« お楽しみ会 | トップページ | あたたかくなる手紙 »

2008年12月19日 (金)

シュトーレン

Nec_0547北海道のリエちゃんから贈り物が届く。

彼女のお店でつくっているドイツのクリスマス菓子のシュトーレン。
シュトーレンの下にはころころとジャガイモがつめられていた。
彼女らしい楽しいクリスマス箱だ。

クリスマスが国民のお祭りみたいに考えられていることは好きではないけれど、手書きのカードや贈り物を選ぶのは大好き。
贈る相手のことを考えながらカードを選び、贈り物はなにがいいかを考えている時間はその相手と一緒にすごしている気持ちになるからだ。

だから旅先からお手紙をもらうことはとても嬉しい。
遠い旅先でわたしのことを考えてくれている時間こそプレゼントだからだ。

シュトーレンは1ヶ月も日持ちするらしい。
冬山にもつれていきますね。どうもありがとうね。

|

« お楽しみ会 | トップページ | あたたかくなる手紙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュトーレン:

« お楽しみ会 | トップページ | あたたかくなる手紙 »