« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

一日早いお年玉

Nec_0617 Nec_0618YOGA友のオリエちゃんから、思いがけず一日早いお年玉入りのお手紙が。

タイが第二のふるさとのオリエちゃんはいつもセンスよくアジアの布を身にまとっていて、またそれがとてもよく似合っているおだやかな人。

可愛い刺繍の女の子がどうもティンシャを鳴らしているらしいカードとともに、タイの山岳民族の方が着るという素敵なお洋服が。
思いがけないお年玉に、黒豆を煮ながら大喜びした。
オリエセレクトのこの民族服はよく身体になじむやさしい風合いだ。
以前おなじインドのリシュケシュで仲良くなったマナミちゃんが送ってくれたアームウォーマーとこれまた全く同じ色使いでビックリ。なにかが響きあっているのかな。

嬉しいお知らせが手紙の中に書いてあった。
この2月から中古の一軒家でヨガとマッサージ(オリエちゃんはタイマッサージもプロ)を始めますと。海の見える小高い場所で畑を少しつくりながら・・・。

「うまく成功しようとは思わずに、心の嗅覚をとぎすまし、感ずるままに目の前の使命をコツコツとこなしていこうかな」

わたしもぜひそうありたいと願っています。
歩みはゆっくりでも自分のなかの灯明にしたがって、心穏やかに歩ける年になりますように。心から応援しています。

こうやって出来たあらたなご縁がまたつむがれていきますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

雪遊び つづき

Nec_0608 Nec_0612 Nec_0615 Nec_0598 Nec_0609昨日のおひさまの力で少し雪がとけてザラメ雪になってきている。
ゲレンデとしてはもうひと降りほしいところだろう。
ここ10年の間冬山に入っていて、あきらかに温暖化の影響を感じることが多い。
同じ山の同じ場所で撮った写真でもブッシュの出方がちがうのだ。
以前は下草や低木を覆い隠していた雪も今は少なく、山や林をくぐりぬけて滑るのは至難の業である。

諏訪湖では毎年、湖の表面が凍り、水の張力で轟音とともに湖がせりあがり神様がわたられる道が出来る「御神わたり」という不思議な現象が起きていたそうだが、ここ近年湖が凍らず御神わたりが見られなくなったという。

先日アウトドアショップで寝袋を大量に購入している方がいた。
お話を聞いていると小さな運送会社をやっている方。わたしも常々不快に思っていたのが、トラックドライバーが高速道路のサービスエリアでアイドリングにながら何時間も眠っていること。
暖房のためだけに排気ガス撒き散らしながらアイドリングするのをやめろと思っていた。
ここのところのガソリンの値上げも引き金になったのだろうが、社長さんは「寝袋をみんなに配ってこれで仮眠してもらえば、アイドリングで暖房しなくてすむから」という。

とてもいいことです。ダウンの寝袋なんて羽毛布団と一緒だから何倍も快適に眠れるのだ。暖房の空気の乾燥で咽喉がやられることもない。
こんな風にちょっとした意識の変化で変わっていくこともある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

雪遊び

Nec_0596 Nec_0604 Nec_0606 Nec_0600 Nec_0601白馬にどっさり雪がふったので、親友一家と雪遊びに。

前日に降り積もった雪でスキー場はちょうどオープンしたところだった。雲ひとつない快晴の空に北アルプスの山脈は荘厳で美しい。
さのさかゲレンデは初めてだったけれど、隣の青木湖ゲレンデや鹿島槍も行き来できるし、なにより見下ろす湖が素晴らしいゲレンデだった。
NZは今は夏なので、久しぶりの雪をみんなで楽しみ、初雪遊びのモモちゃんは大騒ぎ。
ご飯をたべるのも忘れて雪合戦やソリ、雪だるまつくりと忙しい。

今回お世話になったのは、主人の勤めていた会社を辞めて山小屋をやっているご夫婦の宿「雪艇ヒュッテ」。ここはゆったりとしたつくりのお部屋でグループで泊まるのも快適なメゾネットタイプの部屋がたくさんある。
各部屋の外には机や椅子が雪景色にむかってすえつけられ、雪を見ながらワインも楽しめる。
部屋は二階建てで一階に2人分のベッドとみんなで囲める机(こたつ)、二階にはベッドが4つあるのでたくさんの人数でも大丈夫。

食べきれない量の夕食が出てくる。
テーブルごとに大皿にどっさり盛られたけんちん汁や散らし寿司や鶏のパン粉焼き、サラダなどなど。
ヒュッテにも2人のお子様がいるので、子供向けのケアも行き届いていて嬉しい。

朝食もたっぷり。
ミネストローネスープや新鮮なフルーツの入ったヨーグルト、焼きたてのパンやリンゴジュース、コーヒーなどなど。

綺麗なお風呂もついているんだけど、温泉が初めてのモモちゃんを連れて雪の露天風呂のある美麻温泉へ。シーズン初めのスキーで疲れた身体をほぐした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

