« レモン収穫祭 | トップページ | また!の始まり »

2009年1月18日 (日)

ビーコン

Nec_0693_2冬山に入るようになってもう長いが、高価なためビーコンをもっていなかった。お互いに雪崩で埋まった人を探すためのものだから、ひとつでは意味がないのだ。
電波の受信機と発信機でお互いの位置や近さを探すためのものだけれど、携帯電話よりは絶対に簡単なメカだと思うのに値段が高い。(そして重い)

でも絶対数というか販売個体数の違いなんだろう。

一台65000円したので、2台目を買うのをためらっていたところ、バックカントリーもやるゲンチャンが貸してくれるという。
ありがたくお借りする。
メーカーは異なってもビーコンは世界中で互換性があるので、家に帰って早速別の部屋から電波を発信させ、もう一台で探す練習。
電波を発信している方向と距離が画面に出るので、そちらの方向に身体を向けて進んでいく。

何分以内に助け出すかで、蘇生率はだんぜん変わってくるのでとにかくメカ操作に慣れないと。

実際にゲレンデで週末に練習だ。

|

« レモン収穫祭 | トップページ | また!の始まり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビーコン:

« レモン収穫祭 | トップページ | また!の始まり »