« 原生林の森へ | トップページ | 山うど »

2009年5月11日 (月)

岩魚

Nec_1129 Nec_1132 Nec_1136 Nec_1137 渓流足袋で冷たい沢に入り、岩を一個いっこひっくり返して川虫を探す。それをえさにして岩魚釣りである。

わたしは岩魚釣りは始めてで、そのあたりの木や川底に猛烈に糸をからめてしまうので、川虫探しの担当に。

Hセンセイたちはあっという間に沢を遡上しながらきれいな岩魚を釣り上げる。

こりゃあ大漁だと思っていたらちょっとハプニングが。大物を持ち上げて「うわあこの岩魚きれい!」と私が言った途端、ぴちっとはねた岩魚がじゃぶんと川に戻った。ショックのあまり言葉を失うわたしにセンセイがまたつれるから大丈夫と6匹釣り上げてくれたのに、釣った岩魚を袋にいれて川で冷やしていたらああっという間にカラスがさらっていった。

夕方になったがセンセイが「岩魚の骨酒をつくれるだけちょっと釣ってみるわ」と。ほどなく2匹の岩魚を持って帰ってきてきれた。

炭をおこしてしっかり岩魚を焼き、燗した酒のなかにじゅーっと漬け、人肌の温度になるまで待つ。月明かりと炭の赤い光、自分で探してきた山うどやコゴミと岩魚の骨酒。どんな高級レストランで食べるより贅沢な命の食事。

あまりの美味しさにここからちょっと記憶が・・・。

|

« 原生林の森へ | トップページ | 山うど »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩魚:

« 原生林の森へ | トップページ | 山うど »