« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

びっくりパン

Nec_0286 朝一番で宅急便が届いた。

あけてみてビックリ!すばらしく美味しそうな天然酵母のパンたちが。オリエちゃんからの思いがけない贈り物だった。

箱を開けるときにはふわりといい香りがした。そして、天然酵母で焼きしめたパンはずっしりと重い。目を閉じて手のひらにのせられたら、パンとはわからないほど重い。ためしに秤で計ってみたら400グラムもある。

箱には作り手さんの小さなお手紙も入っていて、「レーズンから起こした自家製天然酵母で焼いています。国内産小麦を使用。全粒粉は石臼で挽いたもの。塩は海の精やゲランドの塩、砂糖は洗双糖や粗糖。ドライフルーツ・ハーブ・ナッツ類はオーガニックで・・・」などなど心のこもった丁寧な説明が書いてある。そして最後に「美味しく召し上がっていただけますように・・・」

今回いただいたのは、「アニスのライブレッド」「ひまわりの種と黒こしょうのカンパーニュ」「いよかんとアールグレイのカンパーニュ」。早速切ってみたら、いよかんパンからはものすごくいい柑橘の香りがする。オリエちゃんにも作り手さんにも感謝していただきます。どうもありがとう!

作り手さんは 旅するパン屋 ナベット navet さん。宅配便でパンを届けてくれるそう。注文や問い合わせは e-mail navet_pain@yahoo.co.jp  blog http//navet.jugem.jp

                              

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

10月のミューラシア

Photo 10月のミューラシアレッスンは毎週木曜日に開催予定です。

時間は18時半から20時です。

今月はちょっとディープな呼吸法と音による浄化がテーマです。

質問は mari.henmi@gmail.com まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

朝ヨーガ Ⅱ

Nec_0281 Nec_0282 Nec_0284 少し肌寒いくらいの朝6時半に開始した朝ヨーガ、20名を超す方々にご参加いただき楽しく終了。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

思ったよりたくさんの人が早朝から港に来ていて、犬の散歩をしたり釣りをしたり。

途中からなんだか釣りの人たちも見よう見まねで一緒に動き始めて、それもうれしかったのだ。

何年か前、カリフォルニアのヨセミテ国立公園のキャンプ場で朝ヨーガを仲間とやっていると、なんだかクライマーか次々と集まってきて、言葉もわからないだろうに(日本語でやっていた)一緒に円になってヨーガをしたのを思い出した。「明日は何時から?」といいながら口々に解散して各自の岩場にむかう。

そして今日、通りすがりの人がなんとなく興味をもって身体を動かすのを見て、これが私の望むヨーガのかたちだと再認識したのだ。誰でも、ヨガマットがなくても、かっこいいヨガウェアじゃなくても興味があればその瞬間から一緒にのびのび動こうというもの。もっといろんなところでもっとたくさんの人も巻き込んで、大地のエネルギーをもらっていきたいと思う。わたしの言葉はたんなるお手伝いで、外にいるだけでみんな風やおひさまや澄んだ空気から自由にエネルギーを受け取っているのがわかる。

外ヨーガのやってみたい場所があれば教えてください。

さて、ヨーガのあとはお楽しみのハaハaハaさんのヨギーニブランチ。今回も原田菜園からやってきたゴーヤや冬瓜やつるむらさき(初めて食べた)など、薄味で素材の味が生きるように上品に料理してくれている。盛りだくさんのお野菜はおかわりし放題、身体の浄化にとてもよいビワ茶やハーブ茶、そして上手に炊いた五穀米など、ヨーガのあとのお腹と心を満たしてくれた。ほんとうにどうもありがとう。今回はリクエストもあり、人気のクッキーをたくさん作ってくれていたのでそれも嬉しい。

朝ヨーガに初めて参加してくれたさなさんはこれまた素晴らしいお菓子の作り手さんで、彼女も忙しいなか今回お菓子を作ってきてくれた。これは別の項目を設けて報告予定だ。

みんなのおかげでイベントが楽しくなってきています。心からの感謝をこめて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

明日、朝ヨーガやります

Photo お天気がよさそうなので明日予定とおり朝ヨーガを開催します。

場所: 大阪港中央突堤(大阪港駅を下りて海遊館のほうに徒歩7分くらい)