SEX PISTOLS

久しぶりにラジオからセックスピストルズの曲が流れてきた。

ずいぶん忘れていたがふと思い出したことがある。

学生時代、同じゼミにセックスピストルズが大好きなEくんという一風変わった男の子がいた。
今思えば別に見た目がパンクというわけでもなく、個性的で面白い人柄なんだけれど、ちょっと固い雰囲気のゼミには溶け込みにくそうだった。
わたしはそんなEくんにも試験前にはノートを見せてもらっていて、(他の人は誰もEくんには頼まなかった)ノートに描いてある前衛的な絵がとても面白いので気に入っていたのだ。

ある日ゼミで冊子を作ることになって、自己紹介ではなく「他己紹介」をお互いにすることになった。誰かを選んでお互いにその人を紹介するというものだ。
それで、Eくんだけが一人余ってしまったので「わたしが2人分書きます」とEくん紹介も引き受けたのだ。

まあみんな当たり障りのないことしか書かないんだけど、「Eくんは、見た目は普通やけどちょっとヘンコで無口でセックスピストルズが好きでものすごく人を惹き付ける絵を描いて人とおしゃべりするのは下手やけど、才能はある。」と書いておいた。
配られた冊子をじっと眺めているEくんを見て、ちょっと気分悪くしたかなと思ったけどまあいいやとしらんぷりしていたのだ。

翌週。
ゼミが始まる前に教室に入ると(いつも時間ギリギリか開始後入っていたけど)、みんながものすごくざわついていた。
「何、なにどうしたの?」というと、みんなが黙ったまま黒板を指差した。
黒板には・・・一面にものすごい感情の吹き出たような興味深い絵が。
わたしには一目でEくんの仕業だとわかった。
Eくんは静かに下を向いている。
誰かが消そうとしたが「もったいないやん、教授に怒られるまで残しておこうよ」とわたしが言うと、みんなも不思議そうに席についた。
教授は「あれれ」と目を丸くしていたが、「まあ今日はレジュメがあるし、ちょっと飾っておきましょう」といった。
わたしも下を向いてクスっと笑った。

Eくん開放伝説はこの後続くのだが今日はこれぐらいで。
こんな遠い思い出をふと思い出したのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

甲子園口ヨガレッスン 2009年1月のおしらせ

Nec_0104 甲子園口でのヨーガレッスン 2009年1月の開催日のおしらせ

場所 西宮市甲子園口北市民館(JR甲子園口北側 徒歩7分 山手幹線   北側の熊野神社前 松並公園のなかの建物) 会議室(人数によって場所変更あり)

日時 1月8日・15日・29日の木曜日 朝10時から11時(約1時間)

料金 お部屋代金の募金(500円)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル

冬休みでなまった身体の機能を回復させましょう。

予約はいりませんので直接お出でください。

ご不明点はmari.henmi@gmail.comまでメールでお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

ハaハaハa納め

Nec_0589 Nec_0587みんなでハaハaハa納めに。

クリスマスが終わったからそんなに忙しくないかなと思ったら、けっこうひっきりなしにお客さまが。
やっぱり素敵なお店にはいつでもみんなが魅かれてやってくるんだな。

外は今年一番の寒気で小雪が舞っていたけれど、窓ガラス越しのおひさまが身体をポカポカと温めてくれる。
おいしいハヤシライスやお茶で心もあたたまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

クリスマス会

Nec_0582親友一家がクリスマス会でお泊りにやってくる。
日本酒の好きなニュージーランド人のM氏とは久しぶりの日本酒の宴なので、とにかく酒の肴は日本酒ベースで準備する。

なんと16時から宴開始である。
娘のモモちゃんは宴会中いったん眠るものの、再び復活して元気に走り回っている。
大治郎を酒蔵まで買いにいって、何種類か飲み比べをする。

2年半くらい会えなかったのだが、昨日まで一緒にいたみたいな会話や空気。遠くに住んでいることをさびしく思うこともあるけど、親友って人生で何人も見つかるものではないし、こうやってたまにでも会えることに感謝だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

クリスマスの絵本

Nec_0505本屋でのお手伝いの仕事納め。
朝からかけこみでクリスマスプレゼントの絵本を選ぶ方々が多い。

「3歳児に読み聞かせ」
「色の綺麗な絵本」
「とにかく時間のかかる塗り絵(孫をあずかるおじいちゃんたちだ)」
「サンタは出てこないけれどクリスマスのこと書いている絵本(難しいな)」
「漢字ドリルをクリスマス用に包んで(開けたらびっくりやな)」
などなど。

本屋が終わったら年に一度の身体の検査を受けてすっきりしてから、仕事無事終了祝いのシャンパンを買って買える。
飲み会が続いているけれど、やっぱりお仕事打ち上げは祝わないと。

ハッピークリスマス。
雪は降るかな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

素敵なトラットリア

Nec_0581 Nec_0580_2府立体育館の有志でお楽しみ会。
ゆっくり美味しいものを食べてゆっくり飲もうとわざわざ休日の17時に集合する。

よくお世話になるトラットリア パラディソさんは府立体育館のちょうど真横にある小さな隠れ家のような可愛いお店。
リストランテほど肩の力の入らないイタリアでいう家庭料理のお店だ。

