の選挙ではけっこう日本の政党もやっているようで、CMを目にすることが多い。

いやー、他党の悪いところを言って足をひっぱるんじゃなくて自分が具体的にどうしていきたいかじゃないのか。
わたしはこのネガティブキャンペーンというやり方が嫌いで、そんなもん映像で流す暇があったら、立候補者同士の討論をやってほしいのである。
マニフェストとかきれいに紙に書いたような内容はどうでもいいから、自分がどんなふうに考えているかを自分の言葉で聞かせてほしいのだ。

まあいずれにしろもう期日前投票しちゃったけど、メディアももっとわかりやすく各党の意見の違いが浮き彫りになるような番組を作ってくれないかな。
それが役割じゃないかと思うけど。

悪口ばかり言ってる人の顔ってくずれていて怖い。
ネガティブな人はネガティブなカルマを引き寄せているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

満月ヨーガ 9月のおしらせ

9月5日の満月ヨーガはミユキ先生が担当してくれます。

塚本は高知のリトリートで満月ヨーガを開催予定です。

ミユキ先生のブログにぴょんと飛べるようにしたかったのですが、やり方がよくわからないので申し訳ないですがミユキ先生の記事をコピーして貼りました。

            満月ヨーガイベントのおしらせ

満月の光の中、宇宙と地球のエネルギーを感じながら、ゆったりとyoga時間を・・・

日時 9/5(sat)
    ヨーガ       18:30~20:00
    プチキルタン会 他20:10~21:00

場所 大阪港中突堤
    最寄駅 地下鉄大阪港駅①番出口より徒歩10分
    海がある方に歩いた突き当たりのデッキ
参加費 ドネーション(寄付)

持ち物 ヨガマットかバスタオル、動きやすい服装(更衣室等はございません)、お水、グラスに入れたキャンドル


今回のヨーガは・・・
気の通り道であるナーディを浄化するため、呼吸法をじっくり時間をかけて行います。
そして瞑想を長めに・・・満月の力をお借りして自分の内側を観察する時間にあてたいと思います。
(もちろん太陽礼拝、月礼拝、アーサナも行いますが、今回は呼吸法と瞑想がメインとなります!)

さらに・・・
ヨーガ終了後、そのままキャンドルを囲んでプチキルタン会(マントラ音楽)を行います。
当日、体に優しいスィーツを販売させて頂きますが、数に限りがありますのでご参加希望の方は、各自おやつやフルーツ等、何でもいいのでご持参くださいね。


みなさんとステキな月光浴ができますように・・・

Om shanti

追記:ご予約不要ですので、直接お越しください。


ミユキ先生のブログ
雨天は中止になるので、前日必ず催行かどうかチェックしてください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

月の光ヨーガのおしらせ

Nec_1413 以前お知らせした月の光ヨーガの詳細をおしらせします。

日時 9月1日火曜日 19時前から約90分

場所
 大阪港 中央突堤(地下鉄大阪港1番出口から10分くらい)どんどん海のほうに歩いてもらったら、突き当りのボードウォークあたりにいます。

参加費 ドネーション(つぼを置いておくので各自入れてください)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル(下に敷くもの)・瞑想のときに寒くない服装(海風がけっこう吹きます)

今回は朝日放送の取材が入りますので、撮影はちょっとという方は申し訳ありませんがご遠慮ください。
でも別に気にせずヨーガを楽しみましょう。

ヨーガのあとにハaハaハaさんがまたおいしい夏カレー(チャイ・サラダつき)を1800円でご用意いただいています。これは必ず予約してください。下記のハaハaハaさんホームページから連絡いただくか、mari.henmi@gmail.comにご連絡ください。

満月ヨーガ(9月5日)についてはまた詳細をおしらせします。

http://www.tapo.jp/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

ママと一緒ヨーガ

Nec_1475 Nec_1479脚のあいだでサヴァアサナ。
とっても可愛いです。

ママだけで17人、子供たちも含めると25人くらいで就園児からベビーちゃんまで。
果たしてヨーガクラスは可能なのか・・・。

フワフワマットのキッズゾーンでなんとなくみんな穏やかに遊んだり寝転んだりしているので、通常通りレッスンを行ってみる。
絶えず子供の声はしているけれど、ママたちの集中力はすごい。
出来ることをなんとかやろうという意識。
ベビーちゃんを抱いたまま立ちアサナをしたり、背中に乗せて猫のポーズをしたり。
よつんばいのママの身体の下をくぐったり、なんだか子供たちも自由に遊んでいて、ママの胸にのってサヴァアサナしたり。