時間: 朝6時半から8時

持ってくるもの: ヨガマットかバスタオル  水

参加費: ドネーション(寄付) つぼを置いておくので中に入れてください。

海からの風があるので、寒くない動きやすい格好でおいでください。

ヨーガのあとハaハaハaさんで野菜たっぷりのヨギーニブランチをご用意いただいています。ブランチは予約制で1000円です。

ここしばらくで私に直接参加の意思表示をなさっていない方はメールをお願いします。

mari.henmi@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

甲子園口レッスンのおしらせ

Photo 西宮で兵庫県立総合体育館より甲子園口界隈のほうが通いやすい方のために、試験的に10月に2回レッスンをやってみます。予約は不要です。参加希望の方は当日下記の場所においでください。

場所 西宮市甲子園口北市民館(JR甲子園口北側 徒歩7分 山手幹線   北側の熊野神社前 松並公園のなかの建物) 和室

日時 10月16日と30日の木曜日 朝10時から11時(約1時間)

料金 お部屋代金の募金(500円)

持ってくるもの ヨガマットかバスタオル

ご不明点はmari.henmi@gmail.comまでメールでお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

壮行会

Nec_0280 イギリスに旅立ち、パートナーと暮らすことになったSちゃんが出発ぎりぎりに予定を調整して泊まりに来てくれた。毎日残業で忙しいMちゃんも今晩だけは強制終了でかけつけてくれる。

できるだけ向こうでは食べにくい家庭の和食で乾杯する。長く暮らした国を離れて新しい国で暮らすのはいろいろあるだろうけど、きっと楽しいこともいっぱいあるだろうから。生き生きとした魅力でいっぱいのSちゃん、たぶんどこに行っても大丈夫だと思う。

日本に帰ってきたらまたここにご飯を食べに帰ってきてね。

Good Luck & Have Fun!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

余韻

Nec_0269  オリエちゃんとYさんがリトリートのあとうちに泊まって遅くまでいろいろ余韻を楽しんだ。暮らしているところはばらばらだけど、顔が向いている方向が似ているので遠い距離を感じない。また会えるのを楽しみにして別れる。

午後からは府立体育館のクラス、今期の最終回である。わたしの中に残っている澄んだ空気の余韻がみなさんに伝わるようにと願いながら90分のレッスンを終えた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

別れ

Nec_0279 Nec_0274 Nec_0262 最終日の今日は5つのコーシャのうち3つを意識しながらひたすら同じシークエンスを繰り返し、自分のコーシャを認識するというクラス。

コーシャとは人間のもつ5層の鞘といわれていて、まずは肉体(食物鞘)、そしてプラナによってつつまれている第二の鞘(生気鞘)。その外側をつつんでいるのが意思鞘。わたしたちが精神をめぐらすことのできる層である。4番目の層は理知鞘(無感覚という感覚)。一番外側は歓喜鞘。宇宙の大きな命とひとつであると意識するおおきなおおきな鞘。

一度目は自分の身体に意識をめぐらせながらアサナを行う。二度目は身体のことからは意識を抜き、気の流れを意識しながらのアサナ。そして三度目は身体と気の流れを精神に集中させながらアサナを連続させる。三度目のシークエンス(一連のアサナの動き)になるともう驚くほど身体はしなやかにのびのびと解き放たれたように動く。

わたしたちの身体は5つの元素からできていると考えられていて、火・水・風・地・空のどのバランスがくずれてもだめ。5元素についてはまたゆっくり書くが、その力の充実を感じたクラスだった。

静かにマントラやキールタンをみんなで唱えてリトリートが終わる。

ヴィシュワ・ジから額に祝福のビンディを頂き、腕にきれいなオレンジ色の糸を巻いてもらう。インド菩提樹の木の実でできた数珠をいただいた。日本のようにでかい額にはいった修了書などではなくこのシンプルな祝福が嬉しかった。

また会おうと約束をしてヴィシュワ・ジやみんなに別れを告げる。やっと出会えたわたしの師である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