農家直送の旬の野菜を使った前菜や、豊富で良心的な値段のワイン、そしてここはピザが実においしい。
人数が多いから何種類も頼めてうれしい。ピザマルゲリータや、生ハムと半熟卵のピザ、そしてオリーブが大好きというと裏メニューでオリーブとたまねぎとトマトのピザを作ってくれた。

普段レッスンだけでなかなかお話することが少ないので、ゆっくりみんなの旅の話や仕事の話を聞けておもしろい。
食品見本の会社で働いていたOちゃんのパフェ見本の作り方や、いまはなくなったが大手の英会話学校で働いていたKちゃんのイタリア紀行、Tさんのおもしろい三人の息子さんのお話などなど、ああっという間に夜はふけて、ふと時計を見ると10時半だった。
5時間半も飲み食いしていた・・・

普段聞けないお話をこうやって聞かせてもらう機会は大事だな。
さすが女子の会、わたしはオッサンなので飲んだらあとはお茶でしめくくりなのだが、みんなきちんとデザートをいただいてしめくくっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

大阪府立体育館 第4期のお知らせ

Nec_0067 大阪府立体育館でのレッスンの第4期が始まります。

火曜日も水曜日も1月開講になります。
日程は下記の通りで、体験レッスンは一回1000円でご参加いただけます。

火曜日「ボディケア・ヨガ」 18時半から20時まで
 1月13日・20日・27日 2月10日・17日・24日 3月10日・17日・31日 全9回 9千円

水曜日「ヨガ」 14時半から16時
 1月14日・21日・28日 2月4日・18日・25日 3月4日・11日・18日・25日 全10回 9450円

体験レッスンに予約は必要ありません。
参加したい日に受付で体験の旨お申し出ください。
ヨガマットはありますので、動きやすい服装と飲み物をご用意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

ショッピングモール

Nec_0579初めてアメリカに行ったのはもう20年以上前だけれど、そのときに驚いたのが百貨店や専門店が何百と集まったショッピングモールの巨大さだった。
歩いても歩いても終わりのみえないずらりと並んだお店や、併設のシアター。
日本と違って立体駐車場なんて作る必要がないから、見渡す限り外車の停まった広大な駐車場。

そういえば友人の大学の中には飛行場もあった。

ここ10年くらいで日本でも大型ショッピングモールがたくさん出来てきたが。

NZから帰ってきた親友一家と娘のモモちゃんの雪遊びのウェアを買いに行く。
西宮北口にも大型モールが出来たが、モンベルの入っているモールへ。色々ウェアを試すが、「モモちゃんこの色が好きー」とオレンジ色の可愛いものをはなさない。
小さいけれど、女の子だなあと思う。

親友夫妻がショッピングをしている間に、モールのなかの可愛い御菓子やさんに行く。
たくさんの種類のお菓子をスコップで掬ってグラム売りしてくれるお店だ。
「どれでも好きなのをとっていいよ」というとモモちゃん大興奮で、右手でスコップ、左手もお菓子につっこんでわしづかみしていた。

ホワイトクリスマスになるかな。
モモちゃんは始めての雪遊びになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

あたたかくなる手紙

Nec_0578あたたかいお手紙をたくさんありがとう。

クリスマスまでずっと部屋に飾っています。

車をスタッドレスタイヤに交換してきた。いよいよ今年も雪の季節だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

シュトーレン

Nec_0547北海道のリエちゃんから贈り物が届く。

彼女のお店でつくっているドイツのクリスマス菓子のシュトーレン。
シュトーレンの下にはころころとジャガイモがつめられていた。
彼女らしい楽しいクリスマス箱だ。

クリスマスが国民のお祭りみたいに考えられていることは好きではないけれど、手書きのカードや贈り物を選ぶのは大好き。
贈る相手のことを考えながらカードを選び、贈り物はなにがいいかを考えている時間はその相手と一緒にすごしている気持ちになるからだ。

だから旅先からお手紙をもらうことはとても嬉しい。
遠い旅先でわたしのことを考えてくれている時間こそプレゼントだからだ。

シュトーレンは1ヶ月も日持ちするらしい。
冬山にもつれていきますね。どうもありがとうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

お楽しみ会

Nec_0573 Nec_0554 Nec_0564 Nec_0571 Nec_0553 Nec_0570 Nec_0568 Nec_0576 Nec_0556_2 Nec_0548 Nec_0549 Nec_0550 Nec_0551 Nec_0557 Nec_0559 Nec_0560 Nec_0562ミューラシア最終日のお楽しみ会。

イシハラさんがデジュリドゥをたくさん持参して素晴らしい生音のライブをプレゼントしてくれた。

京都から「音の差し入れです」とシンギングボウルをもって来てくれたお友達も。
これまた綺麗な目のいい味をもった方で、彼がシンギングボウルとお話しているさまはとてもよかった。

