« 浄化 | トップページ | 余韻 »

2008年9月23日 (火)

別れ

Nec_0279 Nec_0274 Nec_0262 最終日の今日は5つのコーシャのうち3つを意識しながらひたすら同じシークエンスを繰り返し、自分のコーシャを認識するというクラス。

コーシャとは人間のもつ5層の鞘といわれていて、まずは肉体(食物鞘)、そしてプラナによってつつまれている第二の鞘(生気鞘)。その外側をつつんでいるのが意思鞘。わたしたちが精神をめぐらすことのできる層である。4番目の層は理知鞘(無感覚という感覚)。一番外側は歓喜鞘。宇宙の大きな命とひとつであると意識するおおきなおおきな鞘。

一度目は自分の身体に意識をめぐらせながらアサナを行う。二度目は身体のことからは意識を抜き、気の流れを意識しながらのアサナ。そして三度目は身体と気の流れを精神に集中させながらアサナを連続させる。三度目のシークエンス(一連のアサナの動き)になるともう驚くほど身体はしなやかにのびのびと解き放たれたように動く。

わたしたちの身体は5つの元素からできていると考えられていて、火・水・風・地・空のどのバランスがくずれてもだめ。5元素についてはまたゆっくり書くが、その力の充実を感じたクラスだった。

静かにマントラやキールタンをみんなで唱えてリトリートが終わる。

ヴィシュワ・ジから額に祝福のビンディを頂き、腕にきれいなオレンジ色の糸を巻いてもらう。インド菩提樹の木の実でできた数珠をいただいた。日本のようにでかい額にはいった修了書などではなくこのシンプルな祝福が嬉しかった。

また会おうと約束をしてヴィシュワ・ジやみんなに別れを告げる。やっと出会えたわたしの師である。

|

« 浄化 | トップページ | 余韻 »

ヨーガ」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい体験でしたね。

もうこの3日の体験をまとめてしまわれたんですね!
というより、MARIさんのなかでは一連のレッスンがすんなりと体系立てて瞬時に理解できていらしたということですよね...

私はやっと頭痛が治まってきたので、ノートを見たりしながら、ゆっくりと反芻をはじめたところです。

ブログにも感じたこととか思うところとかを少しずつ書いていきたいと思います。
理解におかしなところがあればバシバシご指導ください。

投稿: みちよ | 2008年9月24日 (水) 22時04分

お疲れさま~。
そして最後まで(笑)お世話になりました
笑いあり涙あり。。。の4日間は、LOVE&PEACEな時間だったなぁ~。
ここで得たエッセンスは、これからの毎日をより穏やかにしてくれることでしょうね。
みんなとの繋がりと師ヴィシュワジに感謝。

投稿: orie | 2008年9月24日 (水) 22時50分

みちよさん
胸の中にあらたな澄んだ水が湧いてきたような気がします。リトリートは一人ひとり得たものがあると思います。自分の感じたことや受け取ったことが血となり肉となったときに、また生きてくるんだと思います。どうか自分の感性で受け取ったことを大事になさってください。

投稿: MARI | 2008年9月25日 (木) 08時25分

オリエちゃん
無事におかえり。荷物は昨日発送しておきました。リシュケシュで旅の最後にヴィシュワ・ジのアシュラムに一緒に導かれたのもご縁だとおもいます。きちんと顔をあげていれば色々つながっていくね。また一緒に情報発信していこう。次に会える日を楽しみにして。

投稿: MARI | 2008年9月25日 (木) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別れ:

« 浄化 | トップページ | 余韻 »