« ティーチャートレーニング | トップページ | 沢登り »

2008年7月25日 (金)

聖 おにいさん

Nec_0182_2 最近「これは!」というコミックに出会わなかったのだが、久しぶりにヒットという感じである。2巻が先日発売されたばかりの「聖 おにいさん」だ。

救世主イエスと、悟った人ブッダが世紀末をなんとか乗り切ったお祝いに二人で下界にバケーションにやってきて、アパートをシェアして下宿するという不思議な設定である。素朴なんだけど結構聖書や仏教書ネタもあって面白い。クスクスものである。

手塚治虫のブッダをあわせて読んでいると面白いかも。2巻出たところだけど早く3巻でないかなあ。書店で見かけた方はぜひパラパラ立ち読みしてみてほしい。きっと欲しくなるから。

|

« ティーチャートレーニング | トップページ | 沢登り »

」カテゴリの記事

コメント

人物設定が斬新ですね。

投稿: P | 2008年7月27日 (日) 06時22分

そうなんですよ。うまいなあと思います。キリスト教と仏教というのがポイントです。これがあの宗教とかあの宗教だったら、作者さん命の危険がありますからね。おおらかな宗教を面白く織り交ぜて表現していますね。

投稿: MARI | 2008年7月27日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖 おにいさん:

« ティーチャートレーニング | トップページ | 沢登り »