« 高知 大岐の浜へ | トップページ | 砂浜のちから »

2009年6月28日 (日)

海癒のとりくみ

Nec_1303 Nec_1304 Nec_1305合宿で宿泊させていただく海癒さんで打ち合わせ。

海癒の岡田さんが古いリゾートマンションを一室ずつ自分達の手で改装していっている。

今回は改装したすべてのお部屋を見せていただいたが、改めて「身体にいい素材」とその落ち着いたセンスに感動した。

私が泊まらせてもらった部屋は、古い床をはがして炭を敷き詰めた上に板張りをした気持ちのいい床。しっくいの壁とそこかしこの流木アート。落ち着いた間接照明や冷房のいらない天井のファンなど、うなるところがいっぱい。テレビはおいていないけれど、ステレオの中にはたくさんの気持ちのいい音楽CDを用意してくれている。

他にも、メキシコのテラコッタを敷き詰めて裸足がひんやりと気持ちいい異国情緒たっぷりの部屋や、日本の土間をテーマにした和テイストの部屋。天井が高く梁までストーンと見える開放感のある別棟などどれもこれも長期滞在したい部屋ばかり。

夕ご飯は海癒のみんなと一緒に家族のように大皿のお料理をいただく。おばあちゃんや奥さんのタエコさん、素もぐりが好きで住み着いてしまったノリちゃんが地元産のいい食材をおいしく料理してくれている。
「じか箸でいいんですよ」と岡田さんが言ってくれる。
「家族だからいいのいいの」と。
遠慮なく家族にまぎれこんで、娘の元気なマリエちゃんとああだこうだとしゃべりながら身体にも心にもいいお食事をいただいた。

マリエちゃんが昨日港で拾ってきた子猫の「カイ」。
まだおじいちゃんの許しをもらってないから飼うかどうかわからないといいながらも、名前をもらい、温泉のすみっこの気持ちのいいサンルームにそーっと自分の居場所を見つけていた。
マリエちゃんが「カイを洗う」と言ってお風呂に連れて入ったので、ノリちゃんと三人がかりで石鹸で洗ったけど、金たらいのなかでミャーミャーとこの世の終わりみたいに泣き叫んでいたカイ。猫って水がきらいなんじゃなかったかな。
でも拾った日は海に落ちて泳いでたいうから大丈夫なんだろう。だから「海(カイ)」だしね。
9月にはもう少し大きくなっているんだろうな。

|

« 高知 大岐の浜へ | トップページ | 砂浜のちから »

大岐の浜リトリート」カテゴリの記事

コメント

まりさん・健さん

先日は楽しい時間をありがとうございました

自然を愛する素敵なお二人のお話は興味深くて

また色々聞かせてくださいね。

温泉沸かして待ってます。

また、海癒でお会いできるのを楽しみにしております。

                   nori

投稿: 海癒 nori | 2009年7月10日 (金) 22時52分

ノリちゃん

「黒潮沿い」をキーワードに就職を探すというノリちゃんのお話こそすごく楽しかったよ!
きっと素もぐりの腕もぐんぐんあがっていることでしょう。

また海癒に里帰りします。
ノリちゃんに会えるのが楽しみです。

投稿: MARI | 2009年7月11日 (土) 05時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海癒のとりくみ:

« 高知 大岐の浜へ | トップページ | 砂浜のちから »