イシハラさんの生音を聞いているとき、不思議なことが。
なんか自分の身体のなかですごく昔のことを思い出したみたいにゾクゾクして、知らないうちに涙が出ていてびっくりした。細胞がなにか記憶しているのかな。

みんなでデジュリドゥを吹かせていただく。
なかなか難しいんだけど、それぞれ一列に並んで発表し、最後にみんなで一吹きしてものすごく楽しい。
シンギングボウルやティンシャも鳴らしてみる。
空間がとてもいいバイブレーションで満ち溢れていた。

みんなが一品づつもって来てくれたお料理はどれもこれもとても美味しくて、いい空間でわいわいとあっという間に時間がたってしまった。

すごく楽しいお楽しみ会になりました。来年はなにを企画しようかとわくわくします。
本当にありがとうございます!
今年あの空間に集まってくれた仲間と、あの空間を提供してくれたミューラシアさんに心からの感謝をこめて。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

再び シェ リュックへ

Nec_0542_2 Nec_0546 Nec_0545府立体育館の最終レッスンのあと、ヨガの打ち合わせをすばやく終えて、NZから帰ってきた親友と野菜をとてもおいしく食べさせてくれるなんばのシェリュックへ。

シェリュックに行く前に、体育館前のトルコ料理の店でトルコビールを飲む。
さっぱりしておいしいビールだった。
こんどはゆっくりドネルケバブを食べてみよう。

シェリュックは味のよさももちろんなんだけれど、スタッフの方々の行き届いた心配りがすばらしい。ちょうどいいタイミングで出していただけるお料理や、ワインを静かに注ぎにきてくれる合間も、そしてお箸を落として「まあいいやさっと拭いて使っちゃおう」とわたしがつぶやいていると、しずかに差し出されるお箸(2回も落とした・・・)。

楽しいおしゃべりというスパイスとともに豊かで幸せなひとときだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

呼吸法勉強会

Nec_0541指導のための呼吸法を勉強したいという熱心な助手の先生と勉強会を行う。

マントラの意義を簡単に解説したあと、ぽんぽんと飛んでしまいそうになる話を戻しながら、調気法についての話。

みんながもって来てくれたおいしい紅茶や、お菓子、手作りのクッキー(2種類もプロのような出来のクッキーがこれまた可愛いカゴに入っていた)などで幸せな休憩をはさんだあと、テーマを設けてレッスンの導入をやってもらう。

呼吸をゆっくり誘導して、こわばっている人をリラックスさせる・・・がテーマ。
2人の方にやっていただいたが、それぞれ個性があってとてもいい感じだ。
なんだか今すぐにでも、こわばっているそこかしこの方々を癒してもらいたいぐらいだ。
よく聞いてみると、ものすごく勉強家なお2人はレッスンを録音し、それをまたテープ起こししてノートに書き取り、要点をまとめているようである。
なんて熱心な!
少なくとも90分はかけて復習しているということか・・・
わたしなんてヨーガが終わったら教わったレッスン内容をほとんど忘れていたのに。

勉強が出来る友達ってこうだったよなあとぼんやり思い出した。
わたしはいつもいつも、授業中は頭のなかでトリップして他のことを考えていて、気づいたら先生にさされていたり、授業が終わっていたり。
宿題をやろうとして家で机にすわるんだけど、気付いたら引き出しを整理していたり、カラフルに色ペンをいっぱい使ってアートな時間割を描いていたり、ぼーっと鏡をみていたり。
どうも昔から集中力というものに欠けるようなのだ。

テストが近くなればなるほど、深夜に休憩がてらつくるココアなども時間や手間をおしまなくなり(そんなことしてる暇ないやろと思いつつも)、ココアを香ばしくいためてからミルクや生クリームをいれ、少し香り付けのブランデーを落としてゆっくり優雅に1時間ほどお茶休憩していたのである。
有閑マダムの午後のお茶じゃあるまいし、数時間後には英語のテストなどを控えながらこんなことをしてしまうのである。

そして、やっぱりテスト中もトリップして運動場を見ているのだ。
だから今こんなんなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

ちあきなおみのうた

Nec_0534 Nec_0535ある日、「先生は日本の歌手でだれの歌が心に響いた?誰が好き?」と、毎週かかさずレッスンに来られている自分の父親くらいの男性の方に尋ねられた。

それほど深く考えず、「ちあきなおみですねえ」と答えたところ、その方の目は2倍くらいに見開かれ、わたしの手をとらんばかりに「本当ですか!」と叫ばれた。

実はぼくは・・・と彼は大きな声で話し始めた。
彼はちあきなおみの情感のこもった歌を心から愛し、「わたしにとってはあれ以上の歌い手はいないのです」と。
もう彼女は引退して久しいけれど、死ぬまでに彼女の生の歌声をききたいと。

わたしが覚えているのは幼いころ聞いた「喝采」という曲だったが、この人はすごいと子供心に感じたのだ。そしてあるとき、運転中にふとラジオからこの「喝采」が響いてきて、改めてこれはすごいと思ったのだ。

こんな話をすると翌週男性の方は大きな箱をかかえてスタジオに入って来られた。
「これ、聞いてみてください」とあけられた箱のなかは、豪華な装丁の「ちあきなおみ全集 CD10枚セット」だった。

