« 砂浜のちから | トップページ | 命の食事 夏野菜 »

2009年6月30日 (火)

精霊のやどるもの

Nec_1310 Nec_1312 Nec_1315 Nec_1317 Nec_1320午前中大岐の浜で素もぐりをする。岩場にはけっこうたくさん魚がいる。ブダイの群れを見たりハコフグをつついたりする。魚影の濃い豊かな海である。

岡田さんに教えてもらって半島の興味深い場所をチェック。

「精霊がいるというよ」と岡田さんの言う大木を見に行くと、もうそれはまさにトトロの木のよう。幹が6メートルもある大きな木が海辺からさほど遠くないところにどどーんと立っていた。
木の幹はなんだかほの温かく、まさに生きている守り神の木だ。

その後龍宮神社へ。
しっとりした亜熱帯の植物の生い茂る小道を降りてゆくと一気に海岸の岩盤地帯に出る。
激しい波のうちよせる太平洋をのぞむ大自然の造詣である。
たしかに龍のかみさまがいそう。
ドラゴンクエストでは天空に住んでいるという龍のかみさまだけど、昔から竜宮城は海のなかにあるっていうし、天空と海をつなぐものなのかななどとぼんやり海を見ながら考えていた。

|

« 砂浜のちから | トップページ | 命の食事 夏野菜 »

大岐の浜リトリート」カテゴリの記事

コメント

まりさん
素敵なブログ、たくさん載せてくれてうれしいです。ほんといつも前向きで、笑顔で人生を楽しむぞ!って言うパワーにあふれたお二人!お知り合いになれて元気をたくさんもらえます!!!

投稿: 海癒みつ | 2009年7月 1日 (水) 08時18分

ご存知ですか、まり先生…didgeridooの中でも、伝統的に造られるyirdakiには精霊の力が大きく関係しているんどすょ

投稿: くりぼう | 2009年7月 1日 (水) 08時39分

みつさん
すばらしい時間をありがとうございました。今回はみなさんと色々お話ができてとっても楽しかったです。
また早く大岐の浜に帰りたいな。
わたしの特別な場所です!

投稿: MARI | 2009年7月 2日 (木) 06時39分

yuridaki・・・
たしかにこの大きな木のたもとにいくとものすごい力感じました。なんていうのかな、目には見えないけど放たれるおおらかな気配のようなもの。
デジュリドゥはまだ生きている木なんだね。
奏でる人と木のセッションだね。

投稿: MARI | 2009年7月 2日 (木) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精霊のやどるもの:

« 砂浜のちから | トップページ | 命の食事 夏野菜 »