子供に目を配りつつも動きをとめないママたちの熱意に感動した。
前回の体験レッスンに引き続き今日で2回目なんだけど、たくさんの方が新品の買いたてヨガマットを持参していて、なんだかみんなのやる気に胸がいっぱいになった。

ソロ参加のママに「今日は子供がいなくて自由に動けるのに、ワイワイクラスで申し訳なかったね」というと、「わたしたちにとって子供の声はとても自然なBGMなんですよ。だから子供が笑っていようと泣いていようとあまり気にならずリラックスして楽しめました」と素敵な言葉をもらった。
人数は多いけれど、みんなの雰囲気もよくて実にいいクラスだ。

9月からの本格稼動が楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

キルタンとヨーガの集い

Nec_1267ミューラシアでの素敵なジョイントイベントのお知らせです。

日時 8月29日土曜日 

    キルタン16時半から18時・ヨーガ18時から19時半

参加費 どちらかひとつだけ参加の場合は1500円 キルタンもヨーガも参加の場合は2000円

キルタンはヒンドゥ教の神様をたたえる歌。
まったく初めてでもキルタンレディースがわかりやすくリードしてくれるので一緒に楽しんで歌えます。
なにか音のでるもの(手拍子でもいい)をお持ちください。

ヨーガは塚本が担当します。
キルタンは人数が多くても大丈夫なのですが、実はヨーガはあまり多いと動きにくいので、人数を確認するため参加希望の方は必ずメールをください。
mari.henmi@gmail.com

ヨーガに参加される方はマットかバスタオルをお持ちください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

ハッピーヨガ Ⅱ

Nec_1469_2Nec_1470_2 Nec_1470_3 Nec_1471_2 Nec_1467 Nec_1466午前中またハッピーヨガのお手伝い。
信貴山で一緒だったマキちゃんとナオミちゃんは駅で手をふって待っていてくれた。

今回は障害をお持ちの方とその保護者の方10人くらいが参加してくれた。

ユキコ先生が一人でリードだったが、呼吸法に時間をかけて、穏やかでやさしくわかりやすいクラスだ。

最初はお母さんべったりだった子も途中からは伸び伸びと動き始めた。
ずっと参加しているマキちゃんやナオミちゃんはやはりとても身体がよく動くようになってきていて、いろいろなポーズも楽しそう。

改めて思ったことだが、やはりいかに綺麗なポーズをやって見せられるかではなくて、どんな風に分解してそのエッセンスを伝えるかだなあと痛感した。
体型も年齢もレベルもまちまちだし、出来ることもあればもちろん出来ない動きもある。
出来ない人にはどうやってそのポーズのエッセンスを伝えて誘導するか、まず自分がどんな風に筋肉や関節をつかい呼吸と連動させて噛み砕いて分解して伝えられなければ。

私の師ヴィシュワ・ジのクラスには障害をお持ちの方も、高齢で正座やあぐらが出来ない方もたくさんいた。
でもたくさんポーズを使うわけではないのに、一様にみんなが満足できる素敵なクラスだった。
難しくない動きで必要な部分を伝える・・・呼吸やプラナの流れを整える・・・
まだまだテーマや学びがたくさんある。

「オーム」をみんなで唱えていて面白かったのは、Oくんが「おーあいーいーうーえーむー」という風にかってに音を変えて発声してしまうんだけど、「あ」から始まり「ん」で終わる「オーム」にはやはり全ての音が含まれているし、彼の発する音が全てなじむよなあと。
Oくんは特撮マニアで彼のノートには綺麗な字でびっしり過去の特撮の歴史と登場人物などが書いてある。
なかでも仮面ライダー関連がすきなので、暗記しているここ近年のライダーをすらすらと黒板に書き始めた。いやーすごい記憶力。
それで、彼はいつもまず日直を書くんだけど今日はユキコ先生や私も含めて6人も。(なんで84年なのかはわからないけど)
それで、貴美先生に「故」をつけるから「まだ生きている人に故ってつけたらあかんよ。故っていうのはもう亡くなった人につけるんやで」というと、彼は昔の特撮の本を読んでいて自分の好きな俳優はみんな「故」がついているので、好きな貴美先生には「故」をつけたというのだ。
なるほどねえ。まあでも意味変わってきちゃうから・・と教えてあげた。