マウンテンバイクでなんとか傷つけないように大切にもって帰り、ゆっくり楽しませてもらった。時代を超えて残っていく歌声を感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

マッサージの不思議なはなし

Nec_0537以前友人が出産祝いに変わったマッサージをプレゼントしてもらったという話を聞いた。

全盲のマッサージ師さんなのだが、チャクラの詰まりぐあいなどがわかり、マッサージやヒーリングストーンで流れの悪いチャクラを開き、その人の生活のあり方にまで色々な話をするらしい。
見た目と物言いはただの大阪のおばちゃん・・・とのことだが。

友人のなかで数人体験者がいるのだが、ベッドに横になるなり「あなたはなにをそんなに怒りをためているの。チャクラがまったく開いていない。」とか、「なにか大きな決断を乗り越えて、とてもすっきりしているね。」とか。

そんな変わったマッサージの先生がいるんだってと何気なく話していると、最近行き詰まりを感じていたMちゃんが「行ってみたいです!それ!」と。

友人に連絡先を聞いて早速先生に電話し、マッサージを体験したMちゃんから報告があった。なんにも話さずベッドに横になって開口一番「あなた、最近近しい人がいなくなった?なにがあなたをそんなに悲しめているの?」といわれたとのこと。
それは確かに当たっているんですとMちゃん。
腰の悪い彼女は、腰にヒーリングストーンを置かれ、マッサージを受けた。
「わたしは目が見えないからか、気の流れがわかるんで」とその先生が話したらしい。
なんだか少しヒントをもらい、身体を楽にしてもらって、今日から新たな気持ちでがんばろうかなとMちゃんからメールが来た。

インドで受けたアーユルヴェーダのなかのマルマ療法のひとつであるマッサージ法において、このような話がある。
優れたアーユルヴェーダ医師は医学からもヨーガの行法からも強いプラーナの力を得、治療に役立てることが出来ると。
優れたプラーナをもっている医師は技術的な力量がそれほどでなくても、そしてそれほど時間をかけなくてもマルマ治療の効果をあげることができると。
逆にプラーナが発達していない施術者の場合、技術的に正しい治療を行っていても効きめが顕れにくいと。

それはたしかに正しいと思う。
ヨーガももちろんそうだ。ポーズがどんなに綺麗にできても、指導がどんなにうまくても、その人の魂が澄んでいなければなにも響かない。
あらためて自分のさざなみを鎮め水のなかを覗き込むきっかけになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

インド土産

Nec_0524 Nec_0523_2 Nec_0525 Nec_0531 Nec_0528出張でちょうどテロ事件のときにムンバイにいっていたTちゃんが無事に帰ってきた。

ホテルにかんづめで出られなかったそうだ。でもドンピシャでテロ事件の時期だったので、とても心配した。

彼女がヒンドゥの2009カレンダーをお土産に買ってきてくれた。
今年春に買ってきたサドゥカレンダーももうすぐ終わりなので、嬉しい。
来年一年ヒンドゥの神様に見守っていただきます。どうもありがとうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

目のはなし

Nec_0124 朝起きて鏡をみたらビックリ!

右目の白目のところが出血で赤くなっていた。午前中のレッスンのときにみなさんに「こんなんなったことありますか?」とたずねると様々なご意見が。

大半が「原因不明でほっておいたらなおる」というもの。そのほか「血圧が高いとこうなる・腎臓疾患などの内臓疾患によるもの」という意見が。

まあほっておいてもいいんだろうけど、「激しい運動や逆立ちはだめですよ」という意見も気になったので、夕方近くの眼科へ。

このごろのクリニックはどこも綺麗な待合室でサロンという感じだが、先生も白衣など着ずにしゃれたシャツとさっぱりしたパンツ姿である。眼科ってこうなのかな。

子供のころから眼科にかかったのは小学生のときプールで結膜炎になった一回きりなので、基準がわからないけれど、サロンでは大きな画面でずっと「エンタの神様」を流していて患者さんたちがハハハと笑いながら待っている。こういうものなのかな。

結果からいうと「原因不明なのでほっておきましょう。一週間くらいでよくなりますよ。」とのこと。視力などの検査も数十年受けていないので検査も受ける。

眼圧というものを測ったが、目玉に向かって空気の玉のようなものを発射されるので怖くて毎回よけてしまう。大丈夫だからねと看護師さんにはがいじめにされ、やっと測定する。

視力は今までと変わらずだったが、今回近くの視力というものを初めて測る。わたしはもともと視力がいいので老眼になりやすい目だとのこと。確かに近くの視力のほうが少し悪かった。

「老眼って予防方法はあるんですか?」と先生に尋ねると「今のところないねえ。受け入れるしかない組織変化なんだよね。」といわれた。

「ヨーガでこんなやりかたがあるんですけれど」と、目のトラタカの話をする。

先生は興味深々でメモを取り始めた。いくつかのトラタカを説明すると「ふーん、それはやってみる価値はあるし理にかなっているなあ。」としみじみ。「でも眼鏡屋さんが流行らなくなるね。」とつぶやいていた。

今回あらためて目のトラタカの重要性を感じた。これからもレッスンにどんどん取り入れて、みんなの老眼を予防しよう。

ここのところお話しているジャラネティ(鼻洗い)も実は視力回復にとてもいいのです。目の神経のすぐそばのところを洗浄するので、目の浄化にもなります。

なによりも予防が大事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

ミューラシア 最終レッスン

Nec_0117ミューラシア秋の部最終レッスン。

呼吸法と脊椎まわりのナディの通りをよくすることがテーマ。
片鼻ずつのカパラバーティ、交感神経と副交感神経をバランスよく整え、腹部・胸部・肩部をつかって呼吸器全体をきちんとつかう動きを行う。

5元素の「火」、体内に熱を生む呼吸で身体を起こす。

最後は静かに瞑想で終了。

今期のミューラシアは本当にさまざまな個性的な方々の参加で、とても面白いクラスになったと思う。どこのクラスにもそこ独自の雰囲気があるけれど、たくさんあるヨガスタジオのなかでちょっとわかりにくい場所にあるちょっと変わったミューラシアを、わざわざ探して来てくれる方々はとても個性的。そしてそこでわたしが発信しているメッセージをきちんと受け取ってくれているのだ。

てるちゃんが、今週がお楽しみ会だと思ってたくさん「さつまいもプディング」を作ってきてくれた。素朴なお味でものすごく美味しい!取り分け皿も持参してくれて、みんなで山分けして幸せな気持ちでいただいた。ヨーガのあとの身体に優しい味がしみわたりました。
ごちそうさまでした! 来週はてるちゃんは手ぶらできてね。

ミューラシア来週はお楽しみ会です。
18時過ぎくらいから20時半くらいまでを予定しています。
最初に少しマントラをみんなに御伝えして、その後イシハラさんによるデジュリドゥの演奏と体験(みんな演奏にチャレンジしてみます)などなど。
ひとり一品なにか食べ物をお持ちください。
お好みの飲み物がある方はお持ちください。(お湯や冷蔵庫はあります)
普段ミューラシアに来られていないかたで雰囲気を見てみたい方も、デジュに興味がある方も大歓迎です。
場所がわかりにくかったらご案内しますのでメールを下さい。
ご参加お待ちしています。
mari.henmi@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

ル・クルーゼ グリル

Nec_0521以前からほしかった「ル・クルーゼ グリル」が届いてびっくり!
クリスマスプレゼントにと義理の母からの贈り物だ。

ル・クルーゼは鋳鉄なので、トレーニングに使えそうなほど重いのだが、火の通りが均一だし、なによりデザインが可愛いのである。
こういう調理器具も、いいものは一生物である。
以前友人にもらった南部鉄器の鉄瓶も使えば使うほどなじんでいい味が出てきている。
以前フランスの民家を借りて滞在したとき、キッチンの道具や食器がとても使い込まれていて愛情を感じた。
いいものを大切に長く使っていきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

痩せるには

Nec_0110「20代より3.5キロ太ったんです。3.5キロ痩せるヨガを教えてください」といわれた。

はっきりいいます。そんなものはない!

人間の身体が20代より30代のほうが基礎代謝が落ちてくるのは当たり前なのである。20代のままの生活や摂取カロリーを続けているなら、太ってくるのは当たり前。
でも、一週間に一度のヨガレッスンを受けるだけで、他に積極的な運動をせず、食べたいだけ食べ、電車では好んで座り、階段よりエスカレーターを使う生活をしている人に「ヨガに来ているけど痩せない」といわれたら、当たり前やとしかいいかえせないではないか。

まず彼女の生活の仕方を改めることからである。

毎日40分以上は歩く(やっと脂肪燃焼が始まるのがこの時間だ)

寝る2時間前からはなにも食べない。

夕食の炭水化物を少なめにする。

浅くて早い呼吸を、横隔膜を使う深い腹式呼吸にきりかえる練習をする。

毎朝スリアナマスカルをやりましょうというと、「週に2,3回じゃだめですかー?」と。
いいよ、別にあんたの身体やからという言葉をのみこみ、「週に1回1時間スリアナマスカルをやるなら、一日一回365日続けることに意義があるんだよ」と告げた。

ヨーガはダイエットの手段ではなく、柔軟性をあげるストレッチでもない。
生きかたの智慧といえばいいか道といえばいいのか。
それを実践していることで、身体や心や魂が整っていくことはもちろんまちがいないのだが、「ヨガダイエット」などと特化して広めたメディアにも責任はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

かっとばし

Nec_0522ニューヨークのYさんからお手紙が届いたので、クリスマスカードかと思ってあけてみると・・・

「浅草のとりの市に行き、こんなお箸を見つけました。トラコレクションに参加させてください」と、折れたバットを再利用したかっとばしが入っていた。

たしかにこのお箸、木目がすばらしく美しくてバットの素材感だ。

わざわざニューヨークから浅草に遊びに来て、もって帰り、またニューヨークからかっとばしを送ってくれるYさんがなんだかとても面白い。

ありがとうございます。うちの虎エリアにおさまりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

鰤しゃぶと止まらない話

Nec_0518 Nec_0517_2 Nec_0519 Nec_0520みっちゃんがイギリスの旅から帰ってきたので、なにか温かい和食をということで、魚問屋で鰤を半身買ってきて薄く切り、ぶりしゃぶにすることにした。

到着するなり溜まった話をしゃべり始めて、ナベを囲んで日本酒をかたむけていたら、仕事をおえた主人も帰ってきて合流、はっと気付いたらまた午前1時だった。

みっちゃんが取り寄せてもって来てくれた「ふらのプリン」は牛乳瓶のように細長くて、ものすごくおいしい。甘すぎるスイーツはいつも食べきれずに残してしまうのだが、ちょうどいいやさしい甘さのこのプリンはお腹にもやさしくていいな。
甘さも辛さも「ほどよい」がよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

冬の日のハaハaハa

一度ハaハaハaさんに行って見たいというヨガのK先生とともにミーティングをかねて大阪港へ。

枯葉が階段にきれいな模様をつくっている。秋から冬への移り変わりを感じさせるお店のなかのしつらえがとてもいい。

ハラダさんとK先生もヨガつながりで顔見知りなので、なんだかんだとお話していたらあっという間に時間がたってしまった。テーブルには可愛らしいクリスマスのお菓子も並び始めていて、いい空間だなあとあらためて思う。

自分でつくったお皿にハヤシライスをたっぷり!「多かったら残してくださいね」って言われたけど、残すどころかおいしくてペロリ。

空間って、どんなにいい家具やしつらえがあってもやっぱりそこで迎えてくれる人があってのものなんだな。こうやってタナカさんやハラダさんがにこにこ迎えてくれるから、ここには色々な人が集まってくるんだと思う。

カフェの裏の静かなお部屋で今日はフラワーアレンジメントのクラスをやっていた。こういうコラボイベントもいいね!

寒い冬の日も、窓ぎわはあたたかな冬の陽がさしこんできて座っていたら背中がぽかぽかになった。寒い日はみんなもどうぞ読みたい本をかかえてハaハaハaさんへ。

http://hahaha.tapo.jp/

Nec_0514_2 Nec_0513_2 Nec_0512 Nec_0515 Nec_0516

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

ごま油マッサージなど

Nec_0511先日からレッスンでごま油のマッサージについてポロポロとご質問をいただくので簡単にまとめてみます。

ごま油は煎った香ばしいこげ茶色のものではなく、生絞りの透明のものを使います。近くのスーパーで手に入り、700円くらいだと思います。

私は化粧をおとすのもこれですが、お風呂に入ってから(体表温度が上がっているほうがしみこみやすい)顔から頭から手足やかかとまでたっぷりこれでマッサージします。
ごま油は粒子がとても細かくて皮膚への浸透が抜群なので、普通のサラダ油のようにまったくベタベタしません。とても質のよいマッサージオイルです。
ごまは抗酸化作用があり、からだのサビ(老廃物質)をすばやく排出する手助けをしてくれます。口から入れ、内臓に取り込むことも大事なのですが、皮膚からの吸収はすぐに毛細血管にしみこむため、血流の改善に即効性があるといわれています。

肩こりの方は首まわりを念入りに。
膝の悪い方はぜひ膝まわりにすりこんでいると膝の動きが潤滑になります。

冷えやすいこの時期は、3つのポイントを自分でマッサージします。

まずは頭。
指に軽く油をつけて頭をマッサージ(頭部マッサージは自力で出来る有効なリラクゼーションです)。こめかみがゆるんで頭部への血流が改善されれば、目の疲れもとれます。

つぎに耳。
耳にもたくさんのマルマ(つぼ)が集まっています。
軽く油をつけて耳たぶをやわらかくマッサージします。

そして足の裏と足の甲。
足の裏もたくさんの内臓とつながっています。かかとやくるぶしまわりもよくマッサージ。
足の甲は指の腱と腱との間の谷になっているところをよく流します。

これで末端からの流れを改善します。
ごま油にはビタミンEも多く含まれているので、毛細血管を開きやすくし、血流改善にとてもよいのです。

出来ればごま油はナベで100度くらいに5、6分熱して、一度キュアリングという段階をふむとまた浸透度もよくなるようです。(これはめんどうくがりの私はやってませんが)

さあみんなでごま油教に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

ムレスナティーハウス 本店

Nec_0509_2
甲子園口市民館のレッスンで大量のネティポットをみなさんに手渡したあと、行ってみたかった紅茶専門店に助手のYさんをお誘いして2人で自転車で足をのばした。

地元の静かな住宅地のなかにとけこむように落ち着いたお店が。
こんなお店があるとは知らなかった。
どれにしようか迷うたくさんの紅茶がある。
わたしは咽喉にもよさそうなので、はちみつとりんごのミルクティ(たっぷりポットに入っている)、Yさんはアーモンドのショコラティー。
サンドイッチもたのんでみた。
紅茶はどちらも香りがすばらしく、身も心も癒されるおいしさだった。

そしてサンドイッチはもうこれもまたこれだけのために通いたいほどの出来。
きちんと水にはなしてパリッとさせたたくさんのベイビーリーフに生のベリーやいちごまで入ったサラダがってんこ盛りだ。

パンはたくさんの野菜とオリーブや角切りのベーコンをすでに生地に練りこんであって、そのまま食べても充分おいしいんだけど、またそこにレタスやトマト、ポテトサラダがぎゅっとつめてある。

店は静かで、スタッフの方々の行き届いたおだやかなケアもよい。
近所にこんなところがあって嬉しい大発見。
ちょっと一息つきたいときにとても素敵な隠れ家を見つけた。
http://r.tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28004196/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

冷え性を改善しよう

Nec_0102女性の方のこの時期の相談は「冷え性をなんとかしたい」というもの。

手足が冷たくて眠りにくいとか、基礎体温が36度に至らない方は身体の発熱機構がうまく働いていない。

対処法と根本改善の大きく二つにわかれるのだが、根本改善から。

冷え性の方は身体を発熱にいたらしめるための赤い筋肉(持久筋肉)が不足しているのです。脂肪が多すぎるだけの身体もだめ、ただ華奢な筋肉のない身体もだめです。炭水化物を食べたらすぐに熱に変えられるような基礎代謝のよい身体を作っていけば、だんだん流れのよい温かい身体にかわっていきます。

駅ではエスカレーターを使わず階段を歩くとか、ちょっと遠い買い物も歩いていくとか、空気のいいところをちょっとジョギングするとか、毎日の心がけで質の良い筋肉をつけましょう。
階段を見かけたら、「やれやれ」と思うのではなくて、「トレーニングのいいチャンス」なのです。

ヨーガでは、口から入れるものがその人を作るといわれています。
バランスよく食べるのがとても重要。ジョギングをどんなに重ねても、良質なたんぱく質を採らないと筋肉になりません。
同じように、どんなに肉や野菜を食べても、炭水化物を食べないと熱を生みません。
どんなに忙しいときも、最低10品目を食べるようにします。もちろん、炭水化物やたんぱく質やビタミンなどをバランスよく。
そして秋から冬にかけては、どの食事にもちょっと生姜をつかいます。
汁物にすりおろして入れるだけで身体は温まり、基礎体温をあげてくれます。

根本治療の3大要素は、運動・食事・さいごに股関節のしなやかさです。
股関節がかたくこわばっていると、リンパの流れも悪く血流も阻害され、もちろん末端が冷えてきます。
時間を見つけたら、骨盤をゆっくり旋回させたり、開脚して股関節や脚の裏側をのびのびと伸ばすことをいつも頭においておきます。
柔軟性はどんな年齢になっても、始めたその日から効果が出始めます。

出来ればヨーガの倒立か肩逆立ちのポーズを毎日行います。
食べ物の重みで下垂している内臓を、逆からつるしてしっかり隙間をつくり、消化力の高い内臓にかえていきます。
倒立や肩逆立ちのポーズは実際に若返りのポーズといわれ、もちろんそれは見た目だけの話ではなく内臓自体を活性化させることからこのように呼ばれています。

身体を若返りさせながら、冷え性も改善しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

来ましたよ

Nec_0504今年は大量に工場から取り寄せました。

みなさんのご依頼のネティポット届きました。
明日のレッスンから順次お渡ししていきます。

これで今年は悪い風邪を予防しましょう!
送料は工場が無料にしてくれたので、このままの定価をいただきます。
ひとつ651円です。
ブログを見てくれている方は出来ればおつりのないようにご用意いただけると、とても助かります。

みなさんお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

なんでも屋さん

Nec_0503朝から訪ねてきたお客さんの注文はこんなものだ。

「まごに読んであげたいから、大きな字で書いてある源氏物語ある?」

「孔子の論語をわかりやすい注釈で書いてある本ある?」

「最近のぺ・ヨンジュンがいっぱい載ってる本ある?」

「推理もので、登場人物が少なくて(多いと覚えられない)、どんでん返しが面白いやつある?」

「老人ホームで朗読してあげたいんだけど、何がいいと思う?」

「童謡のCDがついている本がほしいけど、きれいな声のじゃないとイヤ。」

「最近ぼけてきたから、中学生の問題集やろうと思って。理科と英語と数学なんでもいいからとりよせて。」

どれも出版社も著者も不明。なんでも屋さんである。大体一人のお客様の接客に20分から30分くらいかかる。
大変ではあるけど、希望のものを見つけたときは嬉しい。
それに、機械みたいにただただ本を売る店より、わたしはこういう店がすきなのだ。

最近のおすすめは「ムーミンシリーズ 英語版」 
ストーリーももちろんだけど、英語でも楽しめて、挿絵は著者のトーベヤンソン直筆なので、本当にお話にぴったりした楽しい絵。英語検定やTOEICを受ける人たちに、頭の休憩にすすめている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »