« 恐慌前夜 | トップページ | セッション »

2008年10月11日 (土)

花崗岩選手権

Nec_0319 Nec_0320 Nec_0331 一年に一度、広島のドリル氏の企画イベント「花崗岩選手権」も今年で6年目となる。昨年までの5回は選手として参加していたが今年は公認マントリング協会会長としてスタッフ参加。

今年は総勢20名強で、好天にも恵まれ盛況に無事終了した。

今年の優勝者はガッキーさん。しなやかな登りで同率首位だったマッキムくんをかわして、優勝カップを手にした。

今年の優勝カップ(トロフィー)はドリル氏手作りの巨大木工ワイングラスだった。(これは実によくできていた)

わたしたちがもらった優勝杯は重量20キロの花崗岩だったり、重量110キロで高さ2メートル弱のトーテムポールだったのに・・・年々洗練されてくるような。

九州や四国のクライマーたちにも会えて、新しい友達もでき、なんだか同窓会のようで楽しい。

|

« 恐慌前夜 | トップページ | セッション »

フィールド」カテゴリの記事

コメント

私たちは備中での「新エリアお披露目コンペ」でした。
本当にお互いクライミング日和でよかったねえ。
幸せな2日間でした。
顛末をブログにアップするので遊びに来て下さいね。

投稿: みちよ | 2008年10月14日 (火) 09時50分

初コメントです(^-^)
年を重ねるごとに、欲しいトロフィーへと変化しているのが惜しいと思うのは私だけですかね?

優勝目指したいんだけど、優勝してしまうと困ったものをいただかないといけない…という微妙な心理状態が見ていて楽しかったんですけど…

トーテムポールとか最高やったなぁ。

投稿: けいこ先生 | 2008年10月14日 (火) 14時05分

みちよさん そうでしたか、好天でよかったですね。外日和の3日間でした。

けいこせんせい 今年はけいこせんせいに会えなくてむちゃくちゃ寂しかったです。初代からのメンツはがらりと入れ替わりました。みんなドリペースに慣れていなくてとまどう様を見るのが面白かったです。トーテムポールねえ、ほんま運び込むのも設置も大変で、しかもちょっとぐらぐらだから地震がこわいんだよ。やばいよ、あのトロフィー。早くベビちゃん見てみたいです。

投稿: MARI | 2008年10月14日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花崗岩選手権:

« 恐慌前夜 | トップページ | セッション »