駅まで送っていただいて、マキちゃんやナオミちゃん、Oくんとお別れ。
みんなから手紙をもらった。
やはり手書きの手紙はいい。なかから本人が飛び出てきそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

選挙 思い出すことなど

Nec_1218 学生時代に選挙カーに乗って声を出しながらみんなに手を振るうぐいす嬢のアルバイトをやったことがある。

最初の数日は名前をとにかく覚えてもらうために名前の連呼。中盤戦になったら、とにかくクルクルと街をまわり、「お手をふってのご声援まことにありがとうございますー!」などと笑顔で叫ぶ。
何分かおきに座席をかわって、他のうぐいす嬢と変わるんだけど、とにかくお腹が減る。
座って声を出しているだけなのに、こんなに空腹になるのかと思うくらい。
支援者さんたちがおにぎりなどを作って差し入れしてくれるので、もりもりと食べてまた車にのるのである。

選挙戦が終盤になってくると、もう泣きの訴えで「どうか皆様のお力で国政の壇上に押し上げてください!」と声を詰まらせる。
わざとではなくて、感情が高まるとなんだか勝手に涙声になってくる。
私はまったくその政党にも候補者にも興味はなかったんだけど、俳優さんとかってこうやって自分の感情をもりあげていくと自然に演じてしまうのかななどと思いながらも声をからして叫んでいた。

まあこれはこれで思い出なんだけど、もうちょっと続きが。
そのころの私は思ったことがすぐ口に出てしまうタイプだったので(今はちょっと頭で考えてから口に出すんだけど)、選挙事務所でずらりと貼ってあるポスターを見たときポロリと「みんな悪そうな顔してますねえ!」と候補者の奥様に言ってしまった。
(だって本当にあくどい感じの顔ばっかりだったから・・・)
奥様は面白がって、「どれ?どれが一番悪そう?」とたずねるので、また正直に「これ」と指差してしまった。
奥様は素直に「へえーそうかそうか。悪そうやもんねえ!」と大笑い。
でも候補者と同じ政党の方のポスター指差してそれは言ってはいけなかったのかなーなどと後から思ったりしたのだけれど。

でも後日談があって、私が指差した悪そうさん、数年後公職選挙法違反(ワイロ)で捕まったのだ。
わたしの目は間違っていなかったなあと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

妖精ちゃん

Nec_1465ローカル感たっぷりの甲子園口市民館のクラスに可愛いピンクのマットを抱えた妖精のような女の子が。
マダムの間にまざって初めてなのに伸び伸びと気持ちよく動いている。
姿勢も美しいし、警戒心なく身体も心もゆだねてくれるので、これはどこかのヨーガの先生クラスが飛び込みで来られたのかなと思っていた。

レッスンのあとでお話すると、ミユキ先生と同じ職場の方。(ミューラシアにも来てくれている店長ちゃんはそこの店長ちゃん)

以前店長ちゃんに、「なんというお店なんですか?」と訪ねたとき「MARKS&WEBです」ってたぶん言ってくれたと思うんだけど、ちょっと私が聞き間違えて「えっ天草堂?渋い感じの名前のお店やね」と言ってしまったのが始まりで、今日は妖精ちゃん「天草堂のものです」と自己紹介してくれた。

助手の先生たちは和菓子屋さんの方だと勘違いしていたようだ。

以前西宮ガーデンズのMARKS&WEBでお買い物をしたとき、(妖精ちゃんたちは別のお店だけど)スタッフの方の接客がとてもよくて感心した記憶がある。
アロマキャンドルもきちんと天然オイルを使っているのに、良心的なお値段で(○クシタンの半額くらいか)いい香り。
髪の毛が短いので普段あまり髪の毛をとかないんだけど(終わっているかな)、ここのブラシがとっても気持ちよくて大好き。
もち手がスベスベの木で出来ていて、重さも気持ちいいのだ。

また天草堂へ行こう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

期日前投票

Nec_0001仕事前にダッシュで期日前投票に。
たいてい土日に投票にいけないのでいつも私は事前に投票に行く。

今回の選挙で流れは変わるかな。

今の野党が反自民の集まりではなくて、それぞれきちんとしたスタンスのもとに動いてくれるといいのだが。
政権をとってからこそが問題になるだろうな。

以前ブッシュとアル・ゴアの選挙のときも寝ないで結果を見守っていたが、ここは変わり目か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

のびたくんち

Nec_0345通勤途中で見つけた小さな家はのびたくんちのような雰囲気。
小さな庭は草がぼうぼう生えているけれど、縁側も自分で作れそうだし、(縁側のある家が好き)よく陽が当たる。

7月に不動産屋さんに調べてもらったら、2年くらい空き家になっていて8月からなら入れますよとのこと。
リトリートが終わるまではとても引越し準備など出来そうにないので、お盆開けにもう一度空き状況を尋ねて空いていれば9月から契約しようかなと思っていたのだ。

ところが・・・
先日前を通りかかったら、2年間空き家だったのびたくんちに表札がかかって洗濯物が干してある。
どうもお盆に新しい人が入ったようである。
うーん残念。
でもまあ、不動産やさんの会長の言うには「不動産も縁のもの。縁のある家というものはどんなときにもすっと呼んでくれるものだから、うまくいかなかったのならそれもなにか意味があってのことだからね」と。

たしかにそうなんだろうな。
また私ののびたくんち探しが始まる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

瞬間写真館

Nec_1462 Nec_1463先日取り寄せてとてもよかった本。

「時間をとめた生き物たち 栗林慧 ひみつの瞬間写真館」

昆虫が今まさに飛び立とうとしたり、なにかをしようとする一瞬を実にうまく捉えている。
昆虫の姿かたちもとてもわかりやすくリアルで、筋肉や指の形までハッキリ見える。

瞬間写真館は続刊があって、昆虫1(小さな飛行名人)・昆虫2(食べ物集め大作戦)・植物(はじける種、飛ぶ花粉)・魚、かえる、鳥(たくみな生き物)と面白そう。
2800円と絵本にしては少し高価だが、こんなのは今まで見たことがない。
子供も大人もみんな楽しめる本だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

代行レッスンのおしらせ

Nec_04039月4日金曜日のクラスは高知リトリートのため下記の通り代行の先生にお任せすることになりました。ご了承ください。

兵庫県立総合体育館は谷内先生、コナミスポーツは後藤先生です。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

お産の村

Nec_1414仕事が終わるのを待っていてくれたKちゃんとビールを飲みに行く。
実家が酒屋のKちゃんは飲みっぷりもよく、酒や肴の味もわかるし、好みも似ていて一緒に飲んでいて面白い。

普段ゆっくり話せないのでぽんぽんと話は飛ぶが、昨日のテーマは「縁というもの」。
やはり自分から光を放つエネルギーを持っている人というのはたくさんのいい縁を引き寄せるなあと思う。

Kちゃんのまわりにも面白い人たちがいっぱいいて、まだみんな色々なものの卵だけど、育っていこうと頑張っている。
そしてみんながそれを支えあっている。
Kちゃんの友人の一人に女医さんがいて、彼女はまだ勉強中なんだけれど、いつか「自然なお産」をテーマにしたお産の村を田舎につくりたいそうだ。

「口に十回だしたら叶うっていう漢字になる。だからやりたいことはどんどん口に出してみんなの力を集めて想いを実現させたい」と彼女が言うそうだ。
Kちゃんも自分の力を役立てたいと思っていて、今こうしてともに歩き始めることになったヨーガをみんなに伝えていきたいと思っているんですと。
とても嬉しい言葉だった。
私もぜひ微力ながらもお産の村実現のお手伝いをさせていただきたいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

33号車

Nec_1447首に保冷剤をまくといいですよと教えてもらったので、バンダナに包んで首に巻き、自転車で通勤するとこれはとても快適。

先週は湿度もあるし、スタジオに着いたら滝からあがってきたように汗が流れてとまらなかったが、今回は大丈夫。

甲子園球場あたりの道は高校野球の応援バスで混雑していて、山梨学園と書いた2階建てバスがえんえん続くのでいったい何号車まであるんだろうと見ていたら、33号車まであった。

たくさんの人の気持ちを乗せて遠くからやってくるんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

日本海

Nec_1460恒例になっている学生時代の友人数ファミリーと日本海へ。

ここのところ波乗りで太平洋ばかりに通っていたので、箱庭のように入り組んで魚影の濃い日本海が新鮮で面白い。

シュノーケルで岩場めぐりをすると、今年は例年になく蟹(ガザミ)が多くて岩の下を覗き込むと30センチくらいの蟹がゆっくりとかくれる。
それほどクラゲも発生していなくて、ゆらゆらと透明のちいさなクラゲが時々目の前を横切るくらい。

とにかく魚の種類が多い。
太平洋のような大型回遊魚ではなくて、磯のまわりで遊んでいるもの。
でも30分も海底散歩をしていると体が冷えてくる。

私は水族館や動物園が実は好きではない。
生き物がとらえられて私たちの都合で檻に入っているのを見るのがとてもいやなのだ。
目の前をスイーと泳いでいるこの魚たちと比べて、自由のない(もちろん他の魚に食べられる自由も含むわけだけれど)箱での生活は辛いだろうなあと。
大きなサメとかシャチとか回遊魚も世界の海をめぐりたいだろうに、ちいさな建物のなかをぐるぐる廻っているなんて。

海の中でサメに出会ったり、陸で大きな熊にであったりしたらやはり私の足はすくみ、恐怖である。檻を通してこの大きな生き物たちと向かい合うとき、「今この檻がなかったら」っていつも思う。
動物として、こういう自分より大きな生き物に対峙するときの畏怖感は持ち続けないと危うい気がするのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

プロ写真

Img_2196 Img_2217 Img_2254 Img_2257先日のキャンドルウィークの時の写真を自称フロカメラマン(港のお風呂屋さん)の方がたくさん撮影してくださっていた。

ヨーガの間あちこち動き回って、いいシーンをたくさん残してくれている。

うまいなあ。

暮れてゆく港のシーンも徐々にとても綺麗に撮ってくれて。
みんなのいきいきとした動きも伝わってくるとてもいい写真だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

こさとパン

Nec_1459「パン食べませんかー?」と、こさとちゃんがゴマ入りの美味しそうなパンを手渡してくれた。

袋の外からもいい香りがしている。
なんとこれは手作りでしかもヨーグルト酵母を使って焼いてくれたそう。

天然酵母にもとても色々な種類があって、一個一個味が違うそうだ。
パン修行中のリエちゃんが以前リンゴの皮で酵母をおこしていたのを見て、私もいちどやってみたことがある。
2-3日たつとぶくぶくと泡が湧いてきて、「うわー生きてる生きてる」と見ていて面白かった。

こさとちゃんの言うには、びんの中に酵母菌が食べる空気がなくなってそれでもほっておくと、だんだんアルコール化するとのこと。
パンもいいけど、むしろシードル(りんご酒)になるといいなあなどと思う。

酵母菌は生き物で、機嫌のいい日もあれば悪い日もあるので相談しながらパンを焼くのですとこさとちゃんが言う。
酵母を入れた種を作って、またそれを小麦粉と混ぜて発酵させて・・・
気の遠くなるような手間がかかるのだ。
そしてやっぱりこんなに愛情をかけてもらったパンは、かみしめると話しかけてくるような滋味に富んだ生き物だった。

これも命の食事だなあと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

チベット占星術

Img_4538Tibetan Medical & Astro Institute(メンツィカン)からメールが届いた。

3月にダラムサラに行ったときにメンツィカンを訪れて診察を受けたとき、敷地内にあるAstro Institute 占星術部門にも寄ってみた。

ここでは自分の生まれ時を基準にその人の運勢や暮らし方への指導なども行ってくれる。
ただ、占いが出来る医学博士が数人しかいないので、行ってももちろんその日になんて占ってもらえない。
リストに名前や生年月日など占いに必要なものを書いて帰ってきたのだ。
それで、5ヶ月たってやっと占ってもらえる順番が廻ってきたというお知らせのメールなのである。
自分が今でも占ってほしいと思うなら、ダラムサラに電信送金することになる。
それから占い開始なので、結果はまた1~2ヶ月先になるだろうけれど。

楽しみだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

そばにいつづけるということ

P8050358昔一緒に沢登りに行った親戚のリョウちゃんと久しぶりに再会。
もともと東京出身だが、お仕事の都合で奈良に今は住んでいる。

さんざんビールを飲んだので「泊まって帰ったら?」と言っても、「子供たちが待っているので」とにこにこして帰っていった。
彼にはまだ子供はいないんだけど、お仕事上での子供たちということ。

彼は児童厚生施設で住み込みで働いている。
何度も少年院を出たり入ったりする子供たちと朝から晩まで一緒に暮らす。
年代もまちまちなので、勉強も教えるし、ご飯ももちろん一緒。
生活をともにしながら叱ったり、ご飯食べたり、お風呂に入ったりして家族のように暮らすのだ。
「24時間仕事ってことだよね」というと「まあそうですね。最初は教師になろうと思っていたんですよ。でもなにか縁があってこんな風に流れにのって出会ったお仕事なので、これも大事にも思っているんです」と。

人を大きなわかりやすい力で導くのではなくて、ただそばにいつづけるということ。
とても忍耐力や愛情が必要だ。
そんな子供たちの待つところに急ぐ彼の後姿を見て思った。
彼は人事部に選ばれたんじゃなくて神様に選ばれたんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

花火

P8080459 P8080465 P8080469花火大会なんてもう20年以上行っていない。
あの人の多さがとにかくだめなのだ。

海老江のユカリちゃんから「うちの屋上からでも見えますよ」とお誘いを受けたので、見たことのない淀川花火大会見物に行かせていただく。

海老江の駅はもう野球前の甲子園なみに混んでいる。(この辺でもうだいぶげっそり)
ユカリハウスまでも神社のお参りのようにのろのろとしか進まない。
通り道にある家が冷やした飲み物を売っていたり、カラアゲを売っていたりするのを見るのは楽しい。

ユカリハウスですっかり用意された美味しい夕食をいただきながら待って、「どーん」と音がしたら屋上に(ビールを持って)かけあがる。
ほどよい距離で綺麗に花火が見える。
音があとから追いかけて届くのが面白い。
空を彩る花火が見えてからしばらくして、どーんという感じ。

花火をゆっくり眺めたことはなかったけれど、このごろはいろんな仕掛け花火があって、お花みたいにたくさんの色が咲いたり、キティちゃんの顔になったり。

でもわたしは耳をつんざくような音とともに空いっぱいに広がる大玉が一番好き。
お祭りに続いて夏の風物詩をユカリハウスで楽しませてもらった。
ありがとうございます!楽しい夏休み!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

9月の外ヨーガイベントふたつ

Nec_12689月は5日土曜日が満月なのでこの日に満月ヨーガを大阪港で開催します。

この日高知リトリートでの満月ヨーガは塚本が担当いたします。

大阪港での満月ヨーガはミユキ先生に担当していただきます。
アサナ(ポーズ)よりも呼吸法と瞑想を時間をかけて、その後キャンドルを囲んでプチキルタン会を開催してくれるようです。
またマクロビを勉強しているシホちゃんが「身体にやさしいスイーツ」を販売してくれるようです。
詳細と催行の有無はミユキ先生のブログでご確認ください。
http://miyuki77.exblog.jp/

そしてもうひとつの月の光ヨーガのご案内です。
こちらのほうが日付的には早くなりますが、9月1日火曜日に大阪港でいつもどおり18時45分くらいからヨーガを行います。
これはメディア(朝日放送)が取材に来る予定ですので、撮影されてもかまわない方がご参加ください。
この日はハaハaハaさんとジョイントイベントなのでまた夕ご飯をご用意いただく予定です。
これは塚本が担当いたします。

9月は長月。
「月々に月見る月はおおけれど、月見る月はこの月の月」と昔から言われているように、月の光が透明度を増す季節です。
ぜひ月の光でヨーガと瞑想をしましょう。

お問い合わせはmari.henmi@gmail.comまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

沢登り 前鬼川

P8050338 P8050349 P8050362 P8050381 P8050417大峰山系の前鬼川へ。

雨の日が続いたあとで、しかも今日も雨が降っているので水量がかなり多い。

昨年は晴れた日に遡行して、水の色や反射もとても美しかったのを覚えているが、雨のなかの遡行も緑も美しくまた情緒がある。

普段かさをささずに大雨を見上げることなんてないので、空から降ってくる雨がこんな風に見えるんだなあと雨つぶを目に受けながら空を見る。

水量が多く、何度か淵を泳ぐことになる。
梅雨明けでこんなに大阪は暑いのに、沢の水はふるえ上がるほど冷たい。
3分も浸かっていると低体温症になってしまう。(ヴァータ体質なのにこんな遊びしてていいのか)
だんだん指先感覚がなくなってきて、岩をしっかり持てているのかどうかわからない。
苔の上を滑らないように気を配りつつゆっくり遡行する。

最後は水垢離(みずごり)場で終了。
ここは深山幽谷のものすごく美しいところで、緑色に澄んだ淵である。
昔からの行場で、水で世俗の垢を洗い流すところ。
深い山と澄んだ水と滝の迫力に、心の垢も少し離れただろうか。

帰りは山道にあがって歩いて下りる。
ここでフェルトを貼った沢登りの靴からサンダルに(うかつに)履き替えて歩いていると・・・。
雨の日だしそりゃーいるわと思ってはいたが、足の裏に違和感を感じてふと見るとヒルが何匹かひっついている。
これが本当にひっぱっても全然とれない。
でも火を近づけるとさすがにぽろりと取れる。
別にちょっと血をすわれるくらいはいいんだけど、ヒルは血がさらさらになる液を最後に出してから取れるため、1時間くらい血がとまらないのだ。
足首とか足の裏から各自血をだらだら流しながら山をおりる。
行きがけに寄った道の駅のおっちゃんが「ヒルにすわれたあとの血をとめようと思ったら、ヨモギをもんでその汁をつけたらいいで」と教えてくれた。
「じゃあまずヨモギを探してもっていったほうがいいかな?」というと「そんなもんどこにでも生えてるから心配せんでええ」といわれ、そうなのかと辺りを見回したが、ヨモギなんて生えていなかった。

雨のなかの沢登りもまたよし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

残念ながら

Nec_1120ごめんなさい、明日の満月ヨーガは降水確率が50パーセントのため中止にします。

今後も50パーセントを越えたときはやはり中止にしようと思います。
明日は満月で月食という特別な環境なのですが、また来月お会いできるのを楽しみにしています。

来月の外ヨーガの予定は9月1日火曜日、9月5日土曜日満月の夜です。
5日はミユキ先生がリードしてくれます。
詳細はまた改めてブログでご紹介いたします。

ではもし明日月がみなさんのところから見えたらぜひ月食を見守ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

いい店めぐり

Nec_1431 Nec_1432 Nec_1434 Nec_1433 Nec_1435 Nec_1436 Nec_1437 Nec_1441北海道からクライマーの友人リエちゃんが今年も夏休みで遊びにやってきた。

彼女は自分でベーカリー兼カフェを開こうと修行中なのでこちらに来るととにかくたくさんお店めぐりをする。

今年は一緒にお店まわり。
まずは私のお勧め「ハaハaハa」さんで素敵な店内を眺めながら10時のお茶をいただく。

ここはいつ来ても光と緑がたくさんあって素敵だなあ。

そのまま西宮に戻って「ムッシュアッシュ」さんにパンを買いに行く。
ここはパンもさることながら、スタッフがとても感じがよかった。
パンが好きで北海道から来たんですとリエちゃんが言うと、「まあ!お口に合えばよろしいのですが」と、にこっと笑ってパンを手渡してくれた。
うーん、これはあまり使ったことのないフレーズ・・・いい言葉である。

続いて、御影の「メツゲライクスダ」さんへ。
これまたちょっとよくわからなくて車でグルグルしてお電話すると、とても親切な対応で誘導して到着するなりドアを開けて迎えてくださった。

ハム・ソーセージ屋さんの店頭に小さなテーブルと椅子がおいてあって、中でも軽食をいただくことが出来る。
パンとおいしいソーセージの食べ方を提案するというコンセプトに魅かれてリエちゃんがずっと来たかったお店。

ショーケースの前でランチ?と不思議な気持ちになったが、椅子にすわるとその気持ちも消えて落ち着いた音楽が流れ、適度な空間の距離も、落ち着いたスタッフの方の対応もさすがという感じ。
ランチは美味しいリンゴジュースとともに(白ワインは運転があるから我慢)スライスした各種ハムの盛り合わせと、大きな白ソーセージ入りホットドッグを2人でシェアする。
本当のハムってこんなふうなんだ。
大量生産ではなくて、一個一個手作りされたものってやはりこんなに美味しい。
パンとの相性も抜群である。

1時間半ほどゆっくりとランチを楽しませていただいたが、驚くことにこの時間の間に店にハムを買いに来たお客様は全員常連ふうの男の人。
ハムも数枚からスライスして選ばせてくれる。(もちろん買ってかえる)
こういう素敵な店が近所にあって、パッとおいしいオードブルが買えると嬉しいなあ。

マスタードやハムを購入して次は岡本のフロイン堂へ。
食パンを予約しておいた。
古い店がまえは昔から変わらない。
窯から出たところのあたたかい食パンを持って、チーズとシャンパンを買ってかえる。(もちろん夜はスペシャルナイトになった)

こうしていいお店をめぐって思うのは、もちろん商品のよさもあるけど、なんといってもスタッフの質である。
どんなにいいものを提供していても、最後に手渡してくれる水際のスタッフが感じが悪いとすべてだめだ。そういう印象が残ってしまう。
お店というのは気持ちをお渡しする場所でもあるんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

I shall be released

Nec_1122ボブ・ディランの「I shall be released」という曲が好きだった。

でも日本語に訳そうとすると、なかなかうまく仕上がらない。わたしの中で日本語が熟していないという感じで伝わる言葉に置き換えられない。

以前勤めていた会社の英語を日常的に使う部署の人に「とても好きな歌があるんだけど、訳してくれませんか?自分では納得のいく訳ができないので」とお任せしたことがある。

それで結果からいうと、(頼んでおいて失礼な話だけど)直訳でギスギスした全く心に響かない言葉の羅列だった。
それで、ああこの人はボブ・ディランが別に好きじゃないしだからこうなるんだよなと納得したことがある。

それからところどころで「I shall be released」に出会うたびにいい訳とめぐり合わないかと探してきたが、なかなかかなわなかった。

先日山岳部の顧問のH先生が「忌野清志郎追悼番組」をDVDに録画して送ってくださった。その中に、清志郎が自分の訳でI shall be releasedを歌うシーンがあった。
これは・・・と思わず動きが止まるくらい素晴らしい言葉。
彼がどんなにこの曲を愛して、自分の言葉にのせて改めてメッセージを送っているかびんびん伝わってくる。

ジョン・レノンの「Imagine」も清志郎の訳を超えるものはもうこれから出てこないだろうと私は思っている。
翻訳がうまいかどうか英語を知っているかどうかじゃなくて、その人がその曲をどんなに愛していて、自分の血や肉となっているか、それを自分の言葉にのせられるかなんだよな。

ありがとう、清志郎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

お墓参り

Nec_1429 Nec_1430久しぶりに岡山にお墓参り。

離れているお墓2箇所。ひとつは実家のものだがひとつは私たちとは全く血のつながりがないおうちのもの。

これには所以があって、父の祖母(私のひいおばあちゃん)の夢枕にある方が現れて、「自分には血縁がいないのでお墓が無縁仏になっていくのが辛い」と話したそう。
それで、その祖祖母が自分の家のお墓とは別にその方のお墓もお参りしていくことに決めて、引き継がれてきた習慣のようである。
お線香をお供えしてお参りする。

その後子供の頃からお墓参りとセットになっているのがこの祭りずし。
駅で購入する。かわいいモモの形の入れ物に入っている。(これが楽しみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

天然すだれ

Nec_1428 Nec_1406久しぶりに実家に帰ると南側の窓の外にゴーヤのすだれが出来上がっていた。

ちらちらと緑の光が差して天然のこのすだれのおかげで部屋はかなり涼しい。

目からも涼をいただける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »