« 打ち水 | トップページ | 市場の楽しみ »

2009年7月22日 (水)

高知ふたたび

Nec_1368 Nec_1369 Nec_1371Nec_1372 仕事のあと頑張って運転してふたたび高知へ。

合宿の下見(なんべん行くんや)兼夏休み。

大正久礼市場のところて天やさんはじっくり天草を煮出した味の濃いところて天が自慢。
珍しいことにうどんのツユのようなおいしいかつおだしと生姜でいただく。
ところ天というと黒蜜かからし酢醤油しか食べたことがなかったけど、このかつおだしがとても美味しくて、天草の淡い香りも楽しめる。
かつおだしを最後の一滴まで飲み干した。
大きなどんぶりに入って150円だった。

ところ天のお店の店内に飾ってあって、ぐっときたバッグ。新聞で上手に作ってあるが、金本400号がど真ん中にあって思わず「素敵なバッグ」とつぶやいた。

|

« 打ち水 | トップページ | 市場の楽しみ »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知ふたたび:

« 打ち水 | トップページ | 市場の楽しみ »