« 石焼きいもとタルチョ | トップページ | 実験してわかること »

2009年1月28日 (水)

蓮Tシャツと才能というもの

Nec_0723 Nec_0724 Nec_0726てるちゃんママ(わたしがヨーガを教え始めた最初の年からずっとずっと一緒に歩んできてくれた方)が、「できたよー」とレッスンのあと包みを渡してくれた。

なんと!
蓮のTシャツ!!
てるちゃんに蓮Tをお願いするときにてるちゃんママ(油絵のベテラン)にも何気なくお願いしていたのを覚えていてくださったのだ。
蓮のデザインや茎の模様、色のグラデーションも美しくやはり絵を描き続けている方の作品という感じ。
写真ではうまくつたわらないけれど、まるで蓮が浮き出てくるようだ。
背中にオームの文字まで・・・本当にありがとうございます。
手描きの絵にはただの機械の印刷と違ってたくさんプンニャ(徳)が入っているのです。
こういう愛情のこもった贈り物どうやって恩返ししていこうか。
今生でわたしが出来ることをゆっくりとした歩みでもきちんと続けていこう。

しかし、てるちゃんママといいてるちゃんといい、やはり才能というものは綿々と受け継がれていくものなのだな。
描くという手段で表現していくって素晴らしい。

大切にどんどん着させていただきます。
心からありがとうございます!

|

« 石焼きいもとタルチョ | トップページ | 実験してわかること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓮Tシャツと才能というもの:

« 石焼きいもとタルチョ | トップページ | 実験してわかること »