浄化

Nec_0261 Nec_0263 Nec_0264 早朝、宿の外に出てジャラネティとスートラネティの練習。

ジャラネティとは右の鼻から水をいれて左の鼻から出すというもの。浄化法の基本の第一歩である。ネティポットという急須のようなものを使って行う。これは大好きで毎日やっているので難なくクリアする。

その後口いっぱいに水を含んで、口から鼻へ水を逆流させて鼻から出す。これはなかなか難しい。口に水を入れてあごをひくと、ぐっと水が鼻に戻った。

いよいよスートラネティ。ゴムのチューブ(本当はガーゼでやるみたいだ)にごま油を塗り鼻の穴から入れてゆっくり喉まで差込み、口から引き出す。これは辛くて涙と鼻水がザバザバと出る。見本を見せてくれるヴィシュワ・ジの横を口をポカーンとひらいた中学生が凝視しながら通る。そりゃーびっくりするわ。朝からみかけないすごい人数が鼻と口からゴムチューブ出してたら、引くよなあと思うと笑い出してしまうが、チューブを入れたまま笑うと痛いのである。

今日はすべての浄化。プラナヤマという調気法の集中クラスのあとは、近くの曹洞宗の禅寺で座禅会である。夏の名残のセミの声に現実とうつつの世界を行き来しながら瞑想の座禅。村のお年寄りが尺八をふいてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

充実

Nec_0266 Nec_0268 Nec_0265 早朝5時半の起きて、クラシカルクンダリーニの2時間のレッスンで一日が始まる。21時から朝9時まではサイレントの時間なので、静かに無音のままおだやかな朝。

クンダリーニというからだの一番基盤の部分(尾てい骨あたり)に三回転半渦をまいて眠っているといわれる大きなエネルギーをクンダリーニと呼ぶ。眠れる蛇をゆっくりと覚醒させるための動きやアサナの連続である。

脊椎を前後や左右にしなやかに動くようにし、ナディという気の通り道を活性化させる。とにかく呼吸との連動。心も身体も魂も集中して研ぎ澄まされていく。

菜食の朝食のあとは座学、マントラについて学ぶ。

夕方の2時間はハタ・ラージャヨガのクラス。瞑想をうながすブラーマリー呼吸ですべてのアサナを行う。レッスンの最後のサヴァアサナでは眉間のチャクラ(第三の目、覚醒の基点といわれるあたりがじーんとしてなんだか虫がゾワゾワと動いているような感じだった。思わず何度か眉間に触れた。今までにない不思議な感覚だった。

夜はマントラとともに、キールタンといういろいろなヒンドゥの神様を讃える歌のチャンティング。なんともいえない美しい地面から響くようなその音は何千年もくりかえし唱えられてきたものだ。こういう音というものは力を持つのだなと実感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

再会

Nec_0256 Nec_0257 Nec_0258 ヨガリトリートに参加するためにニューヨークからやってきた友人のYさんとともに亀岡駅に向かう。台風一過、秋晴れの空。インドのリシュケシュで一緒だったマナミちゃんやオリエちゃんとも嬉しい再会だ。総勢24人のリトリート。

亀岡は秋の気配がいっぱい。大きな丹波栗や彼岸花が咲き乱れる道を歩く。

久しぶりのヴィシュワ・ジの2時間のレッスンを受ける。呼吸法やアサナのバランスのよいすばらしい内容に改めてため息が出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

リトリート

Photo インドで出会ったすばらしいヨーガの師をみんなの希望で日本にきてもらって、リトリートを開催することになった。

数日間いろいろヨーガ漬けで学んできます。またいろいろみなさんに還元できるのを楽しみにして。

台風一過で澄んだ大気からたくさんのプラナをみんながもらえますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

月のちから

Nec_0255 今日のミューラシアは陰性の流れをあじわうがテーマ。

日ごろは太陽礼拝から行うレッスンだが、月のちからが大きく響く9月のこの時期は月礼拝の動きから行う。

中秋の名月は過ぎてしまったけれど、「月々に月見る月はおおけれど 月見る月はこの月の月」といわれるとき。つきの引力をあじわいながら体の陰の部分の流れをととのえる。

Mちゃんにタイのお土産のかわいいお香たてをいただいた。きれいな蓮のかたち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

壮行会

Nec_0252 Nec_0254 だんな様の転勤でサウジアラビアのジェッタへ旅立つことになったA嬢の壮行会は女性8名で華やかである。

サウジはイスラムのまさに聖地だからもちろんドライカントリーでお酒はだめ。豚肉もだめ。きっと新鮮な魚も流通していないだろうから、ワインでおいしい料理を食べ納めである。

府立体育館から歩いて3分くらいのシェ リュックという小さなフレンチレストランは落ち着いた店の雰囲気と行き届いたケア、そしてすばらしい旬のお料理に感動した。

バゲットもいい香りでパリっとおいしく、オリーブオイルやうまみのある塩、ハーブオイルでいただく。(これだけでワインがすすむ)

小さなオードブルはトマトとかんぱちとメロンのマリネ。かんぱちとメロンって?!と思ったがこれが絶妙のとりあわせだった。その後前菜のいろいろな種類のパテとかんぱちのたたきのバジルソースも素材を生かす味付けがおいしい。

このあと魚のメイン料理、デザートへと続くのだがちょっとこの辺からワインがまわって写真なし。

いろいろしゃべりながらも、ワインでぼーっとした頭で「女性の声というのは鈴がころがっているみたいだなあ」とか、「小鳥のさえずりみたいだなあ」などど考えていた。

A嬢はずいぶん長くヨガレッスンを受けてくれており、サウジに行ってからも女性は決まったエリアしか外出できないというルールがあるので、そこでヨガレッスンを自力でやってみんなを癒そうとしている素敵な方。清楚なやわらかい光をもつ彼女の笑顔はたぶん言葉は通じなくても世界で共通だと思う。文化のまったく異なった国で暮らすのは想像以上に大変だと思うけど、なかなか誰でもできる経験じゃないからぜひいろんな体験をレポートしてもらいたいなあと願っている。

みんな遠くから応援しているからね。そして日本でお酒をご用意して帰りを待っているからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

イリュージョン

Nec_0251 昨日レッスンが始まる前にある方と話していてこの本のことを思い出した。

人生の季節の変わり目にいて、迷ったり心を決めかねたりしているときは、アンテナも敏感になっていろいろな言葉が心に響く。

「手をはなして流れることのできる者がもっとも遠くへいくことができる」というハワイの古い言葉になんだか勇気づけられたのですと彼女が言った。その言葉に思い出したのがこのイリュージョンだった。

ペラペラの薄い本だし、村上龍の訳し方もカジュアルで読みやすいから寝る前にでも面白く読める本だ。

「ある澄んだ川の底に小さな村があって、生き物は小石や小枝につかまって生きていた。しがみつく方法やつかまるものは様々だったが、流れに逆らうというのが彼らの生活様式の根本だった。生まれたときからそうしてきたのだから。

ある日生き物のなかの一人が『こんな風にしがみついているのはもうあきた。手をはなしてみようかな』とつぶやく。しがみついている人々は口々に、そんなことをすると傷だらけになって簡単に死んでしまうぞといった。でも彼はなんとなく手をはなしてみるのだ。

流れは彼を巻き上げたけれど傷を受けることなく彼は下流へ流れ始めた。下流の生き物たちは飛んでいる彼を眺めて『あいつは空を飛んでいるぞ、奇跡をおこしている、救世主だ』と追いかけ始めた。

『救世主なんかじゃない。あんたらと同じさ、思い切って手を離しさえすればいいんだ、流れはすくい上げてくれるよ。自由にしてくれる、手を離すんだ、それしかない』

それでもしがみついた岩から手を離すものはいなかった。彼を救世主と呼び、熱狂的に追いかけ始めた。人々は日一日と増え口々に願いを語り始めた。

そして彼はある日群集の前で『ええと、私はこの仕事(救世主)をやめます。自分が好まない道は歩くまいと思うのですよ。だから君たちも人に頼ったりせず自分の好きなように生きなさい。』

そして小さな飛行機のエンジンをかけてそれに乗り込み彼は旅に出てしまった。

・・・これがこの本のイントロダクション。ここからお話が始まるのだ。救世主が救世主をやめちゃうというなんともコミカルな面白い話である。どこかの本屋の店先で並んでいたらパラパラと秋の夜長に読むにも楽しめる本かと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

朝ヨーガ Ⅱ 詳細

Nec_0030朝ヨーガの詳細が決定しました。

日時  9月28日 日曜日 朝6時半から8時まで

場所 大阪港中央突堤(地下鉄大阪港駅 1番出口から西へ10分)

持ち物 ヨガマットかバスタオル・水

参加費 ドネーション(寄付)

雨なら中止。前日にこのブログにて催行の有無をおしらせします。

ヨガのあと、中央突堤に行くまでに通るハaハaハaさんでおいしい朝ごはん(ヨギーニブランチ 1000円)をご用意いただいています。前回人数が多くて入れない方も出たので、朝ごはんを食べる方は予約してください。野菜がいっぱいの身体も心も喜ぶお食事です。

ハaハaハaさんは日曜日はお休みなので、ブランチ以外の飲み物などのご注文は実費になります。

予約は mari.henmi@gmail.com(わたしへの連絡先)

    bar.rose.hahaha@gmail.com (ハaハaハaさんの連絡先)のどちらかにお知らせください。

とりあえず今のところ参加希望の方はメールをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

仲間入り

Nec_0249 Nec_0250 甲子園球場のタイガースショップからやってきた新しいうちの仲間。

トラッキーの指人形はかなりユルい感じの表情。うちには何体かトラッキーがあるけど、これはもっともユルキャラ。

そして指を入れて口をパクパクさせてもきちんと口の端が閉じきらないんですけど・・・なんだか熱いお風呂を我慢して入っているような顔になってしまう。ユルオくんと呼ぶことにする。

オッサンテレビのボールペンはヨガの出席をとるのに使います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

手作り 焼き物

Nec_0248 手作りつながりで焼き物を。

義母が焼き物が好きで好みの食器をつくってくれるので、自分で食器を買ったことがほとんどない。義母の食器シリーズだけで別項目を設けるくらいあるのだが、今回は一緒に行った焼き鳥やさんで見たお皿と薬味いれを作ってもらった。

取り皿には、抹茶塩や胡椒など少しずつ入れられるようにへこみがある。

こんなの自分でイメージ通りにできると面白いだろうなあ。

以前母に連れていってもらった窯元で、自分で手びねりでビアグラスをつくり、釉薬と最後の仕上げを先生にお願いして帰ったところ・・・私のビアグラスはなんだか胴が寸づまりの湯のみになって送られてきた。ビ、ビアグラスにはとても先生の目には見えなかったのだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

琉球 宙吹きガラス

Nec_0245 Nec_0246 素敵な琉球グラスをいただいた。

ひとつひとつ職人さんの宙吹きで、とびでたりへこんだり、そしてこの沖縄の海の色。

手に持ったときの心地よい重さというものがある。

わたしはピカピカの美しいブランドもののお皿やグラスより、手にすると作り手につながっているような手作りのものが大好き。

手作りのものってちゃんとそういう空気をまとっているから。大量生産のブランドものからは気配が感じられないのだ。

なんにでも神様がはいっているね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

ミューラシア再開

Nec_0241 Nec_0242 Nec_0243

ミューラシアの秋レッスンを今日から開始。

思いがけずたくさんの体験レッスンの方が参加されて、にぎやかなスタートになった。

季節もよくなってきたし、やはりここはいい木の香りがして落ち着く空間である。体験の方々も28日の朝ヨガに参加します!と数人がハaハaハaさんのブランチを予約してくれた。晴れるといいなあ。

ここは面白い楽器がいっぱい。左はしの木がわたしの好きな不思議な楽器で「レイントゥリー」という素敵な名前らしい。たおすと、シャラシャラと澄んだ水が流れるような音がする。ビーズでも入っているのかと思ったら、ちいさな薄い黒曜石のかけらがたくさん入っているそうだ。これにはとても惹きつけられる。毎回たおしてみずにはいられないいい音である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

ぶりカマ

テレマークスキーの友人で同じ市内に在住のN家におよばれ。

嫁のNちゃんが11月に出産なので、実家に帰ってしまう前にとご招待してくれた。以前わたしたちがシーカヤックをしに行った常神半島によく釣りに行くだんな様は、魚さばきやお料理にも慣れていて、あらあらという間にお料理が机にならぶ。

ほたてのフライや新鮮な刺身、鶏肉の煮物、そしてぶりカマの塩焼きが・・・酒飲みにはたまりません。カマとか魚のアラとか、やはり骨のまわりの肉はおいしい。お酒は飲まないN家なのに、この夢のような酒の肴の行列を準備してくれて幸せを満喫。

Nちゃんはしばらく会わないうちにお腹はポンポンに育っていて、なんだかいつ生まれてもおかしくなさそう。9月から産休に入って久しぶりの長期休暇を楽しんでいる彼女の顔は引き締まった会社での顔とは違い、とても穏やかできれいになっていた。最初の出産のときに女性の美しさはピークになるっていうけど、ほんとうになんだか中から光るような穏やかな美しさだ。今度こちらに帰ってくるのはたぶん年明けになると思うけど、お腹のポン太くんが無事に元気に生まれますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

鼻洗浄

Nec_0240 ここのところ私が毎回レッスンでおすすめしているからか、鼻洗浄のネティポットについてのお問い合わせが多いので購入できるところをおしらせしておきます。

http://lotus-cat.com/SHOP/HNT001.html

ここでひとつからでも発送してくれます。従来の瀬戸物と違って軽くて使いやすいし、旅先にも携帯できます。

わたしは毎朝やっていますが、この空気が乾燥してくる季節に粘膜をしめらせて塩水で殺菌掃除するのはとてもよいことです。ヨーガの三大浄化のひとつでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

弓をいるということ

Photo 数年前から思い立ち弓をなさっている方と、レッスンのあとしばしお話する。

「ヨガの呼吸と弓の呼吸は身体のなかの気を意識するという意味ではとても似ていますね」とのこと。手の指先から足の先まで呼吸とともにゆっくり気をいきわたらせ、それが満ちたら、笹の葉から降り積もった雪が落ちるように弓をはなつそうだ。

的はねらわない。さまざまな感情、的をねらうという気持ちからも手をはなし、機が満ちたら放つ。

呼吸が身体の機能や感情などさまざまなものをコントロールする重要なキーだというのは今までの暮らしのなかでも感じてきていた。呼吸が整えば身体が整い、そのあとゆっくり心が澄んでくる。

日常生活でざわついたときは深呼吸をして大きく身体のなかの気を入れ替えることにしているのだが、先日とあるいやいや参加した行事でわたしがあまりにもシューシューと音を出していたのか、周りの友人が「大丈夫?」ときいた。すごい音でてたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

ごま油教

Photo インドでアーユルヴェーダの診断医に行った。

舌と脈を診てからだの体質を判断し、食生活の指示やハーブの投薬を受ける。私はヴァータという分類で、おおまかに風・火・土の三種類のうち風に属する。

ヴァータの冷え性や肩こりなどを改善するにはどうしたらいいですかと医者にたずねると、「それはとっても簡単」と。

秋の終わりから春の初めまで毎日起きたらすぐに、一杯の水か白湯に大匙2杯のごま油をいれて飲みなさいと。(それから、あなたは特にじゃがいもは絶対にだめ。ネヴァーポテト!と。これは私だけらしい・・・大好物なのに)

まあ、簡単に実践できることだからインドから帰ってきて、暖かい季節になるまで飲んでいた。そして先週から再開。ごま油は茶色い香ばしい香りのものではなくて、透明のほう。(茶色の横によく見ると売っています)私はお風呂からあがって全身のマッサージも顔のマッサージもこれ。ごま油は皮膚への浸透がとてもよく、まったくベタベタせすすぐに体内に吸収される。以前故障した足首やひざにもぬりなさいと医者に言われた。ふだんからひざに塗っておくと、故障予防にもなると。そして料理もこれ。ごま油教だ。

ごまはインドでは昔からとても高価な薬として取引されていたという。身体のなかをさびさせない抗酸化作用があるのだ。みなさんもぜひ今年はごま油教に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

舌苔

久しぶりにゆっくりした休日なので、タイガース戦を見ながら何品かつまみを作り、ビールと日本酒を早い時間から楽しむ。近所の魚問屋ではまちと鮭と平目の刺身と、平目のアラを買ってきてあっさりとアラ炊きにする。

タイガースは本当に久しぶりに鳥谷くんのホームランで勝てたようでよかった。

さて、食後機嫌よく洗面所で歯を磨こうと思ったら・・・舌の表面が真っ黒。歯ブラシで舌の苔をこすったら黒いものも落ちるんだけど、漢方の先生が舌の苔が黒いのはかなり身体の状態が悪く、内臓がダウン直前と言っていたのを思い出しドキドキした。

よく歯を磨いてお茶を飲んでゆっくり考えていて、そういえば日本酒のしめくくりのつまみとして巨砲を一房丸ごと食べたことを思い出した。指先を見ると両手が紫色になっていた。

でもみなさんもぜひ毎日ご自分の舌の調子で身体の調子を知ってほしい。おおまかな分類だが下記をご参考に。

http://www.showa-clinic.com/tangs.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

たばこを止める

Photo 若手で元気なヨガトレーニング中のお二人が西宮のレッスンを手伝いにきてくれた。助かりました、ありがとう。

普段はミューラシアの少人数クラスなので50人という人数にビックリした様子。そしてまた中高年マダムの元気さにも驚いたと。

たとえ週に一回でもヨガを長年続けて、自ら体を動かしている人はほんとうに元気で心身ともにしなやかだ。筋肉も身体の組織も脳みそも使わなければどんどん劣化するのだ。

一人の常連のマダムが「先生」と帰りに私を呼び止めた。「実はね、ふふふ」となんだか恥ずかしそうに、「私ねえ、先生が肺をきちんとお掃除するようにきれいな大気をたくさんいただいて身体の空気をいれかえましょうっていつもいつもお話されるので、なんだか40年すい続けたタバコを止めたくなったの。胸に汚いものが溜まっている気がして。それでまだ2週間くらいやけどね、禁煙 自分の意思で続いてるんよ。」と。「続くかどうかわからへんけど、ありがとうね。そして時々禁煙続いてるかって私にきいてね。」と。

うれしいなあ、人に強制されるのではなくて自分でそういう風に感じたならきっと禁煙は続くだろう。来週も再来週も顔を見るたびに「たばこ止めてる?」って聞こう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

朝ヨーガ Ⅱ

Photo_2 9月28日日曜日に久しぶりに外で朝ヨーガやります。

時間と場所は今のところ前回と同じく、大阪港中央突堤の前のボードウォークで6時半開始の予定です。雨天なら中止。

今回もハaハaハaさんにご協力いただいて、ヨギーニブランチをご用意いただくつもりですが、今回はお店に入れる人数にも限りがあるので予約制にしたいと思います。詳細が決まったらまたブログに載せます。

いい季節のおひさまのエネルギーをいっぱいもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

ローラーブレイド

以前あるクレジットカード会社の法人営業部に勤務していたときのこと。

わたしは何社かの製薬会社を担当していた。中ノ島から担当先の会社までは電車を使うにも不便だし歩きではかなり遠い。自転車が一番合理的な移動手段となる。

でも法人営業部の何台かの自転車は朝一番から男性社員が夕方まで使っていてほとんどわたしは使えない。その当時はデータをマグネティックテープにおとしこみそれを授受するというやりかたで精算管理していたので、毎月ケースに入ったテープを徒歩で運ぶのがものすごい重労働だった。(タイトスカートとハイヒールという拷問のような装備だったし)

自転車を買ってほしいとかなり部長にも訴えたがなかなか総務での稟議が通らないのか買ってもらえない。

そこで、当時流行り始めたローラーブレードを買ってくださいと部長に申し出た。これならかかとでブレーキ操作もできるし、ものすごく時間の短縮ですと。足のサイズが一緒だから女子3人は使えるし、テープは背中に背負ってラクラク移動で絶対に速い!

「そのタイトスカートでも大丈夫か?それにすぐにみんな滑れるようになるのか?」「はいそんなに後ろにけりださないので大丈夫です。ブレーキもありますしみんなをトレーニングもやります。買ってください。」

わたしの熱意のこもった訴えに部長は「よしそれなら俺は印を押すから、稟議書もって総務の部長を説得してこい。うまくいったら使っていいぞ」と笑いながら言った。

稟議書をもって総務部に走っていった。おだやかに迎えてくれた私が好きな老総務部長は「今回はなにかいな」と。事情を熱心に語り、ふんふんと最後まで聞いてくれた総務部長は「それで先方について向こうの財務部長さんとお話するとき、これ履きっぱなし?。」

ハイヒールまで背負っていけないしなあ。「そうですねえ、履きっぱなしです」「エレベーターのなかも?」「なかもです」「むこうの会社でトイレに行くときも?帰ってくるまで履きっぱなしということやなあ。」

確かに履きっぱなしですと心のなかで反芻した。「むこうの部長さんにお茶に連れて行っていただいたら、そのままコロコロ滑りながらついていくの?」と部長に言われ、なんだか想像したその絵柄がおかしく私も笑い出してしまった。

総務部長も笑いながら「今回は面白かったけど、ちょっと現実的に問題あるなあ」と。

うーん残念、でもこの後もまだまだわたしの改革案は続くのだが、直訴に行ったおかげで自転車が一台配給になった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

いいチャンスだよ

Img_2213 ここのところ偶然かもしれないが、環境が変わり仕事をかえることになった方がわたしのまわりに数人いる。そこそこ年齢がいってから、お仕事を変えるというのは確かに気が重いし、「また今から新しいことを覚えなおしか・・」という気持ちにもなるだろう。実際わたしもそういう経験がある。自分よりかなり若いこの子が上司か・・・という。

でも環境がかわるべくしてかわるのは、そういう流れがやってきているということ。うんざりすることもあるけど、その何倍も新しくて面白い出会いの可能性があるのだ。人生の幅が広がる瞬間だと思う。いままでのお仕事で縛られてなかなかできなかったこと、どんどんやるチャンス。遊びでもいいし、旅でも、次の仕事でもいいだろう。

見えないけれど、魅かれることがらはどこかで糸がなんとなく引っ張りあっていて、ある時するりとつながったりする。自分が何をしたいのかわからないときは、バタバタあわててなんにでも首をつっこむのではなく、耳栓をして静かな湖の底に一度沈んでみるのもいいかも。あわてると見えなくなるし、聞こえなくなるからね。お水が澄んだらまた見えてくるでしょう。お水は台風の後はすぐには澄まないけれど、かならず時間がたてば澄んでくるから。

今の迷える時間も必要な時間だから、ゆっくりいい空気をすってね。あわてず澱まずいきましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

20世紀少年

Nec_0238 映画の日で、夜のお仕事もお休みだったので「20世紀少年」を観に行ってきた。長く続いたこの原作は、毎週スピリッツが出るたびに待ちきれずに一番にひらいて読んでいた作品である。

すばらしい原作だから、これが実写化の話が出たとき本当にできるのかと思った。発表されたキャストはとても原作に忠実に雰囲気がそっくりの方々がラインアップされ、妥協しないお金のかけ方のようだったが。

うーーーーーーーーん。

というのが感想である。周りの人も結構 うーーーーーーーん。

たしかに原作に忠実なストーリーやビジョン再現なんだけど・・・。これって原作読んでいない人にもわかるのかな。原作とおりにするあまり、映画の作品としての抑揚がまったくないんだけど。構図もセリフもそのままいくんだったら、脚本家も監督もいらんやろという感じ。テレビアニメとしてまったく原作とおりの再現のほうが面白いんじゃないか。

常盤貴子は個性がひかる演技だったけど、ほかは原作に似せようという目的からかのびのびと個性を出す演技がなかった気がする。

原作とおりだから文句はつけにくいんだけど、映画作品としてはなあ。うーーーーーん。

ところで、また安倍くんに引き続き福田くんは「もういやだいやだ」で総理をやめちゃったみたい。簡単にやめるなら手をあげるな。国のヘッドがこれ・・・やれやれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

ミューラシア レッスン再開のおしらせ

Photo 9月になりだんだん過ごしやすい気候になってきたので、九条のミューラシアでレッスンを再開します。

9月は11日(木曜日)・18日(木曜日)の二回で、18時半から20時です。

着替えとマットをお持ちください。

金額は初めての体験のかたは500円、そのほかの方は1500円です。

秋は呼吸法と瞑想を含む動きをレッスンに組み入れていく予定です。

ご不明点は mari.henmi@gmail.com までメールを